「終活」をテーマにした映画で熟年夫婦の妻を演じた高畑淳子さん。「ごはん食べながらの芝居は日本一だと思う」と笑う高畑さんは、作家・林真理子さんと同い年。夫婦、年の差婚、若き男性との恋の妄想と話はどんどん盛り上がりました。

【剛力彩芽は「芝居の天才」? 高畑淳子&橋爪功が「カンがいい」とほめる】より続く



*  *  *
林:今、小説も「夫婦、どう生きるべきか」みたいなのが売れてますけど、映画は認知症の話ばかりだから、こういう明るいのってめずらしいかもしれないですね。ネタバレになるからあまり言えないけど、後味の良い終わり方だし。

高畑:どなたかが(注:『定年夫婦のトリセツ』著者、黒川伊保子さん)、「“夫”が“彼”になる映画である」と言ってくださったんですよ。私、いい言葉だなと思って。うちの母も、最初ダンスホールで父に一目ぼれしたところから始まってるんです。母は洋裁をやってたので、父に「あんたの洋服、全部縫うてあげるわ」と言って洋服をたくさんつくったり、無職だった父に「私が食わせるわ」とかさんざん言ってゲットしたくせに、そのうち生ゴミ扱いになったわけで、やっぱり“夫”が“彼”でい続けるって、なかなか難しいと思うんです。

林:そうですよね。このあいだ、知り合いがすごく若い奥さんをもらったので、「よかったですね」と言ったら、「いや、夫婦はともに老いていかなきゃダメなんだよ」ってつくづく言ってました。

高畑:やっぱり年が同じぐらいが安心して暮らせると思います。

林:年が離れた若い奥さんだと疲れるって言いますね、みんな。

高畑:疲れると思います。林さんもそうでしょうけど、私たちだって、ときどき「見目うるわしい若い男がいたらな」と思うことがないことはないじゃないですか。でも、若い男性とずっと一緒にいたら疲れますよ、きっと。

林:でも私、池田理代子さん(漫画家)のエッセー読んで感動しちゃった。彼女いま25歳年下の人と事実婚してるんですけど、60歳過ぎたときに一目ぼれして、泣きながら告白したら「僕もあなたのことが好きです」と言ってくれたっていうんです。

高畑:ええっ!

林:でも、60歳過ぎてから25歳年下の人に一目ぼれするって……。

高畑:いや、それはあると思いますよ。私なんかずっと「愛の不時着」のあの方(ヒョンビン)の夢ばっかり見てましたよ(笑)。

林:あ、そういうのはありますよ。私も「北朝鮮に行けばこういう人に会えるかな」って思いました(笑)。でも、たとえば小栗旬さんに一目ぼれして、つき合いたいなと思ったりします?

高畑:は、はい?(笑)

林:小栗旬さんに「つき合って」とか言わないでしょう?

高畑:言わないですよ(笑)。外国旅行するような感覚ですよね。きれいな景色を見て「ここに住みたいな」と思うのと同じで、「小栗旬さんを見ながらフレンチ食べたいな」と思うことはありますけどね(笑)。

林:夫婦って、年とっても老いた夫の後ろに若いときの映像を重ねて生きていくんじゃないでしょうか。ところで、高畑さんは今も青年座にいらっしゃるんですか。

高畑:はい。

林:有名なエピソードで、高畑さんが青年座のマネジャーさんとしゃべってて、「こんなに話がおもしろいのに、芝居はつまらない」って言われたんでしょう?

高畑:それはマネジャーさんだけじゃなくて、スタッフの皆さんも言ってましたね。「ふだんそれだけおもしろいのに、芝居はつまんねえ」って。私、几帳面なところがあるんですね。ダメ出しされたことは一言一句漏らさず書いて、「3歩歩け」と言われたら3歩以上は歩かないみたいなところがあって、言われたとおりやってればお芝居が上手になれると思って。

林:へぇ〜、そうなんですか。

高畑:それに期限がありましたからね。四国から出てきて、「30歳になったら帰ってこいよ」という期限が。

林:名門県立高松高校のご出身ですよね。

高畑:名門というか、香川県では進学校ですね。入ってびっくりしました。試験の結果が良い人ばっかりで、東大にも何人も行ってましたね。私は学年のどべ(ビリ)から何番目でしたけど。

林:それでもお勉強はすごくできたんでしょう?

高畑:受験シーズンにただただ丸暗記するという、いわゆる千本ノックですね。私は水泳をやってたんですけど、運動部の人は意外と根性があって、受験にしても「数撃ちゃ当たる」ということが過去あったらしいんです。讃岐会館というホテルみたいなところに1カ月放り込まれて、受験日が重なってない大学を6校ぐらい受けさせられるんです。国、英、数、日本史の4科目の過去問だけをただただやらせて、数撃たせるという方針なんですよ。そしたら運よく全部当たったんです。

林:ひぇ〜すごい。早稲田、慶応……。

高畑:早慶、お茶の水、津田塾、東女(東京女子大)。それが一パックなんです。そこがどういう学校だとかも知らないのに受けて、受かっちゃって。

林:そのときに女優さんになろうと思ったんですか。

高畑:いえいえ。私、水泳も香川県で1番で、でも、全国大会に出たらどべですよ、どべ。勉強も、香川ではできると思ったらもっともっとすごい人がいるし、何をやっても中途半端で、「私だけにできることはないかな」と思ってたんです。

林:ええ。

高畑:受験勉強を校舎の中の風通しのいい涼しいところでみんなやるんですけど、その廊下の端っこに「蛍雪時代」という本があって、その中にQ&Aのコーナーがあって、「演劇をやりたいんですが、どうすればいいですか」みたいなのがあったんです。そこに「実技を習いたいなら桐朋学園大学短期大学部演劇専攻というのがあって、俳優座養成所の人が演技を教えています。演劇概念なら早稲田大学に……」みたいなことが書いてあって、「そんなことを考えてる人がいるんや。よし、私も桐朋学園大学短期大学部に行こう」と思って、内緒で願書を出したんです。

林:ええ。

高畑:そしたら桐朋も運よく受かって、「桐朋に行きたい」と親に言ったら、猛反対でした。

林:そりゃ当時、女の子がお茶の水に受かったというのは、もう一族郎党、鼻が高いですよね。それを蹴ってというのは……。

高畑:母にも「あんた、お茶の水に受かったんやで。あたま冷やせ」って言われました。でも母は最終的に「私は戦争中、好きなことがなんにもできなかった。あんたは、やるっちゅうたらやる子や」みたいなことを言うてくれて、猛反対する父に「お父さん、黙っとり!」みたいなことを言ってくれて。

林:まあ、いいお母さん。

高畑:そういうときは夫婦の力関係が出るんですね(笑)。母に言われて父は「じゃあ、しょうがないか」という感じになりました。

(構成/本誌・松岡かすみ 編集協力:一木俊雄)

高畑淳子(たかはた・あつこ)/1954年、香川県生まれ。桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻卒業。76年、青年座入団。30代は主に舞台女優として活躍し、ドラマ「白い巨塔」(フジテレビ系)で、医学部教授の妻を演じたことで話題を集める。以来、ドラマ、映画でも幅広く活躍。「読売演劇大賞」の最優秀女優賞をはじめ、数々の賞を受賞する演技派女優としても知られる。最新出演作となる映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」は5月21日、全国映画館で公開予定。

※週刊朝日  2021年5月21日号より抜粋