8月28日より公開された映画「青くて痛くて脆い」で、杉咲花とW主演を務めている俳優の吉沢亮(26)。今年は3月に公開された「一度死んでみた」や11月公開予定の「さくら」など、計4本の映画に出演。また、11月は舞台「プロデューサーズ」でミュージカルにも初挑戦。さらに来年にはNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主演も控えており、今もっとも勢いのある若手俳優と言っても過言ではないだろう。



 吉沢といえば“国宝級イケメン”とも称され、美しすぎる顔立ちが注目を集めることが多い。8月2日に放送されたドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第3話に敏腕プログラマー役でゲスト出演した際は、SNS上で「男前すぎる」「イケメンすぎてびびった」「録画消せないやつ」など、そのイケメンぶりを称える声が殺到。その見た目も愛される大きな要因となっているが、これにテレビ情報誌の編集者は「人間性を知って、ジワジワと好きになる人もいます」と話す。

「端正な顔立ちとは裏腹に、変にかっこつけたりしないんです。8月に放送されたバラエティ番組で休日の過ごし方について聞かれた際、コロナ禍による自粛前からインドア派だったと告白。『ひたすら自宅で漫画を読んで、お酒を飲んで、バラエティ番組を見ていた』と明かしてました。そういうライフスタイルなので、自粛期間は何の苦でもなかったそうです。3月に放送されたバラエティ番組でも『家から出ないタイプ』と言い、食事は朝昼晩とUber EATSを利用して済ませていると言っていました。自宅では服は脱ぎっぱなしで、散らかった部屋を片付ける決意をするため友達を家に呼ぶこともあるそうです。いかにも普通のズボラな独身男性らしいところが好感に繋がっているのかもしれません」

 そんな吉沢だが、有名なのが「虫が苦手」という意外な弱点。最近も「ZIP!」(日本テレビ系、2020年8月28日放送)で、映画で共演した杉咲花が「吉沢はバッタに弱い」と告白。虫がたくさんいた撮影現場で吉沢がバッタから逃げ回っていたという。吉沢曰く、これまで4回もバッタに泣かされたことがあるそうだ。

「過去、映画のイベントで話してましたが、魚にも触れないそうです。釣りが好きで、雨が降っているのも気付かないくらい釣りには集中できるのに、釣った魚をどうしても触れないとか。『誰か捕ってくれる人がいないと釣りができない』とも明かしてましたね。そんな、ちょっと情けない一面からもファンは親しみを覚えるのでしょう」(前出の編集者)

■広瀬すず「話すまで半年かかった」

 虫や生き物が苦手なインドア派という意外な素顔を持つ吉沢だが、幼い頃から一人でいるのが好きで、外で友達と遊ぶよりも家でゲームをやるような子どもだったと過去にインタビューで語っている。そんな内向的な一面に関し、あの有名女優から暴露されたことも。

「以前、放送されたバラエティ番組で広瀬すずと出演した際に話してましたが、今でも内向的な性格だそうで、会話の中で上手な返し方が分からず、趣味の話で相手から『趣味は○○です』と言われても『へぇ〜』で終わってしまうのだとか。また、広瀬も人見知りな性格で、広瀬曰く、吉沢と話すまで半年近くもかかったそうです。こんなにイケメンなのに穏やかで飾らない性格はどこか信頼が置けますよね。何より、スキャンダルとは無縁そうですし、ファンは増え続けると思います」(同)

 ドラマウォッチャーの中村裕一氏は、吉沢の魅力についてこう分析する。

「彼はナイーブさとタフネスさが入り混じった表情がとても魅力的な俳優。今のままでも十分人気はありますが、もっと多くの人たちから愛され、支持されるポテンシャルを大いに秘めています。個人的にはブレイク直前とも言える2017年の深夜ドラマ『ぼくは麻理のなか』で演じた、ゲームと自慰行為に明け暮れる冴えない大学生役が印象に残っています。俳優はなるべくミステリアスなほうが良いとする人も多いので、プライベートな話をどこまで見せるのか、さじ加減は難しい。しかし、吉沢の場合、どれだけさらけ出してもまだまだいろいろな顔を持っていそうで、底知れない奥深さを感じさせます。来年大河ドラマがスタートすれば露出もさらに増え、ファン層もより拡大していくことは間違いない。1年間という長丁場を乗り越えた後、どれだけ成長しているのか楽しみです」

 昨年公開された映画『キングダム』では、第43回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞している吉沢。演技力も評価されており、大河ドラマを控えた来年はまさに無双状態へと突入するかもしれない。(丸山ひろし)