2020年3月、10年ぶりにパリコレに復帰して話題を集めた。今年39歳を迎えるスーパーモデルは、感覚を研ぎ澄まし、自分の引き出しを開き続け、カメラの前に立つ。AERA 2021年3月1日号から。



*  *  *
 新しい引き出しを開き続けている人だ。一昨年のドラマ「グランメゾン東京」や「オー!マイ・ボス! 恋は別冊で」(放送中)の出演といった俳優業、昨年3月に出版された『冨永愛 美の法則』の執筆や、絵本『女の子はなんでもできる!』で初めて手がけた翻訳など、表現者としての活躍が目覚ましい。コロナ禍も忘れてしまうほどだ。

冨永愛(以下、冨永):コロナ禍だからといって、ありがたいことにそんなに仕事の変化はありません。ただ、(2020年3月に)約10年ぶりにパリコレクションのランウェイに復帰して、第1段階はクリアだなと思ったところで、新型コロナの感染拡大が始まった。次に行けないのは、悔しいですね。コロナ禍で一番変わったのは、ファンの人たちとよりつながろうという気持ちです。実際につながることができない分、少しでも何かできればと考えています。

■チャンスをつかむ準備

——出演作が相次ぐが、俳優業をどう捉えているのだろうか。

冨永:演技は機会があれば、今後も挑戦してみたいですね。大河ドラマもやってみたい。時代劇だと着物のサイズがないかな(笑)。でも、男役をやれたら面白いかもとか、勝手にいろいろ考えています。演技レッスンも受けています。チャンスが来たらつかめるように、が昔から私のモットーです。時間がある時は、怠りなく準備しています。

——とはいえ、いま一番一生懸命していることは、「モデルを継続していくための体のメンテナンス」だという。

冨永:食事とかトレーニングとか。今は、身体をガッツリ追い込む日が2週間に1回。普段は1日おきか2日おきに30分だけ、家でトレーニングをしています。ヨガはその前に必ずやります。内容は体幹トレーニングだったり自重トレーニングだったり、ダンベルを使ったりといった筋トレです。走ることは嫌いなのでしません。私は走ると膝を悪くする体形らしいので、無理に走らない。歩くのは好きなので、歩いています。

 もともと細くてたくさん食べてもガリガリでした。20代半ばごろから体を変えよう、筋肉でデコレーションしていこうとトレーニングを始めたんです。大変ですが、徐々に理想に近い体になっています。

——出産や3年間の休業など、人生のターニングポイントは何度となく迎えてきた。

冨永:一番大きいターニングポイントはやはり、自分がモデルになったことでしょうね。17歳からキャリアをスタートしましたが、当時は長く続けられる仕事ではないと思っていました。今と時代も違って、モデルの間で20歳を超えたあたりで、「これからどうしようか」という話になりましたから。「愛はいいな、日本の中で完結できる仕事があるから。私は国に帰ってもモデルの仕事なんかないからね」。違う国のモデルからそう聞いた時は、「めちゃくちゃ恵まれているな、私」と思いましたね。

——モデルが20代前半で「第二の人生」を考えなければならない時代があった。だが、昨年、10年ぶりのパリコレに参加して驚いた。モデルの多様化が進み、待遇も大きく改善されていた。

冨永:モデルの中でも、世界で活躍できる人数は一握りどころか爪の先くらいしかいません。そこからさらに精査されていく。今はモデルを10代から始めるのではなく、例えば50代、60代から始める人もいるでしょう。モデル業界は本当に変わりました。多様性のある業界になったことで、より見せ方の幅が広がると思いますし、私たちが与える夢に共感できる人も増えてくると思います。「美しさとは何か」を考えれば、それこそ多様であるべきなのです。その点ではいい時代になりつつあると思います。

■パワーをもらっている

——キャリアの幅を広げる一方、国際協力NGO「ジョイセフ(JOICFP)」のアンバサダーを務めるなど、社会貢献活動にも携わってきた。

冨永:その時々に私が感じるところで支援しています。女性を意識しているわけではないのですが、気づけばそうなっていますね。ジョイセフは女性の命と健康を守るための国際NGOですが、出合ったのは2010年。子どもが幼稚園くらいだった頃で、妊産婦を守るということにビビッときたんです。昨年12月に出版された『女の子はなんでもできる!』の翻訳は、男女差別やジェンダーの問題に取り組むことが当たり前になってきた今の時代だからこそ。大変でしたが、この絵本が出ることに意味があると思って取り組みました。私が子どもの頃にはなかった種類の絵本だけに、この挑戦はきっといい経験になるだろうと思ったんですよね。

——社会貢献にどんな思いを込めているのか。

冨永:サポートすることで、逆に、私がパワーをもらっているんです。ジョイセフでアフリカのタンザニアやザンビアへ行きました。貧しい国々ですし、出産時の死亡リスクも高い。それなのに、皆さんが慎ましくたくましく、素敵な笑顔で生きている。そんな彼女たちを見た時に、私も頑張ろうって思えましたし、「頑張らなきゃ!」と元気になります。

——今年8月で、30代最後の年を迎える。

冨永:私の周囲のみなさん、40代が一番美しいって言うんですよ(笑)。30代はあっという間に過ぎました。だから、40代もあっという間だろうと思います。そう思うと、やりたいことをやっておきたい。一日一日を大切に生きていきたいと、最近本当にそう思います。いつ死ぬかなんて誰もわからない。だから、生きているって素晴らしいとか、自分がモデルという職業に出合えて良かった、とより思うんです。

■努力するからこそ

——年齢を重ねてきて「美」に対する意識は変わったのだろうか。

冨永:受け入れることも大切だと思います。抗(あらが)うこともすごく大切です。努力するから、美しさが引き出されることがある。切った貼ったみたいな整形は、簡単にできるわけではないし、やりたくもない。そうすると、ある程度のシワは仕方がない。鏡を見てがっかりするのは絶対良くないから、加齢も良い方向に考えます。この化粧品を使ったら肌に艶が出てきた、とか。嫌なところばかり見ていたら暗くなってしまいますよ!

 人は絶対に年を取る。ありがたいことに、私の周りには美しい人生の先輩たちがたくさんいます。仕事を生き生きとしているし、明るくてすごく優しい。私もそうなりたい。だから、年を重ねることって悪くないなって思うんですよね。

(フリーランス記者・坂口さゆり)

※AERA 2021年3月1日号