9月27日、40歳という若さで旅立ってしまった女優の竹内結子さん。2000年代、2010年代を代表する女優の突然の訃報は日本中に衝撃を与えた。コロナ禍の中、不気味な負の連鎖のように続く芸能人の自殺。いったい何が起きているのか、総力取材した。


*  *  *
 99年、NHKの連続テレビ小説「あすか」の主役に抜擢されると、「ランチの女王」(フジテレビ系、2002年)で月9の主役としてさらに評価を高めた。05年、映画で共演した中村獅童と「デキ婚」で男児を授かるが、夫の女性問題もあり08年に離婚。芸能界に詳しい放送作家の山田美保子さんが語る。

「獅童さん側も長男の親権が欲しかったでしょうが、竹内さんは強固な意思を持っていて、親権を渡さなかった。それから10年以上シングルマザーとして育児をして、その間、男性との噂もなかった。頑なに一人で頑張っていた印象です」

 実力派女優の地位を確立する一方で慈善活動にも熱心で、16年の熊本地震後、被災地支援をする一般社団法人「ロハス南阿蘇たすけあい」に寄付をしていた。同法人の井出順二代表理事長が語る。

「当初は竹内さんから『公にしないでほしい』と言われていて、普通の方ではできない額の支援を4年間いただきました。電話で『頑張ってください。困っている人のために活用してください』とお言葉をいただき、心遣いが素晴らしい方と感じた。9月10日に寄付があったばかりでした」

■頑張り屋な性格 三浦春馬と相似

 昨年2月には同じ事務所に所属する俳優・中林大樹(35)と電撃婚し、今年1月に第2子を出産。

 だが、周囲の環境は変わりつつあった。

「長年、竹内さんを担当した女性マネジャーが数年前に配置換えになった。竹内さんに目をかけていた創業者社長が会長となって現場から遠のき、ドラマや映画より稼げる音楽コンテンツを重視する路線にシフト。中谷美紀、柴咲コウという同年代の同僚女優は相次いで独立したが、竹内さんは夫のこともあり独立は難しい。C‌Mなどの仕事が決まらない不安に産後うつやコロナ禍が重なり、不安定な状態になったとも考えられる」(前出の関係者)

 竹内さんの事務所に出来高制への契約の変更や仕事環境の変化などについて確認したが、期限までに返答は得られなかった。

 別の芸能関係者も「彼女は頑張り屋で、完璧主義者。言いようのない疲れや悩みがあったのではないか」と語る。

 頑張り屋で思いやり深いといった特徴は、7月に亡くなった三浦春馬さんにも当てはまる。三浦さんも複雑な家庭環境で育った。小学生の時に母に連れられ実父の家を出て、母が再婚すると「連れ子」として義父と暮らした。三浦さんが14歳の時から親交があり、サーフィンの師匠だった卯都木睦さんがこう語る。

「母親が外で働いていたから、子供の頃は学校から帰ると一人でカップ麺を食べる生活をしていた時期があったと春馬は言っていました。親には複雑な思いがあり、茨城にサーフィンに来ても、近くの実家には寄らずに東京の自宅に帰っていた」

 3月、コロナ禍で苦しむ地元のために支援を頼むと、<地元に少しでも活気が漲るなら>と、水のペットボトルを2ケース送ってきた。これが最後のやり取りだった。

 竹内さんと三浦さんは映画「コンフィデンスマンJP」シリーズで共演していた。三浦さんの死のショックが、竹内さんにも影響したのか。芸能人のカウンセリングを多く手掛ける前出の藤井准教授は語る。

「人の死は人生で経験するストレスの中で一番大きい。身近な人が亡くなり反応性のうつ病になるのは珍しくない。性格的に一人で抱え込みやすいところに、コロナ禍で仕事が減れば自信を失うでしょうし、色々な要素が悪い方向に絡んでしまった可能性がある」

 コロナ禍で、芸能人特有の悩みもあるという。

「うつ病の大きな対処法は休むことですが、芸能人の場合、仕事を失う恐怖から休めない。先の保証はどこにもなく、『自分はこの業界に必要とされているのか』などと、極端な考えを持ってしまう人もいます」(藤井准教授)

 さいたま市にある竹内家の墓には、奇しくも竹内さんと同じ40歳で亡くなった母が眠っている。墓前には、数日から数週間前に置かれたと思われる、乾いた小さな花が供えられていたという。

◇相談窓口
■日本いのちの電話連盟
・フリーダイヤル0120・783・556
(16時〜21時、毎月10日は8時〜翌日8時)

■よりそいホットライン
・フリーダイヤル0120・279・338
・IP電話やLINE Outからは050・3655・0279
(24時間)

■こころのほっとチャット
・LINE、Twitter、Facebook @kokorohotchat
(12時〜16時、17時〜21時、最終土曜日から日曜日は21時〜6時、7時〜12時)

(本誌・上田耕司、岩下明日香/今西憲之)

※週刊朝日  2020年10月16日号より抜粋