被写体としての顔、俳優としての顔、2020年は新しい扉を開け続けた一年だった。「求められるものに120%報いたい」。あざとさも際どさもストイックだからこそ表現できる。AERA 2021年1月11日号から。



*  *  *
 写真集、ドラマ出演、トーク番組のMCなど、昨年は活躍の場を広げた一年だった。

田中みな実(以下、田中):たとえば、「M 愛すべき人がいて」の役は、眼帯という見た目のインパクトで、どんな方が演じても話題になったと思います。「イロモノ」としての需要に応えた、という自覚はあるんです。写真集はそれが大ヒットしたと聞いても、いまいち自分のこととは思えなくて。フォトグラファーの作品として「すごいですねー」と、はたから感心して見ている感じ。そもそもドラマも写真集も、自分のやりたいことではなくて、そこに需要があるなら、と挑戦してみたら、こうしてメディアに取り上げられるきっかけになった。その意味で、自分で自分に制限をかけるのはもうやめようと、吹っ切れた一年ではありました。

■落ち込んで葛藤した

 TBSテレビのアナウンサー時代は「ぶりっこ」として、女性からは反感を買う役回り。それが一転、「あこがれの女性」に変わったのは2017年に女性誌「アンアン」の表紙を“肘ブラ”のセミヌードで飾った時だ。

田中:TBSに5年いて、14年にフリーになったのですが、自分の思うような成果が出せなくて、悶々(もんもん)としていました。そんな時、「美乳特集」で、セミヌードという表紙のオファーをいただいたんです。先方も「それでもいいですか?」と恐る恐るという感じで。大きいことがコンプレックスになっている胸か……と一瞬ひるみましたが、でも、それ以上に私は表紙に出たいと思った。やるからには中途半端ではなく、私を求めてくださる方の要望に120%以上で報いたいと決意したんです。

 男性目線の色気を排し、それでいてセクシーな表紙は、女性たちの大きな共感を呼んだ。女性が求める「美しさ」を体現していたからだ。本人にとっても新しい自分の発見につながった。

田中:その前に、いろいろ挫折があったんです。TBSに入社した時は、朝か昼の情報番組を担当して「局の顔」になりたいと希望がいっぱいでした。でも、朝帯に抜てきされたのは同期。5年に一度の大改編に望みをかけましたが、そこでも私は起用されず、次の5年後には30歳を超えて、戦力とみなしてもらえるのか、という焦りがありました。「だったら夢は自分でつかみに行こう」とフリーになって、昼帯の情報バラエティーのメインMCに起用された時は、念願がかなったと喜びましたが、実際にやってみると、毎日情報を世の中に届けることが、どんなに大変なことか。自分の力量のなさに落ち込み、なんて分不相応なことを求めていたんだろうと、葛藤しました。

 テレビに根強い男性社会の壁にも、常に行き当たった。

田中:私が「こういうネタはどうですか?」と会議で提案しても、「小娘が何を言っているんだ」という雰囲気になってしまう。予算や時間の制約など、スタッフ側の事情もわかるのですが、コミュニケーションの齟齬(そご)、モチベーションの違いには悩みました。何よりも苦しかったのは「今日の進行はどうでしたか?」と真剣に問いかけても、「うん、かわいかったよ」と、流されてしまうこと。30歳そこそこの女性が何かを伝えようとしても、伝わらないものなんだなと、厳しい現実を思い知りました。

 その“空回り”は自分の力みにも原因があったと振り返る。

田中:今思えば、それこそもっと“あざとく”いけばよかったのかもしれません。アナウンサーとして認められたいというプライドに縛られて、真正面から闘って、届かなかったんだと思います。私たち女性が男性社会を生き抜く時、その術として、“女らしさ”を武器にすることと、“男らしさ”で対等に渡り合うことの両方があると思います。目標に到達するためにはどちらも正解で、自分のできる方法を採ればいい。私はたくさん壁にぶち当たり、いろいろな挫折を経験して、「だったらあざとくいこう」と半分開き直ったところがあった。そこから新しい景色が見えてきた、という感じはありますね。

■自分でも不思議

 演技では、ボンデージの衣装で足を広げたり(「ルパンの娘」)、片思いの男性の恋人にサイコパスな嫌がらせを繰り返したり(「M 愛すべき人がいて」)、“あざとさ”を超えた“際どさ”でも話題をさらった。

田中:あんな部分が私の中にあったなんて、自分でも不思議で。「M〜」では、共演の水野美紀さんの演技がすごくて、そこから学ばせていただきました。同じく共演の三浦翔平さんから、「エキセントリックな役なら、思いっきり振り切った方がいい」と助言されたことも大きかった。実は私、筋金入りのドラマ好きで、今も地上波のドラマはワンクールで10タイトルを見ています。子ども時代は、「ひとつ屋根の下」が大のお気に入りで、そういう“基礎知識”を持っていたのも、よかったのかも(笑)。

 昨年末に出演したNHKドラマ「ノースライト」では派手な役柄から一転、建築事務所の事務員という地味な役柄を演じた。

田中:え、いたの? というぐらいの出番。それこそ身の丈というか、身の丈以上の役をいただき、まっさらなところから芝居を作っていく手応えを感じることができました。私の芝居経験はたった2年ほどで、プロの俳優の方々とは比べようがありません。現場に入って、元・局アナが何でも屋さんになって、ちょっと芝居をやっているね、ということは、あってはいけない。自分のいたらなさで作品が汚れてしまうのは、絶対にイヤなんです。何の専門家でもなく、面白みも薄い私のどこに価値を見いだしていただけるか。それはいつも考えています。

■どんな役目にも応える

 強いこだわりを見せながら、表情には、どこか自分の置かれた状況を信じ切れない揺らぎも宿っている。

田中:局アナ時代、マツコ・デラックスさんに徹底的にいじっていただいたおかげで、「ぶりっこ」というイメージが定着しました。アナウンサーとしての認知ではなかったし、バッシングも受けましたが、たくさんの方に知っていただかなければ、テレビでは戦力にはなりません。そういう意味で、どんな役目にも応えていく覚悟はあります。年を重ねると、できることの中だけで生きてしまうと思うので、今、さまざまなチャンスをいただき、柔軟に取り組んでいけることを、ありがたく感じています。

(ジャーナリスト・清野由美)

※AERA 2021年1月11日号