2020年もいよいよ大詰め。コロナ禍の今年はエンターテインメント業界も激震に見舞われたが、映画界も“異例”ずくめだった。『鬼滅の刃』が記録的なヒットとなると同時に、2020年公開の興収上位の作品はほとんどが邦画で占められ、洋画はほぼランクインしないという特殊な年となった。また“鬼滅”の陰でひっそりと2位(暫定)となったのも、少し意外な作品で……。特殊すぎた今年の映画事情を振り返る。



*  *  *
 今年の映画界は、まさしく“鬼滅イヤー”だった。10月中旬に公開された『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興行収入は、公開10週目となる12月20日時点で311.6億円を記録。歴代1位の『千と千尋の神隠し』にあと少しまで迫る勢いをみせている。

 一方この発表の5日前、東宝は『千と千尋の神隠し』について、今年6〜8月にリバイバル上映された分の興収8.8億円を足して、308億円から316.8億円に更新したことを発表。鬼滅が308億円の記録を抜こうとしていたタイミングでのこの発表は、より一層の注目をあおる形となった。

 歴代1位をめぐるデッドヒートに注目が集まる中、鬼滅に続く今年の2位がどの作品なのかは、意外と知られていないのではないか。

 今年公開の興収2位は『今日から俺は!!劇場版』だった。7月中旬に公開され、約4カ月に及ぶロングラン上映で記録を伸ばし、今年の実写映画の中ではNo.1の座を射止めた。

 続く3位は、“コロナ前”の1月に公開された『パラサイト 半地下の家族』。同作は2月にアカデミー賞作品賞を受賞し、アジア初の快挙を成し遂げた。日本でも大きな話題を呼び、客足を伸ばしていたはずだが、それでも『今日から俺は!!』には及ばなかったのだ。約2年前のテレビドラマ発の「ヤンキー映画」が鬼滅に続くヒットとなったのは、大健闘といえるだろう。なぜ、ここまで伸びたのか。

「『今日から俺は!!』は鬼滅と同様、洋画の大作をはじめとしたライバル不在の中で大ヒットしています。同作の公開は7月で、コロナ禍でストップしていた映画館が再開したタイミング。エンターテインメントを求める観客たちが、テレビドラマですでに人気を確立し、確実に楽しめるコンテンツに集まった側面はあると思います」

 こう語るのは、ツイッターアカウント(@C4Dbeginner)で映画評論をつぶやき、5万人超のフォロワーを獲得しているCDB氏だ。同氏は大人だけでなく、低年齢層にリーチしたことにも着目する。

「『今日から俺は!!』で驚いたのは、映画館に親子連れの小学生の姿がすごく多かったことです。不良高校生の物語なのに、まるでクレヨンしんちゃんのように低年齢層にウケている。ギャグもひねったシュールなものではなく、ものすごくオーバーアクションでわかりやすい」

 配給元の東宝・宣伝担当者も「“今日俺”はファミリー層にも人気で、首都圏だけでなくローカルでも、全国津々浦々でお客さまが入ってくれた」と振り返る。

 確かに同作は、従来のヤンキー映画と比べ、子どもにも親しみやすいつくりとなっている。格闘シーンは多いものの残虐な描写はなく、登場人物らが恋愛に奥手のため性描写などもない。

 それに加え、映画業界全体の事情もヒットを後押ししたようだ。東宝宣伝部の担当者は次のように話す。

「作品の力がもちろん大きいですが、“今日俺“が公開された夏の時期は、新作がほとんど公開されていなかった。鬼滅と同じで、スクリーンを確保しやすかったことも一因だと思います。4月の緊急事態宣言後、邦画の大作で公開されたのは“今日俺”が最初でした。コロナ禍で公開を延期する選択肢もあった中で、上映を決断してくれた制作サイド、感染対策を徹底しながら上映してくれた映画館に、配給元としては救われた形です」

 新型コロナの感染拡大で映画界に激震が走ったこの1年を、東宝はどう見るのか。

「今年は“今日俺”や“鬼滅”のヒットに助けられましたが、ジブリ4作品のリバイバル上映にも救われました。6月は、新作で上映できるものがなかったので苦しい状況でしたが、映画館を助けるために、とスタジオジブリさんが協力してくれたのです。4作の再上映で、26億円超のヒット。ジブリ、今日俺、鬼滅のおかげで『映画館に行ってもいいのだ』という機運が作れたことは大きいですし、次の客足につながっています」(東宝・宣伝担当者)

 12月現在も、“鬼滅”の公開初期に予告編を流した『STAND BY ME ドラえもん2』や『新解釈・三國志』などが好調だといい、今も好循環が続いているようだ。

 とはいえ、やはりコロナ禍の影響は甚大で、手放しでは喜べる状況ではない。

「今年の洋画は、多くの作品の上映が先送りされ、壊滅的です。一部の邦画がヒットしましたが、映画業界全体が盛り上がらないと、やがて立ち行かなくなります。来年は洋画も復活して、いろんな映画にお客さんが入ってほしい」(同)

 CDB氏は、『鬼滅の刃』の公開初週の興行収入(土日)が、日本を除く全世界の興行収入を合わせた金額より多かったという報道(10月20日付のニューヨーク・タイムズ)を引き合いに出し、「日本の映画界の特殊性」を指摘する。

「世界の映画産業が壊滅状態の中、日本の映画界はかなり復活できている方なのです。ハリウッドが大作の公開を片っ端から停止したことで全世界の映画産業が“鎖国状態”にならざるを得なくなったため、もともと鎖国のように国内で作品を回していた日本映画界は、他国と比べれば平常営業できている。マンガという原作供給エンジンを持ち、“鬼滅”や“今日俺”で産業を回せる日本映画界は、まだマシな状態なのです」

 そして、今年の映画業界についてこう総括する。

「洋画がこれほどランキングから消えた年は、映画史上なかったのではないでしょうか。一方で、邦画では予想外の現象が次々と起きた。鬼滅の大ヒットも事前の分析以上でしたが、実は『事故物件』も今世紀ホラー映画の記録を更新する“予想外”のヒットになりました。亀梨和也さんと新進女優の奈緒さんの演技が素晴らしく、脚本もよく練られた良作でした。しかし、まさか『リング』や『呪怨』といった日本ホラーの人気シリーズを、突然現れた単発作品が抜くとは誰も予測できなかったはずです。今年は、『この映画ならこれくらいの数字だろう』という予想を超えることが次々と起きた年でした」(同)

 いまだに世界が混沌とするなか、来年も映画界は予想外の現象が起こり得る。ぜひ「洋画不在」の状況を覆すようなヒット作が生まれることを期待したい。(取材・文=AERA dot.編集部・飯塚大和)