コロナ禍が長期化する中、芸能界も悲鳴を上げている。昨年12月には大手芸能事務所のエイベックスが東京港区南青山の本社ビル売却を発表し、衝撃を与えた。コロナ禍のために、コンサートやイベントの仕事がキャンセルになるなど業界はまさに崖っぷち。別の芸能事務所でも、生き残りを賭けて本社オフィスの縮小や移転などの噂が絶えない。芸能担当記者たちが、覆面誌上座談会を催した。



*  *  * 
芸能記者A 2度目の 緊急事態宣言が1月7日にも発令される。当分、コンサートも芸能人のイベントも開きづらい状態が続きそうですね。大手芸能事務所の役員から「このまま夏まで続いたら、潰れてしまう」という悲鳴も出ています。ライブが開けないと、会場でのグッズも売れないですから、悪循環なんです。

芸能デスク エイベックスは昨年12月に南青山の地下2階、地上18階建てのビルをカナダの大手不動産ファンド、ベントール・グリーンオーク(BGO)に700億円で売却するという報道があったけど、どうなっているの?

芸能記者A あのビルは2017年11月にオープンしたばかり。松浦勝人会長が内装デザインにもこだわり、「日経ニューオフィス賞」や「グッドデザイン賞」まで受賞するほどの立派なビル。芸能界での成功の象徴のような「摩天楼」ビルでした。だけど、竣工当初から、他の芸能事務所のトップは「あんな立派なビル……たぶん、いらなくなると思うよ、みててごらん」と言っていた。

芸能記者B それにしても、「築3年」で売却するとはね。

芸能記者C それでも、エイベックスはこれからも、譲渡先とリース契約をして、賃貸でオフィスを置き続けるみたいだし、買い手のいるうちに売っちゃって、身軽になろうということでしょう。

芸能記者A エイベックスは「譲渡益290億円」と発表したけど、高くで売れて譲渡益も出たんだから、いいんじゃないかという声も聞きます。

芸能記者C  私が聞いた耳寄り情報をひとつ。エイベックスの話をしていたら、都心に位置する大手芸能事務所の関係者から「うちも、富士五湖の一つの河口湖のそばに引っ越しを検討中なんですよ」という話を聞いた。意外と、河口湖って東京から近い。高速を使えば車で1時間半で東京へ行けるし、便利なんですよ。富士五湖の一つで、空気はきれいだし、近未来の芸能プロの姿としてはいいかも。

芸能デスク だけど、テレビ局やスタジオがある東京まで電車で2時間くらいはかかるだろう。何故、そんな遠くを選んだの?  優秀な社員は辞めちゃうんじゃないか。

芸能記者C まだ決定事項ではなく、検討中の段階で、アイデアの一つらしいです。そもそも、芸能事務所のマネージャーはほとんど現場にいて、会社にはほとんどいないんですから、そんなに一等地の本社ビルはいらない。それがテレワークでもっと進行しちゃった。

芸能記者B そう言えば、私も有名俳優を多数抱える別の芸能事務所関係者から、都内の一等地から、東京の下町の浅草に引っ越すっていう噂を聞きました。

芸能記者デスク どうして、また浅草なんだ。

芸能記者B もともと、浅草は日本の芸能界スターの発祥地ですからね。1950〜70年代、浅草国際劇場で公演をすることはとってもステータスだった。ザ・ドリフターズ、ビートたけし、渥美清、萩本欽一、美空ひばり、浅香光代、淡谷のり子、村田英雄、伊東四朗、水の江瀧子、沢村貞子、永六輔らさまざまな芸能人が芸を磨いた。

芸能デスク 移転する理由は?

芸能記者B やっぱ、都心の一等地は家賃がベラボーに高すぎますよ。そういう高いところで芸能活動をするよりは、新しい仕事の仕方とか働き方を目指そうということですよ。

芸能デスク 芸能事務所が自分のところで育てたタレントをつなぎとめるのも、だんだんと厳しくなってきたからなぁ。売れっ子タレントは個人事務所を持つのが今やあたり前。独立したタレントに「テレビに出るな」と露骨に圧力をかけるのも批判されるからね。

芸能記者A だから、これからの芸能事務所のトレンドは東京の一等地のおしゃれなオフィスを縮小し、「脱東京」だったり、浅草のような下町で再出発するってことですね。

芸能デスク 日本の芸能界を創ってきた大手芸能事務所のドンたちもみんな80代、90代になってきたからね。新しい姿を模索するのは当然の流れではある。

芸能記者C 当面は、コロナ禍でもつぶれたりせず、生き残ることが肝心ですね。

(構成 本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事