2020年は芸能事務所を退所・独立した人たちが数多くいた1年だった。その流れは止まらずに、先日も大手事務所から芸人の電撃独立が報じられた。芸能事務所「サンミュージック」に所属するお笑い芸人・カンニング竹山さんは、この風潮に疑問を感じているという。



*  *  *
 芸能人で芸能事務所から独立する人が多くて、色々騒がれているじゃないですか。時代がそういう風な流れになっているって報道されていて。人によっては芸能事務所はいらない時代じゃないかという話にもなっていますね。

 たしかに、今、誰でも自分自身で発信ができてしまうから別にどこかに所属しなくても芸能活動はできますよね。一番わかりやすいのはYouTuberで、自分で動画を配信して人気の人たちもいる。別にYouTuberに特化した事務所に所属していなくても仕事はできてしまう。YouTuberが芸能活動なのか? と言われるとちょっと違うかもしれないんですけど。

 自分で全部できるシステムにはなっているから、独立してやっていけるという流れになっている事は、それはそれで別に悪い事ではないと思う。でも、社会の風潮が独立する方がいいみたいになっているのはちょっと違うんじゃないかなと思う。

 そういう風潮になってしまうのは、“事務所にいるのもいいもんよ”っていう考えがあまり表に出ていないからで、事務所にいるメリットもたくさんあると思います。まず、余計な事を全部やってくれる(笑)。マネジメント全般そうだし、何かを準備してくれたりするのもそうだし。何かで悩んでいる時に話を聞いてくれるというのもある。悩みは大きな問題、小さな問題に関わらず聞いてくれて、一緒に考えてくれますよね。

 一番助かるのは、何か下手打った時に手助けしてくれる。たとえば、交通事故を起こしたとか不倫報道があったとか。事件を起こしたら事務所に甘えたりしたらダメなんだけど。

 一般企業とフリーとの関係と一緒で、フリーで会社を立ち上げましたというよりも、昔からある会社の方が取引先が多いから仕事が回りますよね。たとえば、トヨタや日産と新規の竹山自動車会社のどちらが取引が多いかと言えば言わずもがなですよね。部品の手配にしたって、トヨタや日産の方が多い。

 僕は所属事務所はサンミュージックですが、動画とか配信などは自分で立ち上げた会社でやっていて、ある意味“副業”をしているみたいなもの。自分1人でやると何が大変かというと、たとえばCM契約とか、サンミュージックにはCMの担当の部署があるから当然、昔からの取引先がある。そこからCMが入ってきたりもする。1人でやっていたらCMの仕事は入ってこなかったりする。

 営業の部署もあるから、地方のスーパーマーケットに営業に行くとなった時に、その部署の人たちが専門にやってくれるから、仕事も入ってくるし、準備もお任せできる。本を出版したい、音楽方面の仕事をしたい、お笑いのライブDVDを作りたい、劇場を借りたい……などなど、もちろん自分1人でもやろうと思えばできる事なんだけど、それぞれ専門に長くやってきた人たちが事務所にはいる。そこに相談がしやすいし、仕事がスムーズに回っていく。

 あとは、なによりも“看板”ですよね。サンミュージックという看板をお借りしているというか背負っているというか、テレビ局など仕事の現場では“サンミュージックのタレントなのね、竹山は”という相手に与える安心感がある。仕事をする上での安心感もあるから、事務所に入っていることがマイナスということはないと思っている。

 サンミュージックは特にファミリー的な会社だから、事務所に入っていることにメリットというのもたくさんある。社長がお年玉くれたりだとか(笑)。僕なんかは結婚記念日に社長がプレゼントをくれたこともあるんですよ。それが別に仕事に直接必要かって言えば、必要ない事なのかもしれないけれど、そういう関係性と言うか、そういうことも芸能事務所に所属しているいいところだと思う。

 辞めて独立することの方が時代の流れもあって、いい事のようになっているけれども、事務所に所属しているのもいいもんだよ、と言いたい。もちろん、辞めて独立する事が悪い事だとは全く思っていません。挑戦してみたい人はやってみていいと思う。

 僕なんかは、自分の会社で仕事したりという中途半端みたいな形だけれども、サンミュージックに所属しているからこそできる事で、サンミュージックもそれを許してくれている。もし、会社が厳しかったら“クビだ!”ということもあり得るわけじゃないですか。僕は事務所と話し合って了承してもらって、“自分の好きにやっていいよ”となっている。ものすごい大きな心で所属させてもらって、そういうありがたみも感じている。所属するという良さも意外とあるもんなんです。

 芸能事務所がこれから衰退していくという人もいるけれども、まだまだ、我々が生きている間には衰退ということはない。芸能事務所がなくても活動はできる世の中になってきてはいるし、実際、活動できている人も出てきた。昔は芸能事務所に所属していないと芸能活動はできないみたいなルールがあったけれど、そんなルールはもうない今でも芸能事務所全てがなくなるというところまではきていない。所属しているからこそのメリットもあるし、所属しているからこそできる事がある。芸能事務所もプロの集団だし、みんなが自分の事を色々と考えてくれる。

 相次ぐ独立のニュースで“独立するのがいい”みたいな流れになっているけど、芸能事務所に所属していることが“悪”ではない。所属している自分からすると、なぜこんな風潮になっているのかなと思うところもある。もちろん、所属していると事務所にお金は取られるけどね(笑)。その分、守られているし余計な事考えなくていい。事務所から独立するのがトレンドみたいなのはないよと言いたい。

■カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。オンラインサロン「竹山報道局」は、ネットでCAMPFIRE を検索→CAMPFIREページ内でカンニング竹山を検索→カンニング竹山オンラインサロン限定番組竹山報道局から会員登録