7年ぶりの続編となった「半沢直樹」(TBS系)が予想以上に健闘している。視聴率は初回が22.0%、第2話が22.1%、第3話が23.2%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。新型コロナの影響で放送開始が2カ月ほどずれこみ、苦戦を予想する声もあったが、蓋を開けてみると「やっぱり半沢はおもしろい!」との声が圧倒的だ。主人公演じる堺雅人の熱演だけでなく、敵役の香川照之、そして新たな敵として立ち塞がる市川猿之助の怪演ぶりに、7年のブランクやコロナの影響など感じさせないほど作品に没頭できると評判だ。



 2013年、前シリーズの最終回で42.2%という高視聴率をたたき出し、平成のドラマ史上最高視聴率を獲得したが、果たして前作を超えることはできるのか。テレビ情報誌の編集者はこう語る。

「前シリーズも最初の3話までは視聴率が20%台前半で推移し、4話目から20%台後半に急上昇。奇しくも同じような軌跡をたどっているので、4話目以降の仕上がりがとても気になります。前作で平成ドラマ史上最高視聴率を獲っているので、戦略はきっと立てているはずで、前シリーズと同じ推移で最終回の40%越えを狙っていると思います。内容的にも、堺雅人さんが7年のブランクを感じさせないほどの仕上がりぶりが凄い。3話までは市川猿之助さんが存在感を出してましたが、ここから半沢との因縁がある大和田役の香川照之さんが前作以上の顔芸を見せてくれることでしょう」

 近年のドラマでは、TVerで見逃し配信をするが主流だが「半沢直樹」はダイジェストとSP予告のみ。これも「生放送で絶対見るはず」という制作陣の自信の表れだろう。一方、「今回の顔芸はバージョンアップしている」と絶賛するのは、民放ドラマプロデューサーだ。

「前作から顔芸は話題になってましたけど、今回はさらにすごい。前作ラストで土下座させられた香川照之さんは今のところ鳴りを潜めていますが、実の従兄にあたる香川さんにインスパイア―された市川猿之助さんの顔芸がしっかり世界観を構築している。また、新型コロナの影響でどのドラマも3密を回避する撮影方法がとられていますが、『半沢直樹』は変わらず主要キャストが“密なにらめっこ”をやり切り、職場や酒場のシーンではエキストラも相当入れている。ウィズコロナ時代のドラマとしては、画に圧倒的な密度があるんです。何かと簡素化が求められがちなこの時代に、この重厚な仕上がりはかなり貴重。ソーシャルディスタンスを取ってるドラマには、正直誰も気持ちが入っていかない。3密以上の密度をはらんだ半沢の世界こそ、コロナで疲弊した今の日本人には響くのでしょう」

■筒井道隆が見せる悪役に期待

 第3話ではスピンオフで主演した俳優・吉沢亮が突然、登場。半沢たちのピンチを救う一幕が話題となった。

「来年の大河ドラマで主演が決まっている吉沢亮がワンポイント登板ですからね。相当贅沢なキャスティングだと思います。今シリーズから登場した賀来賢人の存在感もいいし、半沢の妻役である上戸彩が毎回ほぼワンシーンしか出ないのもいい。あくまでも“半沢が窮地に陥り、倍返しをする”という単純明快なストーリーだけにすべてを集約させる、その思い切りの良さが見事です。巷では歌舞伎役者が多く出演し、顔芸を披露しまくることから“半沢歌舞伎”とも言われていますが、ストーリーの積み上げ方もまさに歌舞伎スタイル。勧善懲悪なストーリーには一切の無駄がないし、見得を切るシーンまでの持っていき方が本当に素晴らしい。『倍返しだ!』と久々に聞いて、『待ってました!』と歌舞伎の屋号を叫びたくなるような心境になったのは私だけではないはずです」(前出のプロデューサー)

 第3話では同じく歌舞伎役者の片岡愛之助が前シリーズから久々に再登場。オネエキャラがやや強めになってたり、「な〜お〜き〜」と半沢を名字ではなく名前で呼ぶあたり、少々やりすぎな感もあるが、やはりしっかり見せ場をつくっている。今後は、本シリーズで名を挙げた滝藤賢一さんがどこで再登場するか、視聴者は期待しているところだろう。

 ドラマウオッチャーの中村裕一氏は本ドラマのただならぬ魅力をこう分析する。

「ソーシャルディスタンスなどおかまいなしに、あれほど登場人物が接近してぶつかり合うドラマはコロナ時代の今、逆に新鮮で痛快です。多くの視聴者が決して諦めない半沢に自分自身を重ね合わせ、自粛生活の鬱憤を晴らしているのだと思います。また、顔芸だけでなく、心に刺さる名ゼリフが連発されるのも魅力。ここまで来たら最後に半沢が渾身の倍返しを決めるのはもはや確実だと思いますが、“バブル世代”の半沢から賀来賢人演じる森山たち、いわゆる“ロスジェネ”と呼ばれるこれからの世代に向けてどんなメッセージが贈られるのかも注目したい。そして、その後に控えている『銀翼のイカロス』をベースにした帝国航空編では、柄本明や江口のりこといった個性派俳優が登場しますが、中でも政府直属の再建チームのリーダーを演じる筒井道隆に注目したい。これまで好人物のイメージが強かった筒井がどんな悪役ぶりを見せてくれるのか、新境地に期待がかかります。視聴率も含め、最後まで目が離せません」

 7年のブランクや新型コロナの影響があっても、大絶賛されている「半沢直樹」。果たして令和ドラマ史上最高視聴率を叩き出すことができるのか。(藤原三星)