「M−1グランプリ」「R−1グランプリ」を制し、若手お笑い芸人の代表格として人気上昇中の霜降り明星・粗品。かねて世界的ピアニストとのピアノ共演やボカロ(ボーカロイド)楽曲の発表などミュージシャンとしての才能が注目されていたが今春、ユニバーサルミュージックの協力のもと、音楽レーベル「soshina」を立ち上げ、音楽活動を本格化させた。



 3月31日には、レーベル第1弾楽曲として実力派ミュージシャンたちを起用し、自らが作詞・作曲・編曲などを担当した「乱数調整のリバースシンデレラ feat.彩宮すう(CV:竹達彩奈)」を配信リリース。お笑い芸人にとどまらない表現者としてはばたき始めたが、どんな思いで音楽活動に臨み、どこへ向かうのか。

 ――昨年、YouTubeで発表されたボカロ楽曲たちは大きな反響となりました。いずれも強烈な個性を感じる内容。『Hinekure』の歌なんて、頭から「自分のことが嫌い」と。

「『Hinekure』は王道の名曲が刺さらない人に刺さったらいいなと思って作りました。あんまり気づかれてないんですが、サビで『強い』『弱い』という正反対の言葉を重ねて連呼することで、リスナーがいつの間にか『いつわり』って聴こえるように工夫しています。『俺は強い』と言い張るけど、もう一人の自分は『お前は弱い』ってささやく……そういう心理ってあるじゃないですか。自己嫌悪があって、ほんまに友達がおらん人とか、そういう人への応援メッセージになればいいなと」

「そんな感じで曲ごとにいろんなテーマや個人的に面白いと思えるポイントを設けています。例えば『ぷっすんきゅう』は僕が昔あこがれていたボカロ全盛期の歌詞……それこそハチさん(米津玄師。かつて用いた名前から)とかをイメージして作りました。わかりそうでわからない、実は意味があるんじゃないかと深読みしたくなるような感じをめざしたんですね。『サンパチスター』も僕が熱くストレートにメッセージを発してる部分だけが注目されがちなんですけど、実は1番と2番で伴奏と主旋律を入れ替える試みをしています」

 ――音楽を通して、何を表現したいのですか。

「漫才では“笑い”以外の表現が難しいですよね。その点、音楽は自由です。これまで漫才だけでは表現しきれなかったことを音楽で表現したいという思いがあります」

 ――楽曲を聴くと、ガレージロックからクラシックまで幅広い音楽の要素を感じます。これまでどのような音楽に触れてきたのでしょう。

「小さい頃からピアノはやってましたけど、他にもロックとアニソンに影響を受けた部分が大きいと思っています。ロックはザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズ、Hi−STANDARDとかシンプルなサウンドのバンドが好きです。でも“萌え声”のアニソンも好きだし、エッチなゲームの曲も聴く。そこから派生してボカロの曲も聴くようになりました」

 ――ロックとの“出会い”は。

「友達がザ・ブルーハーツが好きでCD貸してくれたんです。『野音 Live on ’94 6.18/19』っていう野音(日比谷野外音楽堂)のライブアルバムなんですけど、それがめっちゃカッコよくて13歳の時にギターを始めました」

 ――ボカロとは。

「高1だったと思います。ニコニコ動画ではやっていた『メルト』とか『みくみくにしてあげる♪【してやんよ】』みたいな初期のボカロから聴き始めて、WOWAKAさん、ハチさん、トーマさんに影響を受けました」

 ――そもそも、どんな学生だったのですか。

「小、中学校の頃は授業中に笑いとったりして、クラスの人気者みたいなキャラクターでした。でも高校になると『そういうのダサいな』って思うようになったんです。自分以外にも授業中に笑いとるやつはいたんですけど、そいつ見てても別に面白くなくて。今思うと少しトガってましたけど、他のやつとは違う表現がしたいという気持ちが芽生え始めてたんだと思います。それが音楽やお笑いをやるきっかけにもなりました」

 ――なぜ、ミュージシャンじゃなくて芸人に?

