人気アイドルグループ「欅坂46」の新グループ名が「櫻坂46」に決定した。9月20日午後9時、東京・渋谷駅前のスクランブル交差点の街頭ビジョンで、新名称発表のCMがサプライズで流されたことで発表された。同日深夜のグループの冠番組内でも同じCMが流された。

 改名そのものは7月16日に開催された無観客配信ライブの場で発表されたが、その時点では新名称は発表されていなかった。欅坂としての活動は10月12、13日のラスト配信ライブをもって終了し、14日から櫻坂46としての活動がスタートする。

 グループの結成は2015年8月。デビュー曲「サイレントマジョリティー」から現時点での最新シングル「黒い羊」まで8作連続で平手友梨奈がセンターを務めた。「不協和音」「ガラスを割れ!」など、従来の女性アイドルグループのイメージを覆すようなメッセージ性の強い楽曲も多く、アイドルファンのみならずロックファンにも支持する声は多かった。

「平手さんが今年の1月に脱退したことが、改名にいたった理由のひとつであると思います」

 かつてAKB48選抜総選挙の論客を務めるなど、アイドルグループ事情に詳しい芸能評論家の三杉武さんが、今回の改名の意味を読み解く。

「欅坂というグループは、コンセプトをはじめ、センターの平手さんのカリスマ性によるイメージが非常に強いグループでした。その平手さんが脱退し、初期のメンバーも複数卒業しました。グループとして過去のイメージからの脱却というのが改名のテーマのひとつだったと思います」

 欅坂46のメンバーに何度もインタビューするなどしている音楽評論家の宗像明将さんは、改名という選択についてこう見る。

「改名が発表された7月の配信ライブのとき、それを聞くメンバーの表情はどこか重い雰囲気がありました。グループのこれからを考えたときに、やはり今まで築き上げてきた歴史やイメージと決別し、生まれ変わらないといけないという思いがメンバーの中にもあったと思います。決別とはいえ、欅坂はドームコンサートが開催できるほどの規模の大きなグループに成長していることもあり、解散という選択ではなく、体制を変えて改名というのがベストな選択だったのではないでしょうか」

「けやき坂」は東京・六本木にある坂で、「さくら坂」はけやき坂を曲がったところに実在する。宗像さんは言う。

「平手さんに、『角を曲がる』というソロ曲があります。『櫻坂46』の新グループ名が発表されたのは、その曲のミュージックビデオが発表されてジャスト1年というタイミングでした。そのタイミング、『角を曲が』った先の坂道の名前、しかも画数も同じ。ファンの間でも、その関係性について熱く語られています。この仕掛け方で、人に語らせる熱量みたいなものをここへきて復活させたというのは、さすがだなと感じました。物語性のポテンシャルはまだまだ高いグループだと思うので、今までのイメージをいい意味で裏切ってくれる気がします」

 実在する二つの坂がひと続きの道であることに、前出の三杉さんは注目する。

「これまでのグループとしての道のりや良さを大切にしつつも、グループとして新たに生まれ変わり、さらに成長できればという思いがあるのではないでしょうか」

 グループのイメージカラーも、現在の緑から白に一新されるという。宗像さんは、この色の意味するところをこう分析する。

「欅坂のグループカラーは緑ですが、『黒い羊』という曲もありましたし、ファーストアルバムのタイトルも『真っ白なものは汚したくなる』でした。衣装の色も含め、世間的なイメージは濃い青、濃い緑、そして黒といった暗めの色のイメージが強いと思うんです。それを『白』という180度違うものに変えるというわけですから、これからのグループのイメージも、相当変えてくるんだろうなという予感がしますね。欅坂のほうが先輩グループでしたが、運営側があえて『櫻坂は日向坂の後輩グループ』と位置付けたりしたら、また面白いですね」

 グループのキャプテン菅井友香は発表に伴い、こうコメントした。

「日本を代表する花の名前をグループ名として名乗れることを凄く嬉しく感じましたし、この名に恥じないような誇り高いグループになりたいと強く思いました。(略)そしてファンの皆さんと一緒に満開の花を咲かせられるように頑張っていきたいと思います」

“櫻の花”が、この秋、満開に咲き誇る予感だ。(本誌・太田サトル)

※週刊朝日オンライン限定記事