人気ドラマ「孤独のグルメ」を始め、数々の映画やドラマ、舞台で知られる松重豊さん。昨年は短編小説とエッセーが収録された『空洞のなかみ』を刊行と、活躍の幅を広げる松重さんが作家・林真理子さんと対談。いろいろな話を伺いました。



*  *  *
林:やっぱりお背が高いですね。今日は松重さんにお会いするので、めずらしくヒールの高い靴をはいてきました(笑)。コロナで大変な状況ですが、お仕事はいかがですか。

松重:おかげさまで今は何とか通常どおりの撮影の形に戻ってますけど、いつ中止になるかわからない状態でやってますね。

林:それは大変ですね。舞台もかなり影響が出てきているみたいですね。

松重:僕は去年と今年は舞台が入ってないので、個人的には影響はなかったんですが、同業者の話を聞くと、ちょっと耐えられないぐらいの状況ですね。

林:初日に向けてテンションを高めて高めて、初日の2日前ぐらいに中止って言われたら、どんなにつらいだろうかと思いますよ。

松重:本当にそう思います。僕は、テレビとか映像をやる前から劇場で育ってきたんで、劇場がよりどころですからね。そこがいま機能していない状態で、これが続くと、今後の日本の演劇界、俳優さん、作家さん、劇作家さん、シナリオライターが育つ土壌がなくなって枯れちゃうんで、恐ろしいです。

林:ほんとそうですよね。

松重:ヨーロッパは出演料の8割を補償してるんですけど、日本の演劇人は声を上げづらい状況になっているのが悲しいです。声を上げてもたたかれるだけなんで。

林:私の仕事もそうですが、「おまえら、好きなことやってるんじゃないか」というのが根本にあるんですよね。自由業に対して非常に冷たいですよ、この国は。

松重:「アリとキリギリス」の話にしても、「おまえら、夏のあいだ歌ってるからダメなんだよ」が日本の解釈ですけど、「それぞれが助け合って生きていく」という話でもあるんですよね。そういう国にはまだなってないと思います。

林:「文藝春秋」のコラムにも書いてらっしゃいましたけど、2019年の大晦日は韓国の釜山にいらしてたんですよね。

松重:ああ、食べる番組(ドラマ「孤独のグルメ」)ですね。19年の年末から20年の1月にかけて、台湾と韓国と中国を行ったり来たりしてたんです。ありがたいことに、あのドラマが韓国や中国ですごく人気があって、そこでお仕事をもらえる機会が多いんです。

林:そうなんですか。日韓問題もいろいろありますけど、食べることに関しては韓国の人もみんな笑顔で、日本人が食べてるのを見てるんでしょうね。食に関しては万国共通なんだよなと、あらためて考えながら見ちゃいました。

松重:食べるっていう行為に関しては、国境を軽く越えられるんだなと思いましたね。

林:「孤独のグルメ」は、あちらでも人気なんですね。

松重:人気ですよ。台湾ではリメイクで向こうの俳優さんがやられてますし。

林:へぇ〜。主人公の井之頭五郎さん、お酒が飲めないところがいいですよね。お酒を飲むと、また展開が違ってきちゃいますけど。

松重:ハハハ。そうなんですよね。

林:そしてまた、食べ方がきれいなんですよね。おいしそうに残さずきれいに召し上がるんで、見ていて気持ちがいいですよ。「こういう食べ方もイケるぞ」とか言って、ソースの中にご飯を入れちゃったり、お行儀の悪い食べ方をするときもあるけど、残さずきれいに召し上がるんですよね。

松重:パスタとか麺類は音を立てないで食べろって言いますけど、やっぱり音を立ててすすりたくなるんですよね。行儀に関しては申し訳ない部分もあるんですけど、僕、普通の日本人として生きてきてるんで、自分が「これじゃないとおいしいという感情が立ち上がらない」と思う部分は正直にやってます。

林:ほんとに毎回おいしそうです。ところで、昨年初めてお出しになった『空洞のなかみ』という短編小説とエッセーが収録された本ですけど、ショートショートがおもしろくて。でも、松重さんって主役や準主役の位置にいらっしゃるのに、みんなと一緒にロケバスに乗せられたりして、これって何年前の話かなって皆さん思うんじゃないですか。

松重:いやいや、今でも京都の撮影所に行けばこういう日常がありますよ。

林:でも、松重さんクラスの宿泊費が税金引かれて1泊3600円なんて、これは昔の話ですよね。

松重:そんなことないです。宿泊費も満額は出ない状態だから連泊するごとに赤字になっていくし、新幹線代も税引きの金額しかくれないので、消費税分は自腹を切らなきゃいけないんですよ。そんなこともあって、だんだんみんな京都に行かなくなったので、向こうも譲歩していって、今はそこそこいい条件になってきてるんですけど、ベースの基準はこれです。

