ミュージカル俳優・浦井健治が俳優生活20周年を記念したセカンドアルバムを3月にリリース。4月20日の記念コンサートを前に話を聞いた。AERA 2021年4月26日号に掲載された記事を紹介する。



*  *  *
──「エリザベート」「マイ・フェア・レディ」など多くのミュージカル作品に出演。ストレートプレイや映像作品にも活動の幅を広げてきたミュージカル俳優・浦井健治。今年3月、俳優生活20周年記念アルバム「Piece」(ポニーキャニオン)をリリースした。4月20日には記念コンサートも予定している。

浦井健治(以下、浦井):20年でたくさんの人たちとの出会いがありました。演出家、プロデューサー、すばらしい先輩、仲間……。みなさんに励まされ、その背中の大きさを見つめて成長してきました。贅沢で幸せな20年でした。

──ミュージカル俳優としてその名を刻む浦井だが、そもそもミュージカル俳優になりたいと思っていたわけではなかった。

浦井:僕は(ユニットを組む)井上芳雄さんや山崎育三郎くんとは違って、声楽を志していたわけではありません。2000年に「仮面ライダークウガ」で俳優デビューした翌年、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」で初舞台を踏みました。その後、04年の「エリザベート」で初めてミュージカルの発声を学んだのです。実はそれが決まるまで、僕はミュージカルを見たことがありませんでした。それで「レ・ミゼラブル」を見て……。そこから死に物狂いで発声を学んできました。

 高校では軽音楽部でボーカルをしていましたが、芸能界へ進むきっかけは、当時レッスンを受けていたダンスの先生に「何をやりたいの?」って言われたことです。16、17歳の頃でした。

■育ての恩義に報いたい

──ミュージカル界では浦井をはじめ、井上芳雄や山崎育三郎、城田優など多くのスターが活躍し、今やチケットを取るのも困難だ。浦井もこの20年で「『ミュージカル俳優』が一つのジャンルとしてカテゴライズされるようになった」と言う。

浦井:自分をミュージカル俳優と意識し始めたのは、「エリザベート」の再演が続く中で、です。04年に出演してから05年、06年……と繰り返し再演していますが、プロデューサーや演出家の方々が企画段階から僕を育てようとしてくださると感じるようになりました。ミュージカル俳優と名乗ることが皆さんに対する恩義に報いることだと思いましたし、自分の肩書に思えることが大変光栄です。

■様々な歌唱法にトライ

──今回のアルバムは、様々な顔を持つ浦井の「Piece=カケラ」を詰め込んだ一枚となっている。

浦井:曲は歌唱法やジャンルも様々です。いろんなトライをさせていただけました。コロナ禍で聴いていただく人に元気になっていただけるようなアルバムにしたかった。前を向いて勇気を出して希望を持って、共に手を繋いで歩いていきたいとのメッセージを込めました。同時に、今自分が歌いたい曲はなんだろうという気持ちも大切にしながら曲を選んでいます。

──ミュージカルの楽曲であればハイトーンにしたり、アレンジを変えたり。随所にこだわった。

浦井:「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の「THE ORIGIN OF LOVE」は、女王蜂のアヴちゃんやメタルの神様と言われている冠徹弥さんから歌唱の極意を教えていただいて、徹底的にロックを試しています。オリジナル3曲はシティーポップ、K−POP、そしてバラードという各ジャンルをちりばめました。ジャンルは違っても、思うことの大切さや繋がることの意味などのメッセージは共通しています。

──カバー曲は20周年記念ということもあり、当時のヒット曲Kiroroの「Best Friend」とCHEMISTRYの「PIECES OF A DREAM」を選んだ。

浦井:よくカラオケで歌っていました(笑)。軽音楽部ではL’Arc−en−Ciel、LUNA SEA、SOPHIA、X JAPANなどをコピーしていました。今振り返ると、高い音の筋トレをしていたんだなって。Kiroroもその流れです。CHEMISTRYはハモりも全部1人です。めちゃくちゃ疲れましたが、自分としては癖になるな、最高だなって思っています(笑)。

──レコーディングは年始に行われた。年末の舞台で喉を壊した後だったが、無事に11曲を5日間で録り終えた。

浦井:レコーディングをきっかけに、テノールからバリトン発声をゼロから学びました。それからミュージカル「ゴースト」に挑みましたが、この学びを取り入れて自分を活性化し、バリトン発声を確立することができたんです。今年40歳になりますが、40代、50代となって役が変化していく中で、役に応じて説得力のある声を作るという目標のきっかけになりました。

■発声そのものを変える

浦井:今後テノールだけではなく、ハイバリトンからバスまで出せるようにしたい。テノール発声よりも深いところから発声できるようになったら喉を壊さないのではないかという思いもあり、今は体全体で歌うということを毎日レッスンしています。体の仕組みを変えて、発声の領域を変えると同時に、発声自体を変えることを目指しています。

──この20年、先輩たちの姿を見ながら、努力の大切さ、自分への厳しさ、失うものの大きさを知ったと言う。厳しい世界の中で生き抜いてきた彼らの顔に刻まれたシワも、彼らが抱えてきただろう重荷も、疲れた姿さえもカッコいいと感じてきた。

浦井:「それだけ生きてきたのでしょう?」と感じてしまうから。コロナ禍であっても諦めてはいけない、自分にできることを広げていけばもっとすごいことができるのではないか、と思わせてくれるのは、先輩たちの笑顔があるから。同世代が繋がってチームワークでお客様を楽しませようというのも、諸先輩を見習っている世代だからだと思います。後輩たちへのアドバイスも、先輩たちから託されたタスキの一つかなと思っています。

 20日のコンサートはアルバムの楽曲を含めたミュージカル曲を中心に、楽しいものにしていけたらと思います。昼公演のゲストに井上芳雄さん、夜公演では平方元基さんが来てくださいます。二人との掛け合いも楽しみにしていただきたいです。

(フリーランス記者・坂口さゆり)

※AERA 2021年4月26日号