2021年 2月26日公開の映画『あのこは貴族』に出演の門脇麦と水原希子が、異なる階層で生きるまったく違うタイプの女性を演じた。2021年2月15日号では、同世代の女優二人が解放、共存、ケセラセラ……互いについて、そんな言葉で率直に語り合った。



*  *  *
映画「あのこは貴族」は、異なる階層で生きる女性たちを描いた物語だ。門脇麦さん(28)演じる華子は東京生まれ。「結婚=しあわせ」と信じ、家事手伝いをしながらお見合いをするお嬢様。一方、水原希子さん(30)演じる美紀は地方出身。猛勉強の末に慶應大学に入学したものの学費が払えずに中退し、必死に働いて生きている。

門脇麦(以下、門脇):配役だけを聞いた人から「二人の役、逆なんじゃない?」って言われたよね。

水原希子(以下、水原):そう! よく言われた。

門脇:私は美紀が希子ちゃんと聞いて、「ピッタリだな」と思った。自分の足で立って、確実に実感を持って生きてきた人だと思っていたから。それでも最初に会うシーンで、あまりにも私のイメージする“カッコいい希子ちゃん”じゃなくて“美紀”だったから、びっくりした。

水原:うれしい〜! 私は地方出身だし、美紀に共感できる部分がすごく多かったんだよね。

 華子はお見合いで幸一郎(高良健吾)と出会い結婚を決める。だが、幸一郎は美紀の大学時代の同級生であり、深い関係でもあった。共通の知人のはからいで華子と美紀は出会い、互いの幸一郎との関係を知る。

水原:美紀と会って華子がすぐに封筒を取り出すじゃない? 一瞬、「なに? 手切れ金?」と思うと「おひなさま展のチケット」って。麦ちゃんのあの表現に「うっ」となった。

門脇:私、あれはお金を渡すより残酷なシーンだと思っていて。それをなんの“邪”もなく渡せるのが華子という人だと思った。「ふわっ」と生きている人間の残酷さというか。華子を少しつかめたかもしれないと思えた大切なシーンでした。

水原:あの瞬間に美紀は「この子は自分とは違うところにいるんだ」と突きつけられる。絶対に交わらない世界なんだって。

門脇:でも、私は美紀と華子がつながっていく展開が意外じゃなかった。私自身、性格的に華子に似ているところがあるし、もし付き合っている相手にそういう人がいたとしても、敵対はしないと思う。相手が関係をそのまま続けるならそれはそれでいいかなって。ちょっと抜けているのかもしれない(笑)。

水原:美紀は幸一郎と10年も一緒にいて、家柄的にも彼が一人で決定ができないとわかっていた。だから達観というか、対立するところにもはや自分はいないと思っていたのかな。それに美紀は苦労人で、人の痛みがわかる。だから華子に対してもフラットに対峙できたんだと思う。そこにシスターフッド(女性の連帯)のマインドがある気がする。

 岨手由貴子監督は、二人のそれぞれの役へのアプローチはまったく違っていたと話す。

水原:私は監督と「いまの、こういう感じですよね?」とひとつひとつ確認しながら、美紀を作っていった感じかな。

門脇:私は「外側」から作っていくタイプ。イメージを固めるのに衣装もすごく大事だし、アドリブもできない。

水原:麦ちゃん、演技する前にコンタクト外すよね。

門脇:あ、でもね、2カ月くらい前にレーシック手術したの。すごくよく見えるようになった。

水原:そうなの? わざと外しているんだと思ってた。

門脇:昔は見えないほうが五感が働くかな、と思っていたんだけど、でも見えたほうが全然やりやすい! 大河ドラマ(「麒麟がくる」)の撮影でも「あ、長谷川(博己)さんってこんな顔してたんだ」って。いままでぼやっとしてたから、相手の演技からキャッチできるものも出来ていなかったのかもって。

水原:ウケる!(爆笑)

 現代を生きる女性のリアルが描かれると同時に、家柄、学歴、性別などの、社会の格差や生きにくさも描かれる。

水原:格差は海外に行くとより突きつけられるかな。ファッションの世界にはどうしても階級みたいなものがある。多様性の時代だ、と言われて「やっとアジア系にもチャンスが!」と思っても、実際に現場に行くと全然歩み寄る雰囲気がない。泣いたこともあったけど、もはや「まあ、いっか」。

門脇:日本にもいろいろあるよね。例えばいまだに親が結婚相手の育ちを気にする、とか。

水原:あるある。

門脇:この映画は女性の生きにくさだけじゃなく、男性の生きにくさも描いている。生まれる場所は誰も選べないけど、自分をその状況に縛っているのは自分自身でもある。美紀も華子も幸一郎も「自分はこうあるべきだ」とどこかで自分を縛っていた。そんな彼らが出会うことで、自分を縛っているものから、少しずつ解放されていく物語だと思っている。

水原:相手を完全に理解できなくても、どれだけ歩み寄って共存するかが大事だよね。ここ数年で#MeToo含め、いろんな声があがるようになって、私自身もSNSで発信してきたりもしたけれど、いまはどうすれば共存できるのかを考えるようになった。すべてに関わることはできないし、人を力ずくで変えることもできない。なにごとも「ケセラセラ(なるようになる)」。そしてなるべく共存スタイルでいこう、って。

門脇:すごくよくわかる。それに最近、いい意味で自分を許すことも大事だと思っている。努力をしないのとは違うけど「いまはここまでしかできないので、すみません!」って。そうやって自分を縛っていたものを外して、「いいよ、いまの自分で」って思うと、楽になれる。

水原:本当にそう。いまある自分がすべてだし、人生は1回きり。自分の好きなものや興味のあることにフォーカスして、それを追求し続けたり、感じたことに正直でいたいよね。

門脇:ケセラセラ!だね。

(構成/フリーランス記者・中村千晶)

※AERA 2021年2月15日号