日本をはじめ世界で人気を集める韓国ドラマ「愛の不時着」は、パラグライダーで北朝鮮に不時着した韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)と、北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)のラブストーリーだ。ヒロイン・セリを演じたソン・イェジンがインタビューに答えた。



*  *  *
「とても興味深かったです。北朝鮮を素材にしたのも新しく、キャラクターもとても魅力的だと思いました」

 ソン・イェジンは最初にシナリオを受け取った時の感想をこう答えた。「愛の不時着」が世界で注目を浴びた理由の一つは、北朝鮮が舞台だったことだ。韓国にとって北朝鮮は脅威の対象でもあり、ドラマの素材として選んだのは冒険的だったが、肯定的に捉えていたようだ。

 脚本は、キム・スヒョンとチョン・ジヒョン主演の「星から来たあなた」などで知られるスター作家パク・ジウン氏。ソン・イェジンが出演を決めたのも、シナリオのおもしろさだった。「これから展開する話がすごく気になって、ストーリーもセリフも本当におもしろく、やらない理由はありませんでした」と言うほど。

 日本ではセリのキャラクターについても話題になった。財閥令嬢でありながら、腹違いの兄たちとの競争にもまれ、自らファッション・美容の事業を成功させるなど、自立した女性像が視聴者の共感を呼んだ。「基本的に非常に肯定的で、楽観的な明るいエネルギーを持ったセリの姿はとっても好きです」と言い、印象に残るシーンの一つとして、「ドラマの最初の方で、北朝鮮で起こる出来事にセリが気後れすることなく、セリの方式で適応していく姿」を挙げた。

 コミカルな演技を見ていると、撮影を楽しんでいるようにも見えるが、本人は「セリフがとても多く、おもしろいセリフをどうすればうまく表現できるか、非常に悩みました」と言う。ファンタジー的な要素が多いドラマなだけに、視聴者が「あり得ない」と感じてさめてしまうリスクもあった。「実際に起こり得ると考え、よりリアリティーの感じられる演技のために悩みました」

 ソン・イェジンについて、演出のイ・ジョンヒョ氏は「一つのシーンでもいくつかを演じ分けてくれて、演出に選択肢をくれる俳優」と話していた。セリとの絡みの多かった北朝鮮の軍人ピョ・チス役を演じたヤン・ギョンウォンは「準備を徹底してくる俳優で、アイデアも豊富」と評した。

 本人は「正解を決めずに演技する方」だと言う。「準備していったキャラクターの表現を、現場で共演俳優や監督とリハーサルするなかで、より良いもの、違った表現にしてみようとしました。私の感じ方やアイデアをよく話す方」と言い、ドラマ作りに積極的に参加する姿勢がうかがえた。

 相手役、ジョンヒョクを演じたヒョンビンとは、映画「ザ・ネゴシエーション」(2018年)に続く、2度目の共演。「『ザ・ネゴシエーション』での共演は短くて惜しいと思うほど、短いなかでもいい感じの残る俳優でした」と振り返る。二人は何度か熱愛説も出ているが、そのたびに否定している。イ・ジョンヒョ氏は「付き合っているのかどうかは知らない」としつつ、「演出の私にとっては二人の息が合ってやりやすかった」と話していた。少なくとも演技の相性が抜群なのは間違いない。

 ソン・イェジンは「おもしろい台本で再び共演できることになってとても期待していました」と言い、期待通りだったようだ。ドラマの撮影をしながら「ジョンヒョクという人物とヒョンビンさんがぴったり重なって、おかげで役に入りこんで撮影することができました」と言う。

 ドラマの中でも、実はセリが北朝鮮に不時着する以前に、二人は出会っていた。その出会いの場所はスイス。ドラマが展開するなかで、その運命的な出会いが何度か登場する。さらに再びセリが韓国、ジョンヒョクが北朝鮮に戻った後、再会する場所もスイスだった。

 しかし、スイスの場面はまとめて一度に撮ったため、見ず知らずの他人だった出会いの場面と、様々な困難を乗り越えてきた後の再会の場面を短期間で撮影せざるを得なかった。これについてはベテランのソン・イェジンも「とても負担に感じた」と言う。「美しいスイスの風景を見せつつ、セリのつらい過去を表現したり、(セリ、ジョンヒョク、ソ・ダンの)3人の運命のような短い出会いも描かねばならず、最大限集中して撮影に挑みました。それらすべてを定められた時間内に撮り終えねばならず、大変でした」。それも、やはり過ぎてみれば「すべて思い出」だ。

 とはいえ、間のシナリオもないまま二人の再会の感情を表現するには限界があったようだ。「最後の場面の撮影を、その前の部分の状況をよくわからないで撮ったので、想像しながら、最大限幸せそうに表現しましたが、その後、ジョンヒョクとセリの度重なる別れの感情が積もり、結局再撮影しました」と明かした。スイスの場面だが、再撮影の部分は背景をCGで代替したそうだ。スイスでの短い逢瀬がいかに二人にとって尊い時間なのか、それがひしひしと伝わってくるあの表情は、やはり長い期間の撮影を通して生まれた表情だった。

 海外はスイスのほか、モンゴルでも撮影した。その他、実際に北朝鮮では撮れないため、それらしい場所を求めて韓国各地で撮影が行われた。国内外の撮影地の中で最も好きな場所を問うと、「済州島でセリが逃げるシーン、済州島がとっても美しかったです」と答えた。済州島では、DMZ(非武装地帯)の場面が撮影された。セリが不時着した場所だ。人手の入っていない、密林のような場所を探したところ、済州島で見つかったという。

 社会現象と言われるほど日本で大ヒット中の「愛の不時着」だが、新型コロナウイルス感染症の影響で、ファンと直に会うのは難しい状況だ。「一日も早くコロナを克服し、健康な姿でお会いできますように」と、ファンへのメッセージを語った。オンライン上では近くファンミーティングを予定しているという。

 2000年代初めから映画、ドラマの主演を務め、数々のヒットを飛ばしてきたが、まだまだ、セリのようにパワフルに走り続ける予定だ。「今年も来年も、変わらず、いい作品で皆さんにお会いするつもりです」と語った。(成川彩)

※週刊朝日  2020年8月28日号