テレビ東京の『あちこちオードリー』は、ゲストが普段テレビで言わないような本音をポロッと漏らしてしまう番組として知られている。9月15日深夜の放送回では、ゲストとして出演していたフワちゃんが、自身がブレークしたきっかけについて聞かれて、日本テレビの大型特番に出たことだと語っていた。多くのバラエティ番組の偉い人が集まる特番で結果を出したことで、その人たちに認められてブレークにつながったのだという。



 ここで彼女は「狙いは賞レースより日テレ」という名言を残していた。この言葉の意味はじっくり考える価値がある。芸人がテレビでどうやってチャンスをつかめばいいのかということについて、本質的な洞察が含まれているからだ。

 ほとんどすべての芸人は「売れたい」と思って業界に飛び込んでくる。売れるにはテレビにたくさん出たい。しかし、ただぼんやりと活動を続けていてもテレビに出るチャンスはなかなか得られない。

 無名の若手芸人にとって、テレビに出るための公平な機会として用意されているのが『M−1グランプリ』や『キングオブコント』などの賞レースである。

 賞レースでは、ネタが面白いと認められれば、それだけでゴールデンタイムのテレビ番組に出られて、そこで自分たちのネタを披露することができる。

「テレビでネタを披露」というのは言葉にするとシンプルだが、その意義はきわめて大きいものだ。芸人はネタを演じている間だけは自分たちだけの世界を作ることが許される。誰にも邪魔されずに、3〜4分の間、テレビの枠を独占できる。生き馬の目を抜くテレビの世界でこんなチャンスは他にめったにないのだ。

 特に『M−1』は注目度が段違いに高いため、そこで結果を出すと、一気にブレークする可能性がある。優勝すればいいというのはもちろん、たとえ優勝できなくても、それに近い強いインパクトを残せばいい。

 実際、昨年の『M−1』は例年にない盛り上がりを見せた。決勝に出た全組が得をした大会だったと言えるのではないか。通常、目立つのは出たうちのせいぜい2〜3組ぐらいなのだが、昨年はその数が多かった。

 優勝したミルクボーイだけでなく、準優勝のかまいたちも一気にメジャー化して人気芸人の仲間入りを果たした。さらに、3位のぺこぱも大ブレークして、8位のすゑひろがりずもファンが急増。7位のオズワルドや10位のニューヨークもテレビで見かけることが多くなった。

 だが、そんな賞レースだけを目標にするのは芸人にとってリスクがある。賞レースで決勝に進むには、数千組の出場者の中で上位数組に入らなくてはいけない。しかも、決勝に出たからといって成功するとも限らない。その意味で「賞レースより日テレ」というフワちゃんの理論には一聴の価値がある。

 なぜ他の局ではなく日テレなのか。それは、日テレが若者にも一般大衆にも最もよく見られている局だから、というのが1つ。そしてもう1つは、日テレのバラエティ番組では「縦の連携」が強いため、1つの番組で結果を出すと、ほかの番組にも呼ばれることが多くなり、そこで相乗効果によって人気が跳ね上がっていくことがあるからだ。

 典型的な例はブルゾンちえみだろう。彼女は日テレの『おもしろ荘』に出演して話題になり、その後は『しゃべくり007』『行列のできる法律相談所』など日テレのバラエティ番組を中心に活動。そこで大ブレークを果たし、『24時間テレビ』でもマラソンランナーに選ばれた。

 フワちゃんも同じだ。日テレの『ウチのガヤがすみません!』で指原莉乃のイチオシ芸人として登場して、それがきっかけで特番にも呼ばれるようになった。それ以降は日テレの主要なバラエティ番組をひと回りしている。このルートに乗れるかどうかが重要なのだ。

 日テレの番組は視聴率を取るための土台作りがしっかりしている。良くも悪くもタレントを型にはめて、その人の面白さを引き出していく。だからこそ、そこに一度ハマると一気に波に乗ることができる。

 もちろん、日テレで結果を出せば売れるとはいえ、それは賞レースで結果を出すのと同じくらい難しいことであるというのも事実だ。どちらの道も険しいものであるには違いないが、日テレはテレビ業界の代表のようなものであるため、そこで成功すれば他局でも引っ張りだこになる。フワちゃんの残した「賞レースより日テレ」という言葉は紛れもない真理なのだ。(お笑い評論家・ラリー遠田)