「学生時代に『音楽を職業にしたい』『お笑いを職業にしたい』って思ったことはなかったんですよ。どちらもなんとなく趣味でやってたけど、先に結果が出たのがたまたまお笑いやったんです。『ハイスクールマンザイ』とかで上位に入って『俺、向いてるんちゃうか?』と思ってその道に進みました」

 ――今回のレーベル「soshina」はどのような経緯で設立したのですか。

「ユニバーサルミュージックさんの企画で、ラン・ランさん、土屋太鳳さんとピアノを弾かせていただいたのですが、それがきっかけでユニバーサルミュージックさんとよくお話をさせて頂くようになりました。自分の目が行き届く範囲で、しっかり音楽と向き合いたいな、と思い、また、ジャンルを限定せず、色々な方と音楽を作りたいという思いもあり、ユニバーサルミュージックさんのご協力のもと、レーベル設立の運びとなりました」

 ――レーベル第1弾の「乱数調整のリバースシンデレラ」は、実に難解なタイトルの楽曲です。

「童話『シンデレラ』を踏襲したストーリー仕立ての歌詞になっています。今回、ミュージックビデオ(MV)も監修しているんですが、歌詞を1行書くごとに絵コンテも1枚書いて……という作り方をしました。すごく時間がかかってしまいましたが、その分濃密な内容になっているので、ぜひ映像と一緒に楽しんでもらいたいですね」

「ギターにReiさん、ドラムに石若駿さんという同い年のミュージシャンを迎えて制作しました。それぞれトップミュージシャンなので恐れ多いんですけど、彼らに参加して頂くとでこれまでこだわりきれなかった部分をカバーすることができました。ボーカルの竹達彩奈さんもともと声優として大好きな方でしたし、1度共演させていただいた際に仕事への真剣な向き合い方や歌声に感動したことがあって今回オファーさせていただきました」

 ――多くのミュージシャンやエンジニアと楽曲制作では、プレッシャーもあったのでは?

「プレッシャーはなかったですね。自信家なところがあるんで、多少のことは『いや、大丈夫でしょ!』と。むしろ、自分一人ではできないことを、自分が望む以上のクオリティーでチームで実現してゆける楽しさが先行していました。楽曲、映像ともに多くの方に支えてもらったおかげだと思います」
 ――どんな音楽作りをめざしていくのでしょうか。

「ヒャダインさんをリスペクトしてるんです。ヒャダインさんの音楽は“ポップのオーケストラ”だと思うんです。めちゃめちゃトラック数も多いし、あんな音作りには憧れます。でも、根幹にあるのはブルーハーツみたいなシンプルなロックなんです。誰にでも使える言葉なのに、誰にも考えつかない歌詞。誰にでも弾けるギターなのに、誰にも考えつかない進行……みたいなことが音楽で実現できたらいいなと思っています」

「やりたいことはめちゃくちゃあるんですよ。竹達さんに歌ってもらうなんて僕にとっては夢のようなことやったけど、レーベルのおかげでそれをかなえることができた。これからもいろんな夢をかなえていきたいです。自分で歌ったり、(相方の)せいやとコンビで歌ったり。いつかはオーケストラもやりたいと思っています」

    ◇
 音楽活動をするにあたり、誰かに頼りきりで「この度、曲出しますねん!」みたいなノリだけは嫌だ、とも語った粗品。これまで漫才のネタを作ってきたのと同じように、一から構想を練り上げ、MVの細部にまでこだわりを持って作るスタンスのようだ。

 実際、今回のインタビュー後に公開された「乱数調整のリバースシンデレラ」は参加した各ミュージシャンの魅力を引き出しながらも、粗品の世界観がいかんなく投影されたすごみのある楽曲だった。

 お笑いに、音楽に、ととどまることのない“表現衝動”。若手アーティストが、日本の芸能界にどのような影響を与えていくのか、楽しみでならない。

※取材時に収録した動画をYouTubeチャンネル「AERA dot.」で公開中!

◆プロフィール
そしな/1993年、大阪市生まれ。2013年にせいやとお笑いコンビ「霜降り明星」を結成。「M―1グランプリ2018」で優勝、個人でも「R―1ぐらんぷり2019」で優勝。

『乱数調整のリバースシンデレラfeat.彩宮すう(CV:竹達彩奈)』/2021年3月31日にリリースされたsoshinaの第1弾楽曲。童話「シンデレラ」を題材にした内容で、疾走感のある“アニソン”風のナンバー。粗品が作詞作曲、プロデュース、ピアノなどを手がけた。ボーカルに声優の竹達彩奈を迎え、ギターにRei、ドラムに石若駿らトップミュージシャンが参加。

(中将タカノリ)

※週刊朝日オンライン限定記事