現実離れした美しさと圧倒的な個性で、今をときめくMattさん。「自分らしさ」を貫いた子ども時代、音楽に没頭した学生時代、美へのこだわり、父・桑田真澄さんや家族への想い……。作家・林真理子さんがホットな存在の「今」に迫ります。林さんの写真もMattさんによる「Matt加工」になりました!!

【前編/Matt、ネット中傷に「父のドラフト後に比べたら小さなこと」】より続く



*  *  *
林:ミッツ・マングローブさんの週刊朝日の連載コラム(「アイドルを性せ!」2019年12月20日号)読みました?

Matt:僕のことを書いてくださったんですよね。

林:そう。ミッツさんは実に的確な表現で、「Mattさんは誰もできなかったことをたった一人でやってのけた」って大絶賛してましたよ。ミッツさんたちのころは、オカマだなんだと言われたり、いろんなことがあったって。Mattさんがあらわれて、たった一人で、多様性を受け入れられない世の中を変えてしまったって。

Matt:うれしい!

林:私も、なるほどと腑に落ちました。確かに、この4年間で世の中のほうがだんだんMatt化してきて、写真の加工もふつうになって、男性もメイクするようになりましたよね。

Matt:視聴者に親近感を与えることでファンがつきやすいという今の風潮に対して、僕は一昔前の感覚を持っているんです。手の届かない存在、会いたくても会えない存在でいることのほうがエンターテイナーじゃないかと思っていて、それを継続し続けたら世間の僕の見方が変わってきたという感じですね。僕が世の中を変えようと思ったわけじゃなくて、僕がやりたいことを続けてきたら世の中の見方が変わってきたという。

林:お母さま、「ほら、私が言ったとおりでしょ」という感じになったわけですね。

Matt:たぶん母は自信があったんだと思います。ここまで愛のある人はいないなと思っていますし、母がずっと支え続けてくれてすごくうれしいです。

林:20年以上前にお父さまにもこのページに出ていただいたんですけど、そのときも「妻が支えてくれました。妻がいなかったらやってこれなかったです」とおっしゃったのが印象に残ってますよ。

Matt:父は「投げる不動産屋」って書かれるぐらいすごい借金をしたことがあるんですけど、そのときに精神的にいろいろ支えたのが母だったと思うんです。そういう母を子どものころから見てきたので、僕も母を信頼していて、今は事務所の社長であり、僕のマネジャーでもあるんです。

林:お母さまの本(『あなたはあなたのままでいい 〜子どもの自己肯定感を育む桑田家の子育て〜』)を読むと、Mattさんは小学校のころ、背中に羽をつけて学校に行ってたそうですね。

Matt:はい。二つか三つのころだと思うんですけど、「僕、天使になりたいから羽をください」ってサンタさんにお願いして、羽をプレゼントしてもらったんです。僕は中学生になるまでサンタさんを信じてたので、それまでずっと羽をつけて行動してました。ちょっと不思議な子でした。

林:へぇ〜、そうなんですか。

Matt:みんなと一緒というのがイヤな子で、ランドセルを背負うのもイヤで、いろいろカバンを替えて学校に行ったり、衣装を着て学校に行ったりしていましたね。飛びたいと思って、魔法使いみたいにほうきをまたぎながら学校に行ったりして、ちょっと個性的な子どもだったんです(笑)。常識がわからず生きてきてしまったので、高校でたたきのめされました。

林:女の子と仲良くしただけで怒られたそうですけど、堀越高校でしょう? 堀越高校で男女交際がダメなんですか。よく芸能人が「堀越の同級生だったころ、二人でどこそこによく行った」とかバラエティー番組で言ってるじゃないですか。

Matt:バレたら退学になることもあるので、こっそり行ったんでしょうね。

林:厳しいッ! そして自分で決めた大学に行って、途中でアメリカに留学したんですね。

Matt:大学の3年生の前期には単位を取り終えたので、大学生活が1年半も余ってしまって。何をしようかなと考えていたら、4年生でも行ける留学のプログラムがあったので、それに参加してアメリカに行きました。

林:大学同士の交換留学ですね。アメリカのどちらですか。

Matt:テネシー州です。

林:Mattさんはお子さんのころから英語がお上手だったんですよね。

Matt:小さいころから、母が自然と英語を使う環境を作ってくれたんです。英会話を習ったり、年末年始は毎年オーストラリアのケアンズへ行って、そこで英語を使う機会があったり。留学して大学時代も英語を使っていたので、何となく学んできたという感じですね。

林:お母さまは選択肢が広がるようなことを、たくさんしてくださったんですね。

Matt:そうですね。Mattという名前も、おなかにいるときからついていた愛称なんです。海外に行ったときに名前を呼ばれやすいようにって。

林:アメリカ留学は楽しかったですか。

Matt:すっごい楽しかったです。友達もたくさんできたし、僕が変わるきっかけにもなって。ほんとに大切な時間でした。

林:そのままアメリカのどこかの大学に行こうかな、とは思わなかったんですか。

Matt:そうしようかなと思ったんですけど、留学中に人生初のハロウィーンの経験をしたんです。ジョーカーという役で、真っ白に白塗りして、唇を真っ赤にして耳のほうに広げて描いて、目もメイクで大きくして、髪の毛も緑にしました。そのコスプレをSNSに載せたら、日本のリサーチ会社の目にとまって、オファーが来たんです。それをきっかけにメイクがすごく楽しくなって、テレビに出始めたんです。

林:最初、「桑田さんの息子」ということを隠してたんですって?

