お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が相方の矢部浩之とパーソナリティーを務めるニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(10月22日深夜放送)の番組内で、30代の一般女性と結婚したことを発表した。10日に婚姻届を提出し、「半年くらい本当に支えてもらった。ラジオで失言し、叱ってもらった」と感謝し、「支えられ婚」と自ら命名した。

 番組にゲスト出演した歌手のaikoは岡村とプライベートでも親交が深いことから感極まって涙を流して喜び、リスナーからも祝福の声が殺到。

「岡村さんを理解して支えてくれた人なら、大丈夫だと思うよ。おめでとう。ラジオ聞いていてウルウルきたわ。良かったね」

「岡村さんおめでとう!!!めちゃイケで育った世代なので、岡村さんの幸せな報告をまるで親戚のことのように嬉しく思います。結婚しなくても幸せな人生を送れるけれど、岡村さんの場合は結婚した方が長生きできそうなので本当によかった」

 とネット上にコメントが寄せられた。

 独身を貫き、浮いた話も出ていなかった岡村の電撃結婚に芸人仲間も衝撃は大きかった。ドランクドラゴンの塚地武雅が自身のツイッターを更新し、

「岡村さんが結婚!岡村さんは結婚しないのかもと思っていたので驚きました!でもこれは独身芸人にとっては大きな希望!おめでとうございます!お幸せに!そして僕もいつの日か…」

 と祝福のメッセージをつづった。

 スポーツ紙の芸能記者は驚きを隠せなかったという。

「タレントやお笑い芸人の結婚は週刊誌とも情報交換していましたが、岡村さんは完全にノーマークだった。それは決してモテないからというわけではなく、神経質で繊細な性格というのが大きい。誰に対しても分け隔てなく接する姿勢で女性に対しても物腰が柔らかくて気遣いができますが、恋愛関係になかなか発展しない。結婚を決断した女性の方はそんな岡村さんを包み込む包容力があるのでしょう。アローン会で結婚ラッシュが続くかもしれませんね」

 岡村は独身芸人が集う「アローン会」で部長を務めていた。会長は今田耕司、最高顧問は明石家さんま、部員はチュートリアル・徳井義実、ピース・又吉直樹で、定期的に集まり情報交換を行っていた。岡村は今回の結婚でアローン会を脱退することになるが、徳井は交際が報じられている人気姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のボーカル・ももとゴールインするのか注目される。

 実は、岡村の結婚を見事に的中させたのが占師のタレント・ゲッターズ飯田だった。さかのぼること10カ月前。昨年12月の日本テレビ「ぐるナイ ゴチ大精算!クビは生放送で発表!加藤浩次&橋本環奈がオニになるSP」で、飯田は岡村の2020年の運勢を占い、

「7年間の闇が終わります。体調が悪いとか優れないというのが2020年に終わります。岡村さん次第で来年結婚するか、結婚相手が見つかります」
 と語っていた。飯田は元なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)のタレント・丸山桂里奈についても結婚すると予言して的中させている。

 神がかった占いが再評価されているが、飯田のもう一つの「不吉な予言」に心配の声が上がっている。同番組内で飛ぶ鳥落とす勢いの千鳥・ノブに、

「来年すべてを失う」

 と予言していたからだ。

「スキャンダルです。もともと巨乳に弱いので」

 と指摘し、

「ダンスをするといいですね。伝統的なものがいいので、能とか」

 と助言を送っていた。暗いニュースが続いているご時世の中、岡村の結婚に心が温かくなった。今年もあと2カ月ちょっと。好感度が高いノブのスキャンダルの予言は外れてほしいと願うファンが多いだろう。(牧忠則)

※週刊朝日オンライン限定記事