お笑い第七世代がブレークした影響で、若手芸人を取り上げる番組が増えている。「有吉の壁」(日本テレビ系)や「有田ジェネレーション」(TBS)、「ネタパレ」(フジテレビ)など、ネタや一発逆を披露する番組も盛り上がっているようだ。さらに、「霜降りミキXIT」(TBS)や「お助け! コントット」「東京 BABY BOYS 9」(ともにテレビ朝日)など、第七世代だけの冠番組も放送され、テレビバラエティ界もなんとかこの金の卵たちの中から、次世代スターを作り出そうとしている。



「今、お笑いやバラエティ番組は苦しい状況で、特にコント番組は制作費がかかるためなかなか作れない。お笑い芸人の数も増えたため、テレビで活躍できる芸人はほんの一握りです。みんなYouTubeをやったり、ワイドショーなどでコメンテーターを務めたりと活躍の場を模索しています。一方で、スタッフ側もお笑いが好きでテレビ業界に入った人も多く、当たれば息の長いコンテンツになるので、なんとかうまく芸人を生かす番組作りをしようとしていますね」(民放キー局社員)

 そんな状況のなか、目立っているのが、ウッチャンナンチャンと、彼らの遺伝子を受け継ぐ芸人たちの活躍だという。

「内村(光良)さんはさまざまなバラエティ番組でMCを務めていますが、その忙しい中で『そろそろ にちようチャップリン』(テレビ東京)という純粋なネタ番組でメインを務めています。多忙だったり、コロナ禍もあって現在は出演機会が減っていますが、番組ではウッチャンの立て看板を設置して、その存在感を確実に示しています。また、吉本興業、ワタナベエンタテインメント、太田プロ、ホリプロコムといった大手の中堅クラスのお笑い芸人がレギュラーを固めていて、彼らがうまく内村さんを持ち上げながら、番組を盛り上げています」(放送作家)
 
 近年、内村によってフックアップ(若手を引き上げること)された若手芸人は数しれない。今、さまざまな番組でMCを務め、大御所となりつつある有吉弘行やくりぃむしちゅー有田哲平も、その遺伝子を受け継いでいるとファンの間では話題となっている。

「有吉さんは、一度ブレークしてその後くすぶっていた時代に『内村プロデュース』でフックアップされたのは有名な話でしょう。また、有田さんも海砂利水魚として人気が出たあと、『ウンナンの気分は上々』で今のコンビ名に改名をして、さらに売れるようになっていきました。ふたりとも、今では若手をいじる側にまわっていますよね。有吉さんは、『有吉の壁』で、第七世代の若手だけでなく、面白いけど売れ残った芸人たちを次々と番組に出演させています。ゴールデンになってから視聴率も2ケタをキープして絶好調、5月にはギャラクシー賞も獲得しました。また有田さんも『有田ジェネレーション』や『有田Pおもてなす』で、若手のネタ披露の機会を作っています。両者に共通するのは、ネタがいいけどバラエティではいまいち本領を発揮できていない芸人たちを、うまくフックアップしていること。これらは、ウッチャンが過去にやってきたことをさらに進化させているように感じます」(同)

■所属事務所が小さかったことが功奏?

 また、一時期は情報番組での司会が目立っていた南原清隆も、このところは若手芸人と絡む機会が増えているようだ。

「フジテレビの深夜『ネタパレ』は放送開始当初、芸人がさまざまなキャラを演じる番組でしたが、リニューアルし、若手芸人がコントや漫才を披露する番組になりました。最近はコロナ禍で、さまざまな企画や合同コントなどもあり、5年目に突入し、また新しいステージに入った感じがしますね。南原さんは基本、笑っているだけみたいに見えますが、共演する中堅芸人がうまくサポートして、最終的にナンチャンがジャッジするのも、ウッチャンと同じやり方です」(芸能事務所スタッフ)
 
 このように、ウッチャンナンチャンが事務所の垣根を越えて、様々な芸人と絡むようになったのはなぜだろうか。前出の芸能事務所スタッフはこう推測する。

 「吉本興業の場合、自社でコンテンツを制作もしていますし、マネージャーさんの売り込みも激しいので、番組が同じ吉本の芸人で固まりがちになります。事務所内で固めれば、舞台での関係やプライベートでの飲み会でのネタなどから呼吸も伝わり、番組でも使いやすい。最近はそれも変わってきましたが、10年近く前までは、他事務所の人間がそこで結果を出す隙がなかなかなかった。一方、ウッチャンナンチャンは、早くからテレビでブレークし、当初から事務所の垣根を越えたタレントたちと絡むケースが多かったと思います。彼らは自分の番組で、そうした芸人をどう生かすか長年、苦慮してきたんだと思います」

 ただし、こんな意外な弊害もあるようだ。

「2人がブレークしてからしばらく、彼らが所属するマセキ芸能社でテレビ出演にまで到達する芸人がいなかったんです。なので、ウッチャンナンチャンが一番苦手なのは実は、マセキの中堅だったりするそうです(苦笑)」(同)

 お笑い評論家のラリー遠田氏は言う。

「駆け出しの若手芸人がたくさん出るような番組を作るためには、彼らのまとめ役として番組の顔になる大物芸人が必要です。ウッチャンナンチャンの2人はまさにその役割にふさわしい存在です。最大の理由は十分なキャリアがあるということ。ウンナンは30年以上前からテレビで活躍しているため、中高年も含む幅広い層の視聴者に認知されています。それ自体がMCとしては圧倒的な強みです。しかも、近い世代の芸人であるダウンタウンやとんねるずが、どちらかと言うと強権的に上から目線で後輩芸人に絡んでいくスタイルであるのに対して、ウンナンは後輩にも優しく接するイメージがあります。昨今のテレビ界では、パワハラっぽいノリが敬遠される風潮があるため、そういうことをほとんどしない彼らは、制作サイドから見ても絶対的な“安全牌”として信頼されているのです」

 すでに大御所のウッチャンナンチャンから、中堅芸人にその遺伝子が受け継がれ、再びお笑い番組が活況となる日が来るかもしれない。(黒崎さとし)