自らも芸人コメンテーターであるお笑い芸人・カンニング竹山さんが世の中でささやかれる「芸人コメンテーター不要論」についてズバリ語る。



*  *  *
 男性週刊誌で「芸人コメンテーターは必要か?」という記事を見かけて、「不要」「必要」の有識者のコメントが掲載されていました。

 それに関して、僕はどう思うかなんですが。基本的に言うと芸人コメンテーターは必要ないと思うんですよ。ただ、有識者と言われる人たちだけで番組やると、民放番組、観なくなりますよ。それが、テレビの事情。

 その一方で、テレビなんて誰が出たっていいんです。芸人が適当なコメントを言うなら、芸人なんか出すなよってなるんですけど、世の中ってピンからキリまで様々な人がいるんですよ。どちらがピンとかキリということではなく、有識者の人が正しいことばかり話しているのかって言ったらそういうわけでもないですよね?

 前から言っているけどテレビって雰囲気で見るものだと思っていて、コメンテーターの経歴で「東京大学出身」とあるだけで、イコール「この人は頭がいい」となる。テレビの情報番組っておかしいのが、例えば経済学者がコメンテーターで出演するとコロナのことも語る。その人、コロナのこと何も知らないですよ。何も知らないとまでは言い過ぎにしても専門分野ではない。それは、芸人も同じ構図。

 コラムニストがコメンテーターとして出ていて、経済に関して語ったり、コロナ語ったり、国際情勢語ったりするんだけど、それ、専門分野ではない。それは全てただの雰囲気で、この人ならコメントしても大丈夫だろう、この人はバラエティ出ているからコメントしてはダメだろうとかいうこと。それって雰囲気で見ているだけなんですよね。基本的に、誰がコメンテーターをやっていい、誰がやってはいけないというのはないんです。

 出てはいけない人を決めてしまうのは、差別的なことをしていることになってしまう。学歴だけでいうと、中卒のやつはダメなのか、高卒のやつはダメなのかってなるのか? 中卒の有識者はいないのか? 中卒有識者だっていたっていいですよね。世の中って中卒から大卒、大学院卒までいろいろいるわけでしょ? 

 千差万別、色々な人たちが見ているのもテレビでしょ? テレビを見ていて賛否を起こすというか、わざと賛否を起こさなくてもいいんだけど、あぁでもないこうでもないで視聴者の皆様どう思いますかがテレビなんです。テレビ画面上では様々な人が色々な意見を話していて、同意することもあるでしょう、反対することもあるでしょう。あなたたちはどう思いますか? というのがテレビ。情報として正しいニュースはもちろん流すとしても、それに関してまだ答えが出ていないことに関して、みんなでわぁーわぁー言い合うわけですから。

 結局、コメンテーターに芸人とか歌手とか俳優が出ていて、根本的にバカにして見ているから「オマエなんかが偉そうに言うんじゃねぇーよ!」って、何もわからないクセにという目線になる。だから、そういうコメンテーターは必要ないっていう意見になると思う。じゃぁ、必要だという人たちだけで番組やりなさいよ、誰も見なくなるよ。BS放送とかでそういう番組はやっているでしょ?

 出てる有識者と言われる人たちだって、専門外のことをめちゃくちゃたくさん語っているよ? 語っている人が、「教授」なのか「芸人」なのかそのカテゴリーだけの問題。芸能ニュースを大学の准教授が語っているときだってありますよね? 芸能人の離婚とか不倫とか。専門分野以外を語るなってなるのであれば、辞めさせろよってなりますよね。そうなったらテレビ自体が面白くなくなる。だから、テレビって誰が出たっていいんですよ。

 テレビに出ている人は、自分の考えを言えばいいんですよ。学がないヤツはみんなバカなのか? 勉強をやってきていない人が30代、40代になって、その人が人間的に大事な事を知っていることもあるじゃないですか。そのことを言葉にすればいいだけ。

 コメンテーター自体が必要ないという意見もよくわかります。コメンテーターをなぜ置いているかというと、まず、より詳しい知識を見ている人たちに与えるパターン。情報番組でのコメンテーターは世の中の意見ですよね。社会の代表とまでは言わないけれども様々な意見があるということ。主婦のコメンテーターがいて主婦の意見はこうですねとか、タレントさんの意見はこうですねとか。そこには様々な意見があって、それがお茶の間なんですよ。お茶の間であるニュースに関して腹が立ったり、同意したりということが起きる。賛否がないテレビ番組っていうのが一番面白くないわけだから、コメンテーターが不要だとか言っていること自体がテレビにおけるナンセンス。

 本当に嫌でコメンテーターをやっている人はいない。出ることに何らかのメリットがあるから出ているわけですよね。ギャラのメリットではなく、コメンテーターをやっていると自分の講演会で儲けられるとか他に仕事が入ってくるとか何かしらあるからやっている。芸人のコメンテーターがナシなのであれば、他の職業の人たちだって、弁護士なら弁護士の仕事に専念してろ、大学教授ならコメンテーターの仕事を何本も受けている場合じゃないだろって話になる。「必要とされていますから」って言ったって、あなた本職は違うでしょ? ってなる。芸人のコメンテーターが必要か不要かを論じるのであれば、芸人以外もたたかないと。あれはいい、これはダメという次元ではない。何回も言うけどテレビは誰でも出ていいんだから。

 昨年「#検察庁」をTwitterにあげた芸能人に対して散々芸能人も言うべきだとか、タレントも意見をするべきだとか称賛していたくせに、芸人コメンテーターの不要を唱える人は、じゃあ、あの「#検察庁」も必要なかったのね? ってこと。あぁいうことも芸能人は語るなってことね?

 コメンテーターの件で思ったのは、人間ってどうしてこうも差別や区別をしたがるんだろうな……そういうのが増えすぎているような気がして。年末年始、暇だったからTwitterをよく見ていると、Twitterではまぁーよくケンカしていますよね(笑)。有識者と言われる人たちもTwitterには悪口を書き込んでいて。たまに、個人に対しての悪口も書かれている。アイツは右だ、左だって悪口を言う。誹謗中傷はダメだって言われているのに、悪口は「自分の意見」として書き込むんだけど今それ言う必要ないんじゃない? ってこともたくさん。アンタ、面と向かっては言わないし、テレビでも言わないのにという人が、いきなりTwitterだと悪口を書き込んだりして。右の人は左の人に、左は右への悪口。普通に考えたら、そのやり方気持ち悪くねぇ? Twitterだけでいつもやり合っているのって。

 コメンテーターの存在そのものを反対だ、賛成だと言うのは自由ですけど、それを語ること自体ナンセンスだと思う。自分がコメンテーターをやっているから自分を守るために言っているのではなく、俺も必要なかったら切られるだろうし(笑)。そこだけでメシ食っているわけではないし。

■カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。オンラインサロン「竹山報道局」は、ネットでCAMPFIRE を検索→CAMPFIREページ内でカンニング竹山を検索→カンニング竹山オンラインサロン限定番組竹山報道局から会員登録