Matt:そうですね。兄は野球をやっていたので、兄の存在は知られていたんですけど、僕は存在すら知られていませんでした。だから、途中で「桑田の息子だ」とわかって、みんなびっくりしたと思います。

林:このメイクをしていると、お父さまと結びつきませんもんね。Mattさんは、お母さま似なんですか。

Matt:はい。母の家系はみんな脚が長くて顔がはっきりしてるので、そっちの系統かなと思いますね。

林:Mattさんはお父さまの影響でピアノをやられてたんでしょう? お父さま、肘を手術して、そのリハビリでピアノをやられたそうで、なんかすごくしゃれてますよね。

Matt:アハハハ、そうですね。

林:おととしの「NHK紅白歌合戦」で、Mattさん、ピアノを弾いてらっしゃったけど、すごくすてきでした。

Matt:ありがとうございます。天童よしみさんの曲の伴奏をさせていただきました。

林:歌も上手だし、音楽の仕事も順調なんでしょう?

Matt:いちばん長く続けてきたのが音楽なんですけど、そこがだんだん形になってきました。今は、自分がこの人生でやりたかったことが、ほぼかなったかなと思いますね。それをどれだけ大きくできるかがこれからの課題で、美容だけでなく、音楽もちゃんと確立していきたいなと思います。

林:雑誌とかで美容のページをたくさん持ってますよね。

Matt:はい。美を通していろんな人とつながりができたので、美容ってほんとに無敵だなと思いますね。

林:このコロナ禍でも、エステの人気はうなぎ登りみたいですね。

Matt:先日、僕もエステサロンをオープンさせていただきました。メンズだけなんですけど、脱毛がメインのサロンで、エステとか痩身とか、男性の美容も盛り上げていきたいなと思って。

林:Matt化の現象の一つとして、この1、2年、男の人も脱毛するようになりましたよね。

Matt:みんなツルツルになり始めたというか(笑)。清潔感が重視されてきて、ギトギトはダメな時代になりつつありますね。男らしさとは何なのかということが、多様化しつつある時代なのかなと思います。

林:マッチョって、なんら価値を持たなくなりましたよね。 

Matt:人それぞれ美の感覚が違うと思うんですけど、ジムに行くのと同様に、今は男性も美容にお金をかけてる人が増えたなと思いますね。

林:私もさっき最新のレーザーを友達に紹介してもらって、お肌を整えてもらいました。だから今日はノーファンデ。

Matt:すご〜い! お肌、すごくおきれいです。

林:Mattさんにそう言われるとすごくうれしい!

Matt:首もきれいです。首と手にいちばん年齢が出やすいんですよ。でも、ほんとにきれいです。

林:ありがとうございます。一生懸命頑張ってるんですよ。お母さまとも美容のおしゃべりをするんですか。

Matt:はい。メイクを始めてから母と美を共有するようになって、きのうも僕のおすすめのファンデーションをあげました。

林:Mattさんみたいな息子さんがいたら楽しいだろうな。美容のこととかいろいろ話せるし。

Matt:娘さんとは、お化粧とか美容の話はしないんですか。

林:娘とそんな話するもんですか(笑)。「ちょっと濃いんじゃない?」とか言うと、「チッ、うるさいな」とか言われる。お化粧は好きみたいだけど、よくわかりません(笑)。Mattさん、今もご自宅にいらっしゃるんですよね、ご両親と一緒に。

Matt:はい、そうです。母の料理も好きですし、実家がいちばん居心地がいいです。

林:お兄さまはもう結婚されたんですか。

Matt:してないです。2個上なんですけど、僕のドライバーをやってくれることもあるし、今は野球をやめてプロゴルファーを目指してるんです。

林:そうなんですか。Mattさん、お酒、飲むんですか。

Matt:大好きなんです。

林:何が好きなんですか。

Matt:白ワイン、日本酒、ウイスキー……。僕、朝まで飲んじゃうタイプで。

林:それでどうしてこの体形を保ってるんですか。

Matt:わかんないです。一時期運動してたんですけど、その点では、僕、父のDNAをしっかり受け継いでて、筋肉がすぐについちゃって、いま着ているような衣装が着られなくなっちゃったんですよ。なので、やせなきゃと思って、むしろ筋肉を落としたんです。

林:お父さまの聡明さと筋肉質の体形と、お母さまの美しさを受け継いだわけですね。

Matt:はい、両親のいいところをもらいました。

林:こんなうれしいことを言ってくれる息子が、この世の中に何人いるでしょうか(笑)。お子さんを信じて愛してあげるお母さまも立派ですけど、とにかく夫婦仲がよくて、ご夫婦が愛し合っているというのが、子どもにとってもいちばんいい環境ですよね。

Matt:僕のうちに来た方たちは、みんな親子関係とか夫婦関係のよさに驚いて帰られますね。「ほんとに仲いいんですね」って。

林:うらやましいです。お話を聞くだに、桑田家ってほんとに素晴らしいファミリーですね。お母さまによろしくお伝えください。

Matt:はい、必ず伝えます。

林:今日は私の顔の写真も加工してくださるそうで、どんなふうになるかすっごく楽しみ。目をちょっと大きくしてね(笑)。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木敏雄)

Matt(まっと)/1994年、東京都生まれ。7歳のとき、父・桑田真澄が肘のリハビリでピアノを弾く姿に影響され、ピアノとバイオリンを始める。学生時代はサックス・ピアノ・ドラム・作曲などを学ぶかたわら、ブライダルモデルもこなす。アメリカ留学中のSNS投稿がきっかけでデビュー以降、テレビ番組やCMなどで人気を博す。現在はタレント・歌手・モデル・デザイナーなどマルチに活躍。母でマネジャーも務める桑田真紀の著書『あなたはあなたのままでいい 〜子どもの自己肯定感を育む桑田家の子育て〜』(講談社)が発売中。

※週刊朝日  2021年6月18日号より抜粋