アイドルグループ日向坂46の5thシングルの表題曲は、好きな対象を褒め称える流行語「○○しか勝たん」を盛り込んだ、「君しか勝たん」。新曲の魅力、メンバーそれぞれの「○○しか勝たん」、現在オンライン上で行われている「おひさま(ファン)」との交流……たっぷり語ってもらいました。



*  *  *
──5枚目のシングルのタイトルは、「君しか勝たん」です。

金村美玖:そういう言い方があることは知っていましたが、実際に使ったことはなかったです。

河田陽菜:ファンの方がメンバーの名前で「○○しか勝たん」みたいに使ってくださっているイメージもありました。曲の終盤にみんなでダンスするところが、素の自分たちに近い、楽しい雰囲気が出てると思います。

加藤史帆:メロディーも振り付けもめちゃくちゃかわいくて、今までともまた違う、ほっこりした雰囲気もある曲です。恋愛ソングでありながら応援されているような気持ちにもなれ、がんばるぞ!ってときに聞いてもらいたい曲です。

小坂菜緒:ハンドクラップ(手拍子音)が効果的に入っていて、ライブなどで声が出せなくても、ファンのみなさんとクラップして一緒に楽しめる楽曲になりそうです。

──みなさんそれぞれの「○○しか勝たん」は?

丹生明里:私は「抹茶しか勝たん」ですね。「このお店はイチゴ味がおすすめです」と言われても、あれば抹茶味を頼んでしまったりします(笑)。

加藤:「テーマパークしか勝たん」! 緊急事態宣言で休園したりもしていますが、お休みをいただくたびに行っちゃうぐらい好きなんです。テーマパークに行くことで私のハッピーゲージがたまり、そのハッピーを、みなさんにお届けできたらなって思っています。

金村:お昼寝が大好きで。ポカポカした午後とかにウトウトするのがほんとうに心地よくて。それでリフレッシュして、このあとまたがんばろうとなれるので、「お昼寝しか勝たん」です!

河田:私は「愛犬しか勝たん」。ずっと昔から一緒で、今は一緒にいないのですが、ときどき両親から写真が送られてきて、それを見るとすごく幸せな気持ちになれて、がんばろうと思えます。

小坂:普段から小説を読むのが好きで。夜寝る前に、間接照明の中で読むのも好きです。最近では映画化もされた誉田哲也さんの『世界でいちばん長い写真』が面白かったです。なので「小説しか勝たん」です。

──昨年からのコロナ禍の影響もあり、今までの握手会から「オンラインミート&グリート」という、オンライン上での個別トーク会にスタイルが変わりました。

加藤:握手会ではずっと立ちっぱなしで足がむくんでしまうこともあったので、座っても大丈夫なところはうれしい(笑)。

金村:その代わり目が疲れるので、目薬は必須です(笑)。

河田:オンラインということで遠方の方も気軽に参加していただけますし、遠く距離が離れているのに言葉を交わせたり顔が見られることに、あらためて新しい発見とうれしさを感じています。

小坂:画面越しであっても元気や笑顔を届けることはできるので、いまは限られた環境の中でできることを全力でがんばるしかないかなって。

丹生:握手会では見られないファンのみなさんのお部屋が見られるのが、私、うれしくて。わぁ、おうちこんなふうなんだとか、けっこういろいろ見ちゃいます(笑)。

加藤:握手会には持ち込めないグッズやポスターをたくさん飾ってくださっていたり。もちろん握手会でもものすごく愛は伝わりますが、画面越しに伝えてくれようという思いが伝わってきます。

金村:私が行ったことのない場所や景色がきれいな場所などにわざわざ行ってお話ししてくださる方もいます。画面を通して、本当にいろんな方が見てくださっているんだなといううれしさを感じています。

──昨年から「おうち時間」を意識することも増えたかと思いますが、おうちの中でお気に入りの場所は?

加藤:グループカラーと同じ、空色のふわふわのソファを買ったんですが、身体にフィットして居心地よすぎて(笑)。帰ったらソファ、寝る前もソファ。最近はずっとその上にいます。

河田:私はお風呂です。入るまでは入りたくないなとか思っちゃうんですけれど、入っちゃえば、じんわりして、すごくいい場所だなぁって(笑)。

小坂:ベッドの上です。お休みの日も家で過ごすことが多いのですが、ベッドの上で小説や漫画を読んだり、アニメや映画を見たり。ベッドが窓際にあるので、たまにそこから外をのぞいたり。

丹生:それ想像するとかわいい!(笑) 私はゲームが大好きで。そのためにデスクとパソコンとゲーミングチェア、ゲーム用のスペースを作ったんです。そのスペースで、趣味をとことん堪能しているなって実感する瞬間が好きです。

金村:私、最近まで部屋に机がなかったんです! ようやく机を買ったので、自分の部屋にいろんな作業のできる書斎のようなスペースがやっとできました。これからそこでいろんなことをしていきたいと思います。

──日向坂46のこの先は?

加藤:将来何になりたい?と聞かれた小さな子に「日向坂!」って答えてもらえるほど老若男女に愛される、ザ・国民的アイドルになりたいです。

河田:個人的には、他のメンバーがしっかりしているぶん頼ってしまうので、頼りすぎないようにがんばっていきたいです。

金村:私たちのひとつの夢が東京ドームでのライブなんです。今はまだまだ厳しいとは思いますが、ドームいっぱいのお客さんの前でライブがしたい。私たちもさまざまな対策を続けつつ、世界の状況が一日も早くよくなるといいなと思っています。

小坂:たくさんの人数でのライブがまだまだ難しいぶん、配信や雑誌、テレビなど、常にどこかで日向坂が登場していられたらうれしいです。

丹生:日向って、ポカポカとあたたかいイメージがあるじゃないですか。だから、たくさんのメディアに出させてもらい、「日向がいっぱいだ!」と、あたたかさを感じていただけるようなグループになりたいです。

加藤:私たちのファンのことを「おひさま」と呼ぶのですが、日向って、おひさまが照らしてくれないとできないものです。だから、もっともっとたくさんの「おひさま」に照らしていただけたらうれしいです!

(構成/本誌・太田サトル)

※週刊朝日  2021年6月4日号