最近、物議をかもしたのが楽天モバイルのCMだ。始まりと終わりに出て来る「♪ラックテンモバ〜イル!」という女性のシャウトが耳障りだと批判が飛び出し、代役にしてシャウトを控えめにするという対応がとられた。考えてみれば、大声で叫ぶこと自体、コロナ禍にはそぐわない気もするし、広告効果についても疑わしい。



 そのCMに出演しているのが、米倉涼子。シャウトしているのは別人だが、米倉本人もミソをつけた感がある。なにしろ、長年所属した大手事務所からこの春、独立したばかりだ。このCMの不評は、代表作での決めぜりふ「私、失敗しないので」とは裏腹に、独立が失敗する兆しなのではとも勘ぐってしまう。

 いや、それだけではない。このところ、米倉に代表される「サバサバ系」の女性タレントたちが軒並み失速気味なのである。

 たとえば、山本舞香。まだ23歳で、サバサバ女子界期待の若手だ。10月27日「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演した際には「サバサバ性格女子が最高です」という視聴者のツイートも紹介されていた。

 が、その2日後、交際を報じられている伊藤健太郎がひき逃げで逮捕されてしまう。伊藤がやんちゃ化したのは山本の影響だとする記事まで出て、とばっちりを食ってしまった。

 また、失速どころか、消えてしまったのが木下優樹菜だ。昨年11月のタピオカ恫喝騒動でケチがつき、活動休止中の12月に離婚。今年7月にはいったん活動を再開したものの、離婚前からの不倫が報じられるなどして、わずか5日後に引退となった。

 もともと、サバサバ系は押しの強さも売りなので、反発を買ったり、スキャンダルに巻き込まれたり、トラブルを起こしたりということもありがちだ。それでも好きというファンに支えられているわけだが、最近はちょっと飽きられてきた印象もある。そのあたりを検証すべく、サバサバ系の歴史を振り返ってみよう。

 転機となったのは、1945年の終戦。そこから「戦後、強くなったのは女性と靴下(ストッキング)」という流行語が生まれ、高度経済成長期にはウーマンリブ運動も起きた。やがて、バブルが到来し、男女雇用均等法なども施行されたことで「女らしさ」のトレンドが変化する。

 大ざっぱにいえば、家庭で夫や子どもに尽くす「かわいい」女より、外に出て男に負けじと働く「かっこいい」女がもてはやされるようになったのだ。テレビドラマでは「自立した女」が好んで描かれ「W浅野(温子・ゆう子)」ブームが起きた。さらに「おやじギャル」や「メッシー、アッシー、ミツグくん」といった現象も含め、1990年代、あるいは平成初期の日本はサバサバ系女子の時代といえる。

 その後、景気後退にともなう揺り戻しも来たが「女らしさ」のトレンドは意外と揺るがなかった。ドラマなどでは相変わらず「かっこいい」女が優勢で、江角マキコの「ショムニ」(フジテレビ系)や篠原涼子の「ハケンの品格」(日本テレビ系)がヒット。前出・米倉や宝塚歌劇団の男役だった天海祐希も高視聴率女優として君臨した。また、バラエティーから出た前出・木下も「理想の母親」に選ばれたりしたものだ。

 そんな風向きが変わってきたのではと感じさせた出来事がある。2017年、前出・江角の引退だ。彼女の好感度が大きく損なわれたのは、その3年前に発覚した長嶋一茂邸落書き騒動。彼女のマネジャーが長嶋邸の壁に「バカ息子」などと落書きしたという。その背景には、江角と長嶋夫人との確執が存在したとされ、両者はママ友だったが、途中で激しく対立する関係になっていたと報じられた。

 とまあ「サバサバ女子」には似つかわしくないスキャンダルだったわけだが、意外とこういうことはあるのかもしれない。11月10日の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)ではふたりのフリー女子アナがこんな指摘をしていた。

「自称サバサバ女子ほど悪口を言ったり、ねちねちしてる女子のいや〜な面を持ってる人が多いと思います」(寺田ちひろ)

「ただ口が悪いだけっていう。男っぽいから言っちゃう、みたいな感じで言ってるんですけど、実際、それはサバサバでもなんでもなくて」(鷲見玲奈)

 江角、そして木下はそのあたりを実証してしまったのかもしれない。

 また、ここ数年は世の中の安定志向がますます強まっている。そのぶん、押しの強さや攻めの姿勢、やんちゃっぽさが売りで、とかくリスキーでもあるサバサバ系はあまり歓迎されなくなっているのではないか。

 例によってドラマシーンを見ても、今年、13年ぶりに復活した「ハケンの品格」はかつてほど盛り上がらなかった。サバサバ要素に頼りすぎでは成功しにくい状況を象徴しているようでもある。

 そのかわり、サバサバ要素にふわふわ要素を加えたものならアリかもしれない。今期の連ドラでいえば「姉ちゃんの恋人」(フジテレビ系)や「リモラブ〜普通の恋は邪道〜」(日本テレビ系)がそれに当てはまる。どちらも数字的には今ひとつながら、それぞれ有村架純・波瑠という朝ドラ女優を主役に起用。令和に通用するホームドラマだったり、新しい生活様式向けのラブストーリーだったりを追究する意欲作だ。

 朝ドラ女優といえばもうひとり、吉高由里子がヒロインを演じているのが「危険なビーナス」(TBS系)。ドラマ自体はサスペンスだが、吉高こそまさに「サバふわ女子」的な魅力でやってきた女優といえる。

 その一方で、田中みな実が象徴する「あざかわ(あざとかわいい)女子」のブームもあり、こちらは昭和のぶりっこが進化したものだ。「サバサバ女子」にもなんらかの進化が必要だとすれば「サバふわ」はそのひとつのかたちかもしれない。

 とはいえ、サバサバ女子界にも、前出・山本のほか、伊藤沙莉やファーストサマーウイカといった若手がいる。米倉らに続くにはまだ小粒な印象だが、はたしてどうだろう。

●宝泉薫(ほうせん・かおる)/1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など