林:そういうお金のこととか、夏はお弁当が傷むからロケバスの網棚の上に置きっぱなしにしないとか、おもしろさってそういうディテールに宿るんですよね。

松重:ありがとうございます。言ってみれば些末な話なんですけどね(笑)。小説は完全に書き下ろしで、去年の4月にひと月で書いたんです。コロナでやることがなかったんで。

林:さすが文学部ご出身で、初めて書いたとは思えないです。

松重:自分の中の妄想を自分の職業の身近な話に置き換えて書きました。これから先、俳優業もどうなるかわからないし、いますぐ困ることはないにしても、将来的に自分が俳優としてお呼びがかからなくなったときでも、何かできることを探しておいたほうがいいなということで書き始めたんです。

林:楽しかったですか、お書きになるの。

松重:楽しかったですねえ。俳優の仕事っていうのは、原作が脚本家におりてきてシナリオになって、テレビ局が入って、スポンサーがいて、ものすごくいろんな方々の手が入るわけですよね。僕たちは書かれたセリフをト書きどおりにしゃべって「はい終わり」という仕事なので、自分自身が入る余地ってないと思ってたんです。でも、物語を書くってことは、出発点も着地点も自分で決められて、どこを経由してもいい。一人で完結させられる。それが楽しかったですね。林さんは、書くことは楽しいですか。

林:書いてるうちに体が勝手に動いてきて、締め切りがなければすごく楽しいですよ。つらいと思った人は続かないんじゃないですかね。

松重:作家さんは、表に出したくない部分とか、奥にしまっておきたいものを出さなきゃおもしろくならないという覚悟が必要ですよね。

林:でも、小説だとフィクションの顔をしてればいいですからね。エッセーだと「こんなこと考えてるの? イヤらしい」とか言われますけど、フィクションならどんなことでも書けます。それにいまエッセーも“いい人”にならないとたたかれますから、「くちびる寒し」という感じです。

松重:数行だけ切り取ってそこに焦点を当てて悪い解釈をするという遊びが広がっちゃいましたよね。それが作り手を萎縮させておもしろいものがつくれなくなっている。そうやって萎縮しちゃうと、つまらないものを一生懸命つくってるようなものですからね。それじゃ、しょうがない。

林:ほんとそう思います。でも、劇場は最後の砦で、何したっていいと思いますよ。

松重:そうです。それをもうちょっと広げていくにはどうしたらいいか。たとえば本を書くとか、俳優という仕事に還元できる方法を模索しようと思ってるんです。幸いなことに、この本、もうすぐ中国とかでも出されるんですよ。

林:素晴らしいですね。

松重:今、日本以上にどんどん進んでいる韓国や中国の映画界とも、もっと交流したいと思ってるんです。彼らともっと情報交換して、僕ら日本が置いていかれないようにしたほうがいいと思うんですよね。

林:もういろいろお話があるんですか。

松重:「一緒にお仕事やりたいですね」という話はあるし、一昨年は北京国際映画祭にも行って、向こうの俳優さんともお話ができました。向こうの人はありがたいことに日本の映画とか俳優に興味津々なところがありますので、そういう人たちとおもしろいものをつくることが、これからの活路になるんじゃないかと思ってます。

林:私も先日、映画の原作権が中国で売れたんです。けっこういい値段で買ってくれたんでびっくりしました。でも、代理店にかなり取られちゃった。すいません、セコい話で(笑)。

松重:ハハハハ。でも、マーケットがでかいですからね。アジアの国々の距離が縮まって、アメリカやヨーロッパの向こうを張って、いろんな文化がアジアで花咲いてほしいと願うばかりです。

(構成/本誌・松岡かすみ 編集協力/一木俊雄)

松重豊(まつしげ・ゆたか)/1963年生まれ、福岡県出身。明治大学文学部在学中から芝居を始め、86年に蜷川スタジオに入団。2007年の映画「しゃべれどもしゃべれども」で第62回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。12年、「孤独のグルメ」でドラマ初主演。19年、「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」で映画初主演。20年放送のミニドラマ「きょうの猫村さん」で猫村ねこを演じて話題に。「深夜の音楽食堂」(FMヨコハマ)では、ラジオパーソナリティーも務めている。著書に『空洞のなかみ』(毎日新聞出版)。

>>【後編/松重豊「三谷幸喜には才能がないと思った」 下積み時代を振り返る】へ続く

※週刊朝日  2021年3月12日号より抜粋