10月から、秋の新ドラマが続々とスタートした。4月以降のドラマは新型コロナウイルス感染拡大の影響などで撮影が中止になったり、放送延期になったりと大幅に放送予定が変更されていたが、10月期のドラマでようやく通常のサイクルに戻りつつあるようだ。



 7月期では、最終回の総合視聴率が44.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の大記録となった「半沢直樹2」(TBS系)では、主演の堺雅人(46)の愛妻家で、子煩悩な素顔も話題になった。

 今期の主演俳優たちを見ると、「危険なビーナス」(TBS系)の妻夫木聡(39)、「極主夫道」(日本テレビ系)の玉木宏(40)、「この恋あたためますか」(TBS系)の山本耕史(43)、「相棒season19」(テレビ朝日系)の反町隆史(46)も堺と同様にいずれも妻は女優、結婚後の女性スキャンダルなし、プライベートでは良き父と共通する部分が見え隠れする。

「どんなに素晴らしい賞をもらうより、やっぱり家族が大事。生きる意味がはっきりできた」

 妻夫木は10月1日に放送された「櫻井・有吉THE夜会SP」(TBS系)に出演した際、昨年12月に誕生した第一子と妻マイコ(35)への思いをそう明かした。

「妻夫木は2016年8月に結婚しましたが、連ドラに出演するのは『イノセント・デイズ』(18年・WOWOW)以来です。このドラマは妻夫木が主演した映画『ぼくたちの家族』(14年)と同じ早見和真氏が原作の作品ですが、妻夫木がほれ込んでドラマ化にこぎつけたという思い入れのあるものです。彼は『ぼくたちの〜』をきっかけに、裏方や脚本家と直接話しながら作りこんでいくという仕事のスタイルに変わっていきました。今回主演する『危険なビーナス』でも、そうした彼のこだわりが反映されていると聞いています」(映画関係者)

 今年公開された映画だけでも『Red』(2月)、『一度死んでみた』(3月)、『一度も撃ってません』(7月)、『浅田家!』(10月)など4本に出演しているが、家庭ではしっかり育児もしている。

 先の「夜会」でも20年来の交流があるという嵐の櫻井翔(38)がステイホーム期間中のリモート飲み会の様子を「妻夫木聡がパパやってるのが新鮮だった」と話している。

「“寝かしつけるから離れる”、とか、“お風呂に入れるから離れる”と生活感たっぷりだったそうです。仲間とリモート飲みをしていても、しっかり育児もするパパという姿にSNSでは『さすがブッキー、いいパパ』『想像していた通りのイクメン』という声が多くあがっていました」(女性誌記者)

 妻夫木とは映画『ウォーターボーイズ』(01年)で共演してから20年の付き合いと言うのが玉木だ。18年6月に木南晴夏(34)と結婚し、今年8月に第一子が誕生したばかり。

「玉木は7月期のドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(フジテレビ系)に続いての主演ドラマですから超多忙ですが、その合間に自らスーパーに買い物へ行ったり、子どもをお風呂に入れたり、いろいろ家事もこなしているそうです。妻夫木とはたまに食事へ行って、仕事のことも含めていろいろ情報交換しているそうです」(スポーツ紙記者)

「半沢直樹2」の最終回放送直前には、半沢の妻・上戸彩(35)が堺のリアル妻・菅野美穂(43)の自宅を訪れていたと「女性セブン」(10月22号)が報じた。

「上戸も菅野も2児の母、そして女優という点でも話題は尽きなかったのでしょう。『半沢〜』の撮影現場でも上戸と堺が子育ての話で盛り上がっていましたが、実は堺のパパ友があの山本で、こちらも04年の大河ドラマ『新選組!』からの付き合い。幼稚園のことや子どものしつけなど細かいことまで相談しているそうです」(同前・女性誌記者)

 そして、来年1月からのドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)で主演することが発表された菅野が子育てについて助言してもらうのは、松嶋菜々子(46)だという。

「2人は16年10月の『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系)で共演してから、プライベートでも仲がよく、さらに松嶋は玉木と木南が交際するきっかけになったドラマ『女の勲章』(17年、フジテレビ系)で主演していて、プライベートで接点があるそうです」(同前)

 最近はスーパーで買い物をしているだけなのに写真を撮られることも多く、「小さい子どもがいる芸能人たちは、ピリピリしている」と芸能ジャーナリストは言う。

「そんなマスコミ対策の相談やお受験などの情報交換も含めて、先輩ママ、パパたちの存在は大きく心強いと思います」(同)

 家族ぐるみで、仕事も家庭もサポートし合う。今後、芸能界ではそんな姿が多くみられるかもしれない。(宮本エミ)