女優の芦名星(あしな・せい、本名・五十嵐彩=いがらし・あや)さんが亡くなったことが14日、分かった。36歳だった。

 所属事務所は「本日、午前中に新宿区内の自宅マンションで亡くなっているところを親族が発見しました。死因については現在調査中です」としている。警視庁では現場の状況から自殺とみている。



 またもや人気俳優の自殺に衝撃が走った。

 折しも、芦名さんは14日発売の雑誌「週刊プレイボーイ」で約10年ぶりだというグラビアに登場し、入浴シーンも披露していた。今年1月から放送されたドラマ「テセウスの船」(TBS系)にも出演し、女優として高い評価を得ていた。

 芦名さんは福島県郡山市出身。2002年にモデルとしてデビューし、同6月にドラマ「しあわせのシッポ」(TBS系)で女優デビュー。06年には日本、カナダ、イタリアの合作映画「シルク」の日本人ヒロインに抜てきされた。

「死因など詳しいことは調査中ですのでわかりません。事務所関係者は最近特に変わったことはなかったと言いますが、発見したのが親族というのが気になります」

 そう話すのはスポーツ紙記者だ。

「11年の東日本大震災で郡山の実家とお兄さんの自宅が被災し損壊してしまったそうです。両親とお兄さん一家は無事でしたが、芦名さんはとても心を痛めていました。もともと中学を卒業してモデルを目指して上京するときも、家族全員が応援して送り出してくれるほど、仲のいい家族でした」(同前)

 震災直後から芦名さん自身もボランティア活動に参加し、震災関連の仕事も積極的に引き受けるなど、復興支援に熱心に取り組んでいたという。

「15年ごろには『実家にもようやく除染が入る』と周りにも報告していましたから、常に心は家族と福島に寄り添っていたのだと思います。これはあくまでも推測ですが、今回その家族が発見したというのは、もしかしたら何か異変を感じていたのではないのでしょうか」(女性誌記者)

 本サイトは昨年5月に俳優の小泉孝太郎(42)との交際について報じている。

 2人は2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で共演、昨年1〜3月に放送された「グッドワイフ」(TBS系)では、小泉の“元カノ”役でゲスト出演していた。

 2人は昨年のゴールデンウイークの最終日、愛犬を連れて散歩し、そのまま孝太郎の自宅マンションへと帰っていったことが週刊誌「女性セブン」で報じられた。犬の散歩にはすっぴんで出かけていたことからも、孝太郎にはかなり心を許していた様子がうかがえる。それ以前にも西麻布のバーや有名鳥料理店で孝太郎の友人たちを交えてデートを楽しんでいる姿が目撃されていたようだが、芸能関係者は「家庭的で料理も家事もまめにこなすタイプです。見た目はクールな感じですが、気さくでよく気配りのできる女性です」と証言していた。

 その後2人の関係がどうなったのか、はっきりとしたことはわからない。だが、先の女性誌記者は次のように話す。

「交際が報じられた時点では、結婚に慎重な孝太郎も、今回はゴールインするのでは?とみられていたんです。そのぐらい2人の交際はオープンでしたし、はたから見てもお似合いのカップルでした。ただ今年1月、弟の進次郎氏の第1子が誕生して、主演ドラマの制作発表でも喜びをあらわにしていたのですが、自分の結婚について聞かれた際には、ほとんど何も語りませんでした。単に報道陣をかわしただけかもしれませんが、ちょっと違和感がありましたね」

 女優としてもますます期待される存在だった芦名さんの訃報は、関係者やファンにも大きな悲しみをもたらしている。(宮本エミ)