霜降り明星、EXIT、ハナコなど、「お笑い第7世代」と言われる芸人たちの起用が増えている昨今。バラエティ番組からドラマまで活躍を見せる一方、最近は40代、50代の中堅になってさらに人気に火が付くという芸人も多い。



 お笑いコンビ・ずんの飯尾(52)は「ぺっこり45 度」「忍法メガネ残し」など、独自の世界観から繰り出されるギャグがお茶の間に浸透。アラフィフなってブレイクを果たした。ピン芸人のヒロシ(48)は自身のYouTubeのソロキャンプ動画が話題に。現在、チャンネル登録者数 100万人を超え、屈指の人気となっている。また、お笑いトリオ・東京03の角田晃広(47)は昨年、高視聴率を連発したドラマ「半沢直樹」(TBS系)で東京中央銀行・証券営業部の三木重行を好演。「半沢」後から角田はCMに引っ張りだこだが、「今年は東京03・飯塚悟志(47)の人気も跳ね上がる」と話すのは週刊誌の芸能担当記者だ。

「東京03のリーダーで、脚本力も高くコント職人という印象が強いですが、一方、昨年12月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の『ついつい深夜に食べちゃう芸人』で、毎回突っ込みを担当しているアンジャッシュ・渡部建の代役で出演し、的確かつ優しさを感じさせる突っ込みが大好評でした。SNS上でも、『なごんだよ〜』『おもしろかった! 神回!』と称賛の声が目立っていましたね。また、昨年12月、雨上がり決死隊の宮迫博之が自身のYouTubeで、『芸人の中でいちばん演技が上手い』というトークテーマにおいて飯塚の名を挙げ、『ただそこに立ってるだけの芝居がめちゃくちゃ上手い』『普通に歩くっていう芝居がいちばん難しかったりするわけ。でもそれが普通に自然にできている』とベタ褒めしていました」

 実際、昨年10月期のドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)で、コンビニの店長役を好演。現在、CMでは受験生役の加藤清史郎を見守る教師役も見事にこなしている。話題作に出演すれば、角田のように俳優としての知名度もアップするだろう。一方、笑いに対する情熱も凄い。「ザテレビジョン」(2019年8月19日配信)では角田が飯塚について、「お笑い以外の趣味がない人」「四六時中、お笑いが頭から離れないからネタの直しが早い」と語っていたこともある。

「売れない頃、角田が当時組んでいたトリオが解散して『辞める』と言い出したため、才能のある角田を辞めさせずに世に出すことが自分の使命だと思ったとインタビューで明かしていました。また、今までは『どうすれば自分が面白くなるか』ばかり考えていたが、最近は『その場が面白くなればいい』という考えに変わったとも話していましたね。空気を読むのが重要なバラエティ番組で、より力を発揮しそうですし、何より面白い人に対するリスペクトがあるので、見ていて不快感を覚えませんよね」(前出の記者)

■劇団ひとりが慕う理由

 加えて、お笑い界では飯塚を慕う芸人も多いという。バラエティ番組を手掛ける放送作家は言う。

「例えば、劇団ひとりさんは、飯塚さんから自分に合うと思うネタを書いてくれたことがあったそうで、披露すると大ウケしたことがあると以前、バラエティ番組で話していました。人の良いところを引き出す能力があるのでしょう。また、昨年、女芸人No1決定戦『THE W』で優勝した吉住さんも、事務所の先輩である飯塚から『自分が面白いと思ったことをやり続けた方がいい』と助言をもらっていたとテレビで言ってました。飯塚さん曰く、舞台の裏で一人体育座りをしていたりと、吉住の暗い性格を案じて声をかけていたそうです。飯塚さんの場合、やりとりが自然で面白くて不快感もないので、視聴者もリラックスして楽しめる。また、同業者ウケも良く、演技の仕事でも活躍が期待できる。テレビに出れば、自ずとその名がお茶の間に浸透していくと思います」

 お笑い評論家のラリー遠田氏は、飯塚に関してこう評価する。

「コントを専門にしている若手芸人にとって、東京03は今や憧れの存在になっています。毎年、大規模な単独ライブツアーで全国を回っており『コントで食っていく』という夢を実現している数少ない芸人だからです。飯塚さんは角田さんと共にネタ作りを担当していて、トリオの司令塔的な存在です。演技力があるのはもちろん、シンプルな言葉で力強く放つツッコミの技術は超一流です。その実力が最近になって、皆さんに知られるようになったということでしょう」

 質の高いコントで、お笑いファンから支持を集めている飯塚。そのお笑いスキルに加え、最近のおじさんブームも追い風となり、2021年はさらなるブレイクを果たすかも!?(丸山ひろし)