理想の上司ランキング、男性部門で5年連続第1位の内村光良の“上司力”は現実でもすごい――事実、内村の現場は、出演者もスタッフも仕事へのモチベーションが高く、「チームがおのずと動く」と業界内では評判だ。なぜチーム内村はアグレッシブに自走するのか? そもそもリーダー内村はなにがすごいのか? 



『チームが自ずと動き出す 内村光良リーダー論』(朝日新聞出版 6月11日発売)を執筆した博報堂ケトルのクリエイティブディレクター・畑中翔太がリーダーとしての内村を、関係者への取材をもとに解剖する。

 第1回目のテーマは「チームの士気の高め方」。

*  *  *
 取材した関係者の多くが証言した要素の一つ、それは、 「内村は誰よりも一番汗をかく」ということ。
 
 演技の現場であれば、誰よりも早く台本を頭に入れてくる。テレビのロケであれば、若手に負けじと、56歳になった体でバク転に挑戦する。そして、複数のゴールデン帯番組でベテランMCを務める立場でありながら、自分自身を追い込むために毎年新ネタを書き下ろし、「内村文化祭」と題してお笑いライブを開催する。
 
 このように彼は若手の頃から現在の立場になっても変わらず、自ら「汗をかく」ことを止めない。置かれた立場や状況の上にあぐらをかいて、現場にだけ汗をかかせ、手を抜いて物事に取り組むことはない。いや、「手を抜けない人」と言ったほうが正しいかもしれない。
 
 内村の従兄であり、内村が高校卒業後に熊本から上京した際に生活をともにしていた、放送作家の内村宏幸氏はこう言う。

「彼の場合、楽なポジションにつこうと思えばつける立場ではあるんですけど、絶対にそんなことはしない。むしろ自分でやってみせることでチームを引っ張っていくというか。事実、『イッテQ』なんかでも自分が一番汗をかいているわけですよね。

 だからこそ、周りも『あの人がやっているなら自分もやらなきゃ』みたいなことになって、全体の士気が高まっていくんだと思います。どこの組織でも上の人が汗かいて頑張っている姿をみせられたら、やっぱりついて行くというか、この人のためなら頑張ろうと思うのは当然でしょう。まぁ、彼はそんなこと、まるで意識してないでしょうけど(笑)」
 
 内村さんが一番頑張っている姿をみせられたら、こっちはもう頑張るしかないじゃないですか。これは、内村と舞台で共演する芸人や番組ディレクターなど、各所の関係者が声をそろえて言うセリフだ。

 ここで重要なのは、内村が「誰よりも一番完璧である」のではなく、「誰よりも一番汗をかく」リーダーである点だ。
 
 リーダーはつい、間違いやミスを犯さない「完璧さ」をリーダーの大事な資質と捉えてしまいがちだ。しかし、内村への周囲の評価を読み解くと、チームをともに動かす際に求められるのは、汗をかくことであり、必ずしも完璧なパフォーマンスをすることではないのがよく分かる。

 バク転にしても、 20 代の男性タレントが披露するキレがあるパフォーマンスに、内村はかなわない。けれど何日にも渡り練習を重ね、満身創痍(まんしんそうい)で繰り出されるたった一度の回転が、共演者やスタッフ、視聴者の心をぐっと深くつかんでしまう。
 
「チームを動かすリーダー」に「完璧さ」は必要条件ではない。「人を動かす」上で大切なのは、「人の“心”を動かす」ことだと筆者は考えている。そして人の心を動かすトリガーは、「パフォーマンスの素晴らしさ」ではなく、素晴らしいパフォーマンスを生もうと「努力する姿勢」にある。
 
 すなわち周囲の人間が動かされるのは、リーダーの「完璧な姿」ではなく、「もがいている姿」であり、内村は無意識的に“それ”を体現している人といえる。

*  *  *
 チーム内村が自走型である最大の理由は、とてもシンプルで「リーダーが最も汗をかき、もがいているから」。なにも完璧である必要はない。誰よりも努力を怠らず、その姿をみせることで、部下やメンバーをモチベートすることが重要なのだ。

●畑中翔太(はたなか・しょうた)
博報堂ケトルクリエイティブディレクター。アクティベーション領域を軸に手段とアプローチを選ばないプランニングで、「人を動かす」統合キャンペーンを数多く手掛ける。 これまでに国内外の150以上のアワードを受賞。Cannes Lions 2018 Direct部門審査員。2018年クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリスト。