9月26日にTBSで『お笑いの日2020』という8時間の生番組が放送される。ダウンタウンが総合MCを務め、芸人がネタを披露する企画だけが行われるのだという。



 芸人が音楽を使ったネタを見せる「音ネタFES」、笑福亭鶴瓶と今田耕司がMCを務める「ザ・ベストワン」、コント日本一を決める「キングオブコント2020」といった企画が番組内で展開される。

 TBSでは『音楽の日』という音楽番組の特番が毎年放送されていた。『お笑いの日』はそのお笑い版ということになるのだろう。

 フジテレビの『FNS27時間テレビ』など、バラエティの大型特番はこれまでにもあったが、ネタ番組だけで8時間の生放送を行うのは異例のことだ。

 この番組が放送される背景には、ネタ番組の需要が高まっている、ということがあるのではないか。昨年末の『M−1グランプリ』が空前の盛り上がりを見せたことで、芸人のネタを求める世間の声がいつになく大きくなっている感じがする。

 テレビの世界では、ネタ番組はなかなか数字が取れないと言われていた。年に一度行われる『M−1グランプリ』の注目度は高いものの、ゴールデンタイムではレギュラーのネタ番組は存在しない。それだけ数字が期待できないというイメージが強いのだ。

 お笑い界では、2007〜2010年頃に「ネタ番組ブーム」があった。『エンタの神様』『爆笑レッドカーペット』などのネタ番組がゴールデンタイムで放送され、高視聴率を獲得していた。

 この時期には毎週のように新しい芸人が世に出ていたのだが、2010年頃からネタ番組が立て続けに終了して、ブームが終わってしまった。その後、テレビではネタ番組が求められていない時代が長く続いていた。

 最近では、前述の『M−1』の盛り上がりや、第七世代芸人の活躍にも後押しされて、深夜帯を中心にネタ番組が少しずつ増えてきていた。

 フジテレビの『ENGEIグランドスラム』、TBSの『ザ・ベストワン』、日本テレビの『エンタの神様』など、特番という形でゴールデンタイムにネタ番組が放送されることもある。

 また、そういった正統派のネタ番組だけではなく、近年では特殊な形のネタを披露する番組も増えてきた。有田哲平がフレッシュな若手芸人から中年の地下芸人まで幅広い芸人をネタで競わせる『有田ジェネレーション』、芸人たちがターンテーブル状の舞台で歌ネタを次々に披露する『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』、ひと癖あるネタばかりを見せる『千鳥のクセがスゴいネタGP』など、それぞれに特徴がある。

 以前のネタ番組ブームのときにも、ゴールデンタイムのネタ番組だけでなく、マニアックなネタばかりを見せる深夜番組の『あらびき団』などがあった。ネタ番組の傾向が多様化しているというのも、シーン全体が盛り上がっている証なのだ。

 ウィズコロナの時代を迎えて、テレビで芸人がネタを演じるときにもソーシャルディスタンスを保っていたり、アクリル板を挟んでいたりすることもある。芸人としては当然やりづらいだろう。

 だが、作り手の立場から見ると、1組ずつ芸人が舞台に上がるネタ番組というのは、大勢の芸人がひな壇にズラッと並ぶような番組に比べると、感染リスクが低くて好都合とも言えるのだ。

『お笑いの日』の盛り上がり次第では、約10年ぶりに本格的な「ネタ番組ブーム」が到来する可能性もある。一お笑いファンとしてそうなることを願っている。(お笑い評論家・ラリー遠田)