チャラ男的ルックスで繰り広げる「パリピ系漫才」で大人気の、りんたろー。さんと兼近大樹さんのお笑いコンビ「EXIT」。お笑い第7世代の一角をになう2人が、笑いや第7世代のくくりについて、テンポ抜群の掛け合いで話してくれました。



*  *  *
りんたろー。:りんたろー。と。

兼近大樹:かねちーで!

りんたろー。:EXITで〜〜す! シクヨロです!

兼近:ヨロタノです〜!

──“よろしく”と“よろしく頼む”ですね。

兼近:シューアサインタビューのコーナー、さっそくヒア・ウィ・ゴー!

りんたろー。:ポンポンポーン!!

兼近:表紙とグラビアの撮影、「バイブスいと上がりけり」でした!

──“気分が超アガった”ということで。

りんたろー。:さっきからちょいちょい通訳入れてもらってるみたいですみません(笑)。

──いま、「お笑い第7世代」として、複数の若手芸人が大人気です。

りんたろー。:たとえば第3世代にあたるダウンタウンさんたちは、お笑いのファン層を広げてくれました。新しい層の分母を定期的に広げていく役割を背負ってるのが、“第○世代”ってことだと思うんですよね。

兼近:アイドルや俳優さん、2.5次元……いろんなエンタメのファンになる選択肢があって多様化する今、みんなが走ってる道を広げるのが俺らの役割だと思ってるんです。道が広くなるぶん視界が開けて、いろんな芸人さんたちが見えやすくなる。

りんたろー。:おもしろい人たちたくさんいますよって。俺らがその入り口になれればいいかなって。

兼近:エントランス芸人(笑)。俺らを見て入ってきてくれた人をとどめてくれるのが、他の芸人さんたちの役割です。

──第7世代という“くくり”自体に抵抗を感じることはありませんか?

兼近:それで盛り上がるなら全然。もしこの先全員つぶれても、それはそれでおもしろいでしょうね。「第7世代」って何だったんだって(笑)。

りんたろー。:やめろ(笑)。なんてこと言うんだよ。

兼近:下火になっちゃったときに、「どうした第7世代」とかいう企画でみんな呼ばれるのもおもしろそうじゃないですか。ていうか、そもそもそういう言葉でまとめるのは、どちらかというと作り手の側ですしね。

りんたろー。:だから、俺ら自身は「第7世代」なんだからって、あまり意識してないかもしれませんね。

──新型コロナウイルスの感染拡大で、春から夏にかけて、テレビの作り方も大きく変わりました。

兼近:リモート出演とかフェースシールドつけたりとか。

りんたろー。:何度も念入りに消毒したり、スタジオではアクリル板が立つようにもなった。

兼近:ソーシャルディスタンスだからね。カメラマンさんも近くに寄らなくなったりね。

りんたろー。:だからこそ、バラエティーの底力というか、形を変えても演者と作り手が工夫すれば、いくらでもおもしろいことはできるんだぞっていう実感はありました。

兼近:なんで今まで何十年も進化しなかったんだというのもある(笑)。

りんたろー。:そうそう、一気に進化してる気がする。

兼近:笑いも、時代に合わせて変わっていくべきだと思うんですよね。

りんたろー。:見た目をいじったりパワハラ的なお笑いが、特に若い世代にはあまり受け入れられなくなってきてるのかなというのも感じますしね。

兼近:でもさっき言った多様化で、たとえば一口にゲームが好きと言っても、オンライン系とかパズル系は好きだけど、格闘系やシューティング系は全然知らないとかあるじゃないですか。何かでたとえて笑いをとろうと思っても、知ってる人にはすごくウケんのに、一部の人には全く響かないこともあったり。そこがめちゃめちゃムズくなってる感覚はありますね。

(構成/本誌・太田サトル)

>>【後編/EXIT兼近は“ピンク代表”? 「“ペー・パー・ちー”のトリオで行きましょう」】へ続く

※週刊朝日  2020年10月23日号より抜粋