理想の上司ランキング、男性部門で5年連続第1位のウッチャンこと内村光良の“上司力”の源泉にあるのは仕事の現場で「誰よりも汗をかく」というファクト。本連載は博報堂ケトルのクリエイティブディレクター・畑中翔太がリーダーとしての内村を、関係者への取材をもとに解剖した書籍『チームが自ずと動き出す 内村光良リーダー論』(朝日新聞出版 6月11日発売)から一部お届けする。



第2回目のテーマは「モチベーションの上がる職場」。

*  *  *
「内村さんが誰よりもストイックにコントに取り組んでいるので、その姿を見て『怠けようかな』と考える人は一人もいない。自分も内村さんと同じくらい努力しないと、プロとしてやっていけない、という気持ちになりますよね」

 そう語るのは、現在、NHKで放送中のコント番組『LIFE!』で内村とともに濃密なコントを作り上げている、後輩芸人でもある塚地武雅氏だ。

 また、『東京オリンピック生まれの男』『東京2/3』など内村が脚本・主演を務めた舞台で演出を担当したケイマックスの飯山直樹氏もこう続ける。

「舞台においても内村さんは、いち早く台本を覚えて、演技のイメージをしていて、いつも一番先を走っているというか、ご自身のテンポで進んでいくんですよね。他の共演者さんがいてもとくにペースを合わせないので、周りがいつの間にか内村さんのテンポについていく。

 内村さんは、悪い意味ではなく、とてもマイペース。誰かに歩幅を合わせることはないんだけど、周りはいつも内村さんの様子を見ている。結果的にみんなが内村さんに歩幅を合わせてどんどん進んでいく感じがあるんですね」

 これは、共演者やスタッフに配慮なく、自分勝手に稽古を進めてしまうということではない。迷い悩んでいる仲間を見逃さず、さりげなく声を掛けフォローする内村も、間違いなく稽古場にいる。
 
 けれど、舞台の仕事は、団体戦である全体の稽古や進捗(しんちょく)とは別のところで、出演者それぞれが自身の課題を向き合い、パフォーマンスを向上させるという個人戦の側面も持つ。そういった個人戦において、周囲を気にすることなく、内村が一番先を走っていくことで、いつの間にか内村のペースが現場全体の「パフォーマンスの基準」になっていくのだと、飯山氏は言葉を重ねる。
 
 逆を返せば、リーダーが汗をかかず、のろのろと走るような人物であれば、その部下たちにも同じようなペースが伝染してしまうということになる。
 
 ここで留意しておきたいのは、内村はひと昔前の“モーレツ上司”とは異なり、その姿勢を周りに「強制するわけではない」という点。そうしたプレッシャーを与えることもしない。彼はひたすら、「自分一人で走ろう」とする。そんな孤独な姿を見た周囲が、「内村さんが走るなら、自分も走ろう」と、自発的に背中を追いはじめる。

「現場での内村さんはアクセルを全開で踏んでいますが、他人に同じことを求めたりはしません」
 
 そう証言するのは、舞台『ボクの妻と結婚してください。』をきっかけに多くの番組で 共演、プライベートでも親交が深い女優・木村多江氏。

「内村さんの進み方の力強さに、思わず“こちらも行かなきゃ”と知らないうちに走らされてしまう感覚なんですよね(笑)。別に内村さんから“やって”と強制されるわけではないけど、内村さんが黙々と努力する姿を見ていると、自分の中の“これくらいでいいかな”という甘さが取っ払われていく。座長なんだけど、リーダー然とはしてないです。でも、一番頑張っているから、周りがそれに自発的について行くような感じです」
 
 組織においても、ある一定の立場にいる存在が、そのポジションにあぐらをかくことなく、一番汗をかいて真っ先に走っていく姿は、現場に強力なインパクトを与える。そして、その「素晴らしいパフォーマンスを生もうと努力する姿勢」が周囲の「人の“心”を動かす」ことにつながっていく。
 
 その結果、決して部下や後輩に「強制」することがなくても、いつの間にかリーダーの汗まみれの背中を追って、チーム全体がともに走りだしていく。

●畑中翔太(はたなか・しょうた)
博報堂ケトルクリエイティブディレクター。アクティベーション領域を軸に手段とアプローチを選ばないプランニングで、「人を動かす」統合キャンペーンを数多く手掛ける。 これまでに国内外の150以上のアワードを受賞。Cannes Lions 2018 Direct部門審査員。2018年クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリスト。