2021年の初めにあたり“今年への思い”を語ってくれたお笑い芸人のカンニング竹山さん。突然飛び出した“ケーシー高峰さん”宣言!? 一体、2021年、何をしかけようとしているのか?



*  *  *
 あけましておめでとうございます。2021年、新年にあたり、まず一番不安なのはコロナどうなるんだっていうのは誰しもそう思いますよね。本当に終息するのか? 終息しなかったときに2021年はどうなってしまうんだろうとか。東京オリンピック・パラリンピックの開催の問題もあるじゃないですか。身近な話だと、芸人の若手が芸人の仕事を辞め出してきていますよね。今現在も後輩に聞くと、特に若い子たちがたくさん辞めていっているそうです。今そんな状況だと、仲間が辞めていくというのはこのまま続いていくのかなと不安です。

 考えるだけで不安なスタートですが、2021年はYouTuberという人たちがいなくなるんじゃないかなと思っているんです。最近、YouTuberってあまり聞かくなったワードじゃないですか。TikTokerは聞いても。YouTuberって、もちろんいるにはいるんだけど、YouTubeで一旗揚げるぞっていうのが難しくなってきているんじゃないかと。テレビに出演している人たちがYouTubeに参入しきってしまったからだと思うんですけど。逆に人気のYouTuberもテレビに出だしてしまっている。だから、YouTuberという文化が終わっていくのかなという気がしています。

 何かしら新しいSNSが始まっていくのかとは思います。SNSの長期政権ってないじゃないですか。昔、2ちゃんねるやmixiから始まって、Twitterだインスタグラムだっていうのは長く続いているほうですよね。LINEが勢力を強めて、TikTokが出てきて。いろいろ出てくるからSNSの天下ってないんだろうな。どんどん進化して新しいものが出てくる。

 そんな中で、2021年個人的にやろうとしているのが、なんとなく頭の中で考えているのはeコマースですよね。テレビとネットとがっちゃんこで何かデカいことできないのかな。テレビで言うと通販、ネットでいうとeコマース、これをくっつけたものができないのかな。

 通販番組をやりますか? って言われたらやらないんですけど。通販を違う形でできたら面白いなと思ったり。話せるのはここまでで(笑)、具体的には少し話は進んでいるんですけど。

 もうひとつは、“俺はケーシー高峰さんみたいになっておかないといけないのかな”って思っていて(笑)。テレビの仕事はメインでやらさせていただいてますけど、地味に寄席とかも出るとか。歳を重ねるうちに、“ケーシー高峰さんみたいなオジサン、カッコよくねぇ!?”って思うようになったんです。ああいうオジサンっていうか、オジサン芸人っていないといけないなと思った。

 俺は「放送禁止」というライブで舞台には立っているけれども、コロナ禍で中々難しいけど地味に舞台に立つということもやっておいたほうがいいのかなと考えるようになった。ケーシー高峰さんは役者もやっていて、テレビも出て、さらに舞台にも立っていらした。俺も年一回舞台に上がっているけど、それだけでいいのかなって数年前から考えているんです。今からそういうのをやるのも楽しいなと。

 2021年も模索の1 年になるとは思うのですが、まずはコロナですよね。2021年、ティッシュペーパーやハンカチが売れると思うんです。コロナ禍を脱出できたときに、みんなが涙するから、それをぬぐうものが売れる。いろんな場面で。涙系のもの、泣いたあとむくまないようにするものとかね。そういうがヒットするんじゃないか!? それがヒットしたときは世の中が平和になっている!

 話を戻して、2021年はひとつは最先端のことをやっていながら、地味にアナログなこともやっていく。昔、美輪明宏さんのお宅にお邪魔したときにかけられた言葉で「あなた、カテゴリー決めたらダメ」って言われたんですよ。「あなたが何者かというのを決めたら、面白くなくなる。全部やりなさい! 全部こなして突き詰めていきなさい」と。

 私は芸人だからこれはできませんとか、そんなつまらない生き方はしてはいけないと言われました。「ニュース番組も役者もバラエティも、あなた、全部やるの」と。

 “こいつ、怪しい、何者だ?”って思われたほうがいいんだとも美輪さんはおっしゃってくださいました。その言葉は今も心の残っていて、2021年も“竹山って、なんなん?”言われて大正解! “竹山って芸人辞めてるでしょ?”とか“コメンテーターでしょ”とか“バラエティもまだ出てんの?”などなど多種多様に言われまくるというのが理想ですよね。そんなに上のほうには名前もあがらないけど、どこの分野でも5番目か6番目にいるというのがいいですよね。秀でてないけど“あれ? こんなところにも竹山いる”っていう(笑)。“待て待て、こいつなんだ??”ってね。

 美輪さんからいただいたこの言葉で気が楽になりましたよね。“そうか! 決めなくていいんだ!”ってね。やりたいことバンバンやればいいんだって。もちろん色々なことをやって中途半端に顔出すだけではダメで、ひとつひとつ、他人に見せられるくらいまではやらないと商売にはならない。2021年、初心に戻るじゃないけど、いつも“今年どう生きようかな”と思ったときに美輪さんの言葉を振り返り、身にしみますよね。

 2021年、細木数子さん風に言うと僕は大殺界なので(笑)。だから、あんまり暴れないように、地味〜に頑張ろうと思います!

■カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。オンラインサロン「竹山報道局」は、ネットでCAMPFIRE を検索→CAMPFIREページ内でカンニング竹山を検索→カンニング竹山オンラインサロン限定番組竹山報道局から会員登録