「現場で死にたくはない」

 昨年の春から夏にかけて、コロナ禍での自粛生活を余儀なくされたとき、女優の尾野真千子さんは連日、そんなことを考えていた。“仕事したくない病”にかかったのは、生まれて初めてのことだった。



「突然現れた見えない敵のことが怖くて怖くて……。去年、緊急事態宣言が発令されて、私の仕事は完全な撮影ストップにはならなかったんですが、現場にいるときは集中できても、ふと我に返ると、『やめたいなぁ』『怖いなぁ』って思ってた(苦笑)。自分が罹患するのも嫌だけれど、自分のせいで誰かにうつしてしまうかもしれないことも恐ろしかったんです。いっそ1年ぐらい仕事を休んで、この見えない敵がどこかに消えるのを見届けてから復帰するのが、一番スッキリするんじゃないかと思っていました」

 そんな中、一本の企画書が尾野さんを再生させることになった。石井裕也監督が書いた「茜色に焼かれる」。コロナ禍を舞台に、夫を事故で亡くしたシングルマザー・田中良子が、これでもか、これでもかと降りかかる試練に立ち向かいながら、つらい時代を生き抜く物語だ。

「企画書をいただいたとき、『ああ、これはやらなきゃな』と思っちゃったんですよね。かなり詳細にストーリーが描かれていたんですが、石井裕也という人の変態さ加減がモロに出ていた(笑)。その変態な部分が私は大好きで、『こんな激しい作品をやってくれるんだ!』『これはきっと今撮らなきゃいけないものなんだろうな』って、ワクワクしたんです」

 映画の中で良子は、コロナ禍で経営していたカフェが破綻し、花屋と夜の店のアルバイトで生活費を稼ぐ。毎月の支出の中には、13歳になる息子と2人の生活以外に、義父の老人ホーム入居費、亡き夫が他の女性との間に作った娘の養育費までが含まれていた。その上、さらなる試練が良子と息子に次々と降りかかる。

「ストーリーを追いながら、彼女がたくましく生きてることに、励まされたような気がしたんです。私だってここで止まっているわけにいかない。“生きなきゃ”って。『自分が納得するものをやっているのなら、現場で死んだっていいじゃないか』と考えるようになった。俳優にとっては、作品は“生きた証し”になりますからね。この作品をやって死んだとしても、恨んで出てくることもないだろうな、と(笑)」

 良子は芝居が得意な人間という設定だ。石井監督は、尾野さんを想定してこの台本を書き下ろしたと思われるが、尾野さんに「なぜ良子を尾野さんに演じてほしいと思ったかという説明はあったのですか?」と聞くと、「あったと思う! でも、詳しい内容は私の口から言いたくない! 恥ずかしい!」と言って、豪快に「ヒャハハハ」と笑った。照れ屋なのだ。

 良子の生き方は愚直なほどにひたむきだが、やはり、大事な人を守りながら尊厳を持って生きるためには、働いてお金を稼ぐことが大切になる。それがどれほど大変かということにもあらためて気付かされる内容だ。ただ、尾野さん自身は、女優になってからお金のために仕事をした記憶はほとんどないという。

「良子は、息子や義理の家族のために必死になってお金を稼いでいます。私が女優をやっているのも、突き詰めれば生活のためですが、『お金をもらうために仕事をしよう』と思ったことはなくて。まだ若かった頃、奈良から東京に出てきたものの、収入が少なくて、食べたいものも我慢して、節約しながら細々と暮らしていたときは、『お金を稼がなきゃなぁ』『バイトしようかなぁ』みたいな考えが頭をかすめたことはあったけれど、いざ、お仕事をいただいて撮影の現場に入ると、お金のことなんか一切忘れてしまうんです。良子とはお金に対する執着は違いますが、ただ私も、当時何のために頑張っていたのかを考えると、『お芝居が好き』という気持ち以外に、親を喜ばせたくてやっていた感はすごくある。そこは、良子との共通点だと思いました」

(菊地陽子 構成/長沢明)

尾野真千子(おの・まちこ)/1981年生まれ。奈良県出身。97年、河瀨直美監督「萌の朱雀」でデビュー。2007年、「殯の森」がカンヌ国際映画祭コンペティション部門グランプリ。NHK連続テレビ小説「カーネーション」(11〜12年)、「最高の離婚」(13年)、大河ドラマ「麒麟がくる」(20〜21年)、藤井道人監督「ヤクザと家族」(21年)などに出演。瀬々敬久監督の「明日の食卓」は5月28日公開。

>>【後編/尾野真千子、嫌いだった「頑張る」が生きるための合言葉になった理由】へ続く

※週刊朝日  2021年5月7−14日号より抜粋