小池都政の新型コロナ対策の広告費をめぐりお笑い芸人カンニング竹山さんの言い間違いを発端に、小池都知事が抗議文を送ったと大騒動になった。その後、どうなったのか? 先週のコラムで語ったことからこれまでの裏側の全てを語ってもらった。



*  *  *
 小池都知事からの抗議文の件のその後に関しては10日の深夜の生放送ABEMATV「カンニング竹山の土曜TheNIGHT」で話したことが全てです。先週のコラムでも告知したように、10日の放送では都民ファーストの会の尾島都議らが出演してくれることになっていましたが、4月8日に「政治的判断で出演を見合わせる」となりました。

 そんなことで、本来やろうとしていた企画ができなくなったので、生放送2時間をひとりでしゃべるという方向性にしたんです。それが一番ストレートで隠し事なくわかりやすいだろうと。それで、番組で出した資料や都民ファーストの会の尾島都議とのやり取りの経緯とかも隠さずに出すことにしました。所属事務所のサンミュージック社長も副社長も「竹山、正しいことをしているから生放送できちんと話してこい」と言われました。いろいろな行き違いが出て“悪いのは会社だ”と、そのことはお詫びしたいと社長と副社長に言われました。

 放送でも触れたことですが、サンミュージックの会社組織も新年度から新しくなったところに今回の抗議文の一連の騒動があって、僕のところに話が下りてこないということがありました。放送では話していませんが、少し前に、僕の殺人予告騒動があった当時、危機管理に関して会社の方針が何も決まっていなかった。「何やってんだ!」って話になって一回幹部に集まってもらって、この会社はいったいどーなってんだ! となったんです。なので、その時に危機管理マニュアルを作成しました。昔から俺には殺人予告のようなものはいっぱいきているから(笑)、俺を例に出していいんで、若い女性も所属している事務所だからマニュアルを作成しようとなったわけです。会社にかかってきた電話の内容を録音できるようにするとかね。

 しかし、今回そのマニュアルなどひとつも使っていないという(笑)。なにやってんだ、あれだけ俺がみんなを集めて作ったのに! その危機管理マニュアルを用いて、社員などにレクチャーもしたんですよ。全然、守られていなかったという。それが3月までの事務所の負の遺産。4月から新しい体制にしようとしていたところに、危機管理マニュアルと新しい体制がぐちゃぐちゃのところにきたのが、都からの抗議文でした。

 ぐちゃぐちゃなところにこういうことが起こると大変なのが弊社の側の問題ですよね。でも、それは弊社側の問題で世間様には全く関係ない。でも、そういう部分も話さないといけないと思ったし、サンミュージックの社長も全て話すことを許してくれました。その点においては社長を始め会社には感謝しています。普通だったら「オマエはだまっておけ」と言われたりする。

 東京都は「カンニング竹山さんの土曜TheNIGHT」のことはすごく心配していたみたいなんですよね。生放送の前日の金曜の夜に東京都政策企画局総務部広報の方から携帯に電話があり「しっかり事実を話してくださいね」と言われていた。もちろんきちんと話をするつもりで準備していましたがね。

 生放送の冒頭でも言いましたけど、これは推測ですが、都からの抗議を受けているのは僕だけじゃないと思うんですよ。何かあったら目くじら立てて、メディアとかに抗議を送り続けてきたと思うんですよ。もう、そういうことは止めよう! それやって、何になる? それやって都民が喜ぶのか? 都民のための都政ではないのか? 都民が一番って言っていた政党「都民ファーストの会」ではないのか? それで、票をもらってんだろ?

 ということは抗議を相手にぶつけるのではなくて、どうしても何か言いたいことがあれば話し合いませんか? そういう態度でないと都民ファーストでもなんでもないだろ。都政の場合、国政と違って、都民は直接都知事を選べるわけでしょ? なのに今、都民と都政の距離が離れている感じがしますよね。都民ファーストとか言ってんのに、今までで一番、都民と都政が離れている感じがする。これってなんなんだ? 僕は都民ファーストをつぶしたいとか、都民ファーストを引きずり下ろしたいとかそんなことは全く思っていない。

 都政が、小池都知事でも都民ファーストをでも何でもいい。ただ、こんなに都民との距離がある政治をするのって悲しくないかい? 都知事になる時に言っていたこととやっていることが全然違ってないか? 僕以外にもいろんなところに苦情を出すような暇があったら、もっとやることあるからそれをやりなさいよ! そもそも苦情を送るメールの電気代も税金だろ?

 根本的に僕は言う事は絶対に聞きませんよ(笑)。今後も何も変わらないし、「小池は何もやっていない」って、話すチャンスがあればまた言います。

 直接選ばれたみんなの知事なのに、小池さんはみんなの知事だろ? 都民のための知事だろ。だったら都民のためにやってくれ! 都民ファーストって、都「民」がファーストって言ってんだろ? 都民に寄り添って、都民のためにきちんと働けばいいんじゃないの? 

 小池さん、それができないのであれば国政にでも行けばいいんじゃないの? 地方自治って、そういうことじゃないの? 小池さんが都民のために働いてくれれば何の問題もないし、僕は小池さんに対して旗を立てて反対運動をしたりしませんよ。そんな気もサラサラないし。だから今までと変わらず、都知事のことも都政のことも思ったら言うし、ひとつも忖度なんかしねぇーぞ。そこに意地を張っているわけでもないし。ちゃんと、いままで通りやっていくつもりです。

 鈴木おさむさんの先週のAERAdotのコラムにあったように、俺を都庁の何かに起用するというのであれば、もっと都民と寄り添えますよね。そいう発想の転換というか、面白いことをやるのはいいんじゃないかと思います。もし、都政に関わる何か企画があるのであれば、俺、ギャラいらないですからやりますよ! 小池さんが都知事でも(笑)。そういうことをやれば、都民は安心するんじゃない? という考えであるだけです。そもそも都とも小池さんともケンカもしていないし、ケンカをするつもりもないし。

■カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。オンラインサロン「竹山報道局」は、4月1日から手作り配信局「TAKEFLIX」にリニューアル。ネットでCAMPFIRE を検索→CAMPFIREページ内でカンニング竹山を検索→カンニング竹山オンラインサロン限定番組竹山報道局から会員登録。カンニング竹山とCalmeraによるユニット・タケヤマカルメラが「ヘイ・ユウ・ブルース」のカバーを披露。「ヘイ・ユウ・ブルース 〜許せ、友よ〜」はこちらから→https://calmera.lnk.to/hyb