鳴かず飛ばずだった韓国の女性アイドルグループ。解散を話し合った翌日、突然、人気が爆発した。背景には韓国独自の文化や事情があった。AERA2021年4月12日号に掲載された記事で、その経緯と背景を紐解く。

*  *  *
 韓国音楽界で今、話題を独占しているのが、崖っぷちから復活を遂げた4人組のガールズグループのBrave Girlsだ。長い間芽が出ず、解散を話し合った翌日にアップされたユーチューブをきっかけに、2017年3月に発表した「Rollin’」が大ヒットした。復活を後押ししたのが、Real ARMYの存在だった。

■戦闘服の軍人が熱狂

 復活の烽火(のろし)となったユーチューブは2月24日にアップされた。Rollin’を熱唱する姿に、様々なコメントを重ねた映像だった。複数の放送局のなかで、目を引いたのが、韓国・国防広報院が運営する国防テレビの番組「慰問列車」からの映像だった。Brave Girlsは空軍第1戦闘飛行団、陸軍第37保衛師団などを慰問公演で訪問。戦闘服を着た若い軍人たちが両手を振って熱狂する姿が映し出された。同時に、「ミルボード(militaryとbillboardを合わせた造語。軍隊内のヒットチャート)だ」「入隊してすぐ先輩に教えられ、除隊前に後輩に教えた」などというコメントがずらりと並んだ。この映像は3月31日現在で、1472万回以上も再生された。

 同時に、Rollin’の人気に火がついた。韓国メディアによれば、2月第3週に比べ、第4週のストリーミング再生数は707%、その翌週は1万7842%に激増。ユーチューブを見た軍人やMZ世代と呼ばれる20〜30代の若者が中心とみられる。3月半ばには、韓国最大の音楽配信サイト「MelOn」で1位に輝いた。

 Brave Girlsは11年に5人で結成されたが、初期メンバーは全員脱退。現在のミニョン、ユジョン、ウンジ、ユナは16年に加入した。3月3日に収録されたユーチューブ番組で、ユジョンは「私たちのチームは若くない。(韓国式の数えで)32、31、30、29歳。今年に入って、メンバー同士で、もうだめだ。早く整理した方が良いという話をしていた」と語った。解散の話が出たのは、復活の契機になったユーチューブがアップされた前日の2月23日だった。ユジョンは、「みんなで、人気が出ても、一瞬で終わると話していた」とも語る。

 同時に、ユジョンは応援してくれる軍人たちに感謝の言葉を贈った。「防弾少年団のファンはARMY。でも空軍の人が、俺たちはReal ARMY、K ARMYだ、と言ってくれて、すごく心強かった」と話す。

 確かに、徴兵制を採る韓国では、学校や職場と並んで軍隊を通じたつながりは強固だ。軍での服務期間は以前より短くなったが、陸軍と海兵隊が18カ月、海軍が20カ月、空軍が21カ月などとなっている。06〜08年、陸軍第8師団で勤務したソウル市の会社員(38)は「軍の同期は24時間一緒に生活し、一番つらい訓練を共に経験した仲間だ。お互いに助け合おうという気持ちが一番に湧く相手だ」と話す。今でも韓国軍海兵隊では、除隊した先輩が街中で制服を着た後輩を見かけたら、必ず小遣いを渡すという習慣も残っている。

■半数の国民が軍隊経験

 一方、こうした現象を見ると、日本とは違う韓国独自の文化を意識せざるを得ない。

 日本政府関係者からは最近、「韓国の経済規模は先進国並みになっているのに、どうして先進国のような外交ができないのか」という声をよく聞く。その理由の一つは、北朝鮮にばかり目を奪われ、韓国が地域の安全保障に貢献していない実態がある。3月にあった米国のブリンケン国務長官とオースティン国防長官の日韓歴訪の際、韓国は米国が最も重視する対中国戦略で歩調を合わせられなかった。

 ただ、韓国と北朝鮮は依然、休戦状態にある。国民の半数が軍隊生活の経験があるなか、どうしても北朝鮮ばかりに目が向くという事情も無理からぬところはある。

 Brave Girlsの奇跡の復活からは、そんな日韓の違いを読み取ることもできる。(朝日新聞記者・牧野愛博)

※AERA 2021年4月12日号