「黒人差別の問題について、最初は話さないほうがいいと思っていました」――J−POPのカバーで人気を博し、NHK紅白歌合戦にも出演したアメリカ出身の歌手、クリス・ハートさんはこう語る。白人警官による黒人男性暴行死亡事件に端を発する“Black Lives Matter”が世界中で巻き起こるなか、クリスさんがいま、日本人に伝えたい思いとは。



*   *  *
 バスケットボールの八村阿蓮選手(東海大学)がSNSを介し、自身と兄の八村塁選手(NBA・ウィザーズ所属)に対する人種差別的なメッセージを送られた事件は記憶に新しい。阿蓮選手は「日本には人種差別が無いと言ってる人がいるけどこうやって人種差別発言をする人がいます。晒してどうにかなる問題では無いと思いますが、皆さんに今一度人種差別の問題について関心を持っていただきたいと思いました」とコメント。これに対しSNS上では数多くのメッセージが寄せられ、日本における人種差別について様々な意見が交わされた。

“Black Lives Matter”(BLM)以降、世界中で繰り広げられた人種差別に抗議する運動。それは日本でも確実に広がり、芸能界、スポーツ界でも、積極的にメッセージを発信するケースが増えている。クリス・ハートさんもその一人だ。

 1984年、アメリカ・サンフランシスコ出身。10代の頃からJ−POPを歌っていたクリスさんは、2009年に来日し、13年にメジャーデビューを果たした。NHK紅白歌合戦に出演し、日本武道館公演を成功させるなど、日本の音楽シーンで確実にキャリアを築き上げたクリスさん。日本人女性と結婚し、17年に日本国籍を取得したクリスさんは、BLMについて発信した理由について、「黒人として力になれることがあると思ったから」と語る。

「最初は正直、話さないほうがいいと思っていたんです。でも、いろいろな芸能人の方がBLMの情報をシェアしはじめたことで考えが変わってきて。彼ら、彼女たちは黒人として差別された経験がない。僕はアメリカ育ちで、そういう問題も経験しているので、自分の口から説明したいと思いました」

「黒人への差別は(歴史的、社会的な)体系的な問題。理解するためには正確な知識が必要だと思います」というクリスさん。10年以上日本で暮らしてきた彼が感じているのは、肌の色や性別、年齢などで人を判断するステレオタイプな視線だという。

「デビュー当初は『アメリカに帰れ』みたいなメッセージが送られてくることも何度かありましたし、『黒人だからR&Bやラップをやるんでしょ』といった偏見を持たれることが多かったですね。アメリカでも同じで、『黒人のアーティストはR&B』というイメージが根強くあるし、実際、ロックやポップスを歌う黒人シンガーはほとんどいない。僕の場合は日本でJ−POPシンガーとして認めてもらえたので良かったですが、見た目で判断されることは今もありますね。『体が大きくて怖そう』『ドレッドヘアーの黒人は悪いことをしてそう』とか。外見でイメージを持ってしまうのは仕方がないけど、もしその人に会う機会があれば、『本当はこういう人なんだな』とわかるはずなんですけどね」

 またクリスさんは昨年、Instagramを通して「差別されたことはありますか?」とファンに問いかけた。シングルマザーや外国籍の人、障害を持った人、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもを持った親などから多くのエピソードが寄せられ、「日本も様々な差別やいじめがある」と気づくきっかけになったと語る。

「シングルマザーというだけで、『業務をこなせないのでは』と決めつけられて仕事に就けないこともあるし、外国人というだけで賃貸契約ができないこともある。そういう一方的な思い込みのなかには、差別意識も含まれていると思います。まず必要なのは、一人一人が自分の経験を話すこと。それを共有することで『自分だけの問題ではないんだ』と認識することも大事ですよね」

 クリスさんの5年ぶりのニューアルバム「COMPLEX」(7月14日発売)にも、この1年における自身の経験や気づきが反映されている。本作のテーマについて「Instagramなどを通して、どんなところにも差別があるとわかったし、コンプレックスを抱えている人もとても多い。そんな悩みや苦しみを共有できるようなアルバムにしたかった」と説明。根底にあるのは、自分らしく生きることの大切さだ。

「今回のアルバムは、13曲すべて自分で作曲しました。80年代風のレトロサウンドの曲が多くて、これまでの『J−POPカバー』『バラード』とはかなり違う作品になっています。いい曲が作れるのか、ファンのみなさんは理解してくれるのか、自分のなかのコンプレックスと戦いながら作ったアルバムですね。どう評価されるかはわからないけれど、自分のベストを出せたこと、制作を通して、自分自身として生きられて良かったと実感しています」

 全身の姿を正面から撮ったアルバムのジャケット写真にも、「自分らしくありたい」というメッセージが込められているという。

「体形に自信がなかったこともあって、これまでジャケット写真は斜めから撮ることが多かったんです。『そのほうが細く見えていいよね』と言われながら(笑)。今回もダイエットしようかと思ったんですが、途中でストレスになってしまって。正面から撮ること自体もチャレンジだったし、自信を持っていろんなことに挑戦しようと伝えたかったんですよね」

 コロナ禍は、これまで隠されていた、または見て見ぬふりをしていた社会の歪みや脆さを顕在化させた。その渦中において、自分自身と社会との関わり方、今後の人生プランや生き方について改めて考えた人も多いはず。「自分らしさを誇りに思えれば、幸せにつながる」というクリスさんの考えは、先が見えない現状において、大きなヒントになりそうだ。

 最後に「差別や偏見をなくすために、何が必要だと思いますか?」という質問をぶつけてみると、こんな答えが返ってきた。

「私の子どもはハーフですが、友達から『黒っ』と言われることもあります。子どもには『肌や髪のことを言われても気にせず、がんばろう』と伝えなければいけないですが、それだけでは何も変わらない。たとえば小学校でプログラムを組み、『すべての人があなたたちと同じではない。違いを認めて、理解することが大事だよ』と教えないといけないと思います。そうやって一人一人を守る文化が生れれば、日本はもっと良くなるはずです」

〇クリス・ハート/サンフランシスコ出身。2012年、テレビ番組『のどじまん ザ!ワールド』に出演し優勝、2013年にユニバーサルミュージックよりシングル『home』でデビュー。カバーアルバム“Heart song”シリーズは累計100万枚を突破し、2013年、2014年と2年連続で『NHK紅白歌合戦』出場を果たす。2017年に日本国籍を取得。2018年から活動を休止していたが、2020年に活動再開し、全国5都市のホールツアーを成功させる。2021年7月14日には5年ぶりのオリジナルアルバム「COMPLEX」発売。9月からは全国ホールツアー2021「LOVE IS MUSIC」を開催予定。https://chris-hart.jp

(構成/森朋之)