7月に三谷幸喜さん演出の舞台「日本の歴史」出演を控える、俳優の宮澤エマさん。最近では、NHK連続テレビ小説での巧みな演技が大きな話題になっています。作家の林真理子さんが、役作りや三谷さんとのエピソードなどを伺いました。



*  *  *
林:宮澤エマさん、こんにちは。

宮澤:はじめまして。

林:「おちょやん」(NHK朝ドラ)の栗子さん、ほんとに素晴らしかったです。

宮澤:ありがとうございます。林さんが出演されたNHK「あさイチ」の「プレミアムトーク」を見ていたら、私のことをほめてくださっていて、もうビックリでした。うれしかったです。

林:この若い人が、なんでこのおばあさんの役ができるんだろうと思いましたよ。表情とかしぐさを無理につくらずに、内面からにじみ出るもので老いた人を表現していらしたから、うまいなあと思いました。

宮澤:うれしいです。ドラマの最初1週間しか登場しなかったんですけど、ドラマの後半で、30年の月日を経て再び登場するということはわかっていたんです。なので、再登場するときは、さぞ大変な人生を歩んできたであろう栗子の30年という年月の長さを感じさせなきゃいけないと思って演じました。特殊メイクをするのではなく、栗子の精神をどう表現したらいいかをすごく考えました。

林:なるほど。最初のころ、おちょやんの意地悪な継母として若い栗子さんが登場したとき、とても色っぽくてきれいなんだけど、決して幸せな人生を歩んできたわけじゃないのだろうという感じがにじみ出ていました。それがあの後半の登場シーンにつながってきたんだなと思って、ドラマを最初から見てきた人は、あそこで腑に落ちたと思う。

宮澤:ああ、うれしいです。そう言っていただけて。

林:不幸なおちょやんの人生に、ことあるごとにそっと花束を届けて去っていくという人で、家族を失ったおちょやんも、栗子がいたから救われたんですよね。素晴らしかったです。

宮澤:ほんとにありがとうございます。

林:エマさんはお父さまがアメリカ人でいらっしゃるけど、日本髪とかお着物に違和感がなくて、言われないとみんなわからなかったと思う。海外にもルーツがある女優さんは役が限られちゃって、大成したのは宮沢りえさんぐらいだと言われてますけど。

宮澤:私は、これまで翻訳ミュージカルで完全な白人のフリをすることが多くて、「おちょやん」のお話をいただいたときまで、いわゆる“和もの”はやったことがなかったんです。なので、私にこの役が務まるだろうかと不安だったんですが、衣装のお着物を着ると、帯のキツさから始まって、動きも気持ちも、すべてが内へ内へと入っていく感じがしたんです。

林:わかります。

宮澤:だから私は着物にすごく助けられましたね。

林:昔から着物はあんまり着てなかったんですか。

宮澤:成人式と七五三ぐらいしか着たことがなくて、所作指導の先生が最初に指導してくださったとき、だいぶ絶望した顔をされてました(笑)。三味線をさわったこともなく、お着物もほぼ着たことがない人間にとってはすごく難しい作業でした。

林:三味線のお稽古、いっぱいしたんですか。

宮澤:毎日のようにしてました。関西の言葉がしゃべれて、三味線もお着物もすでに形になっている女優さんはほかにたくさんいらっしゃったと思うんですが、何もできない私を選んでくださって、私ってほんとに強運だなと思って感謝しています。

林:「おちょやん」の収録中に、アメリカのおばあさまが亡くなったそうですね。

宮澤:そうなんです。去年の7月に93歳だったのかな。クランクインはしてたんですけど、放送を見てもらうことはかないませんでした。誰よりも私が女優になることを熱望していた人なので、病室のおばあちゃんとフェイスタイム(iPhoneの通話アプリ)で話したときも、「撮影はどう?」「どんなお芝居なの?」とか、興味を持っていろいろ聞いてました。

林:そうなんですか。そして今度は三谷幸喜さんのお芝居にお出になるんでしょう?

宮澤:はい。「日本の歴史」という三谷さんオリジナルのミュージカルの再演なんです。(7月6〜18日新国立劇場中劇場 23〜30日梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)

林:三谷作品の中でも人気の高いお芝居ですよね。私、残念ながら初演(2018年)は見てないんですけど、宮澤さんは初演にも出てらっしゃるんですよね。でも、演じるほうはすごく大変そうなお芝居みたいですね。次から次へと。

宮澤:そうなんです。1700年にわたる日本の歴史と、アメリカ人家族の3代にわたる物語を、7人が手分けしてかわるがわる役を替えてやっていくので、もう休むヒマがないというか。

林:私、もうチケット買いましたよ。だから楽しみ。

宮澤:わっ、うれしいです。

林:でも、エマさん宛てに何か差し入れを持っていこうと思っていたら、コロナで差し入れとかお花、ダメなんですよね。

宮澤:そうなんです。楽しみがなくなっちゃったと言うと不謹慎ですけど、初演のときは今回と同じ中井貴一さん、香取慎吾さんなどがお出になってたので、「これでもか」というぐらいたくさん差し入れをいただいて、本番中に太っていくという不思議な現象があったんですが、今回はこういう世情なので、状況が違いますね。

林:エマさん、三谷さんのお芝居は多いんでしたっけ。

宮澤:ここ3年ほど出演させていただくことが多くなりました。三谷さん監督の「記憶にございません!」(19年)という中井貴一さん主演の映画が最初で、そのあとがこの「日本の歴史」の初演で、次に「誰かが、見ている」という香取慎吾さん主演のAmazonプライム・ビデオ配信のドラマに出させていただいて、その次が「日本の歴史」の再演、そして今度の大河ドラマ(「鎌倉殿の13人」)につながるという感じですね。

林:そうそう、来年、三谷さんの大河ドラマにお出になるんですよね。「大河」ではどんな役をなさるんですか。

宮澤:鎌倉幕府ができるまでの過程を、北条家をメインに描いていくんですけど、私は北条政子の妹で、後に阿波局となる役です。三谷さんからは「夫も息子も殺されて、悲しい運命を背負っている女性だけど、明るく強く生き抜く女性として演じてほしい」と言われているので、どうやってこのキャラクターを演じようかと、今まさに悩んでいるところです。一筋縄ではいかないキャラクターをいただいてしまいました。

林:大丈夫です。「おちょやん」であの栗子さんの役ができたんだから、もう何だってできますよ。「三谷組」といって、三谷さんが信頼している俳優さんが何人かいらっしゃいますけど、エマさんも「三谷組」って感じですね。私が見る限り、三谷さんは知的な雰囲気の聡明な女優さんが好きなんじゃないかと思う。

宮澤:三谷さんと最初に映画でご一緒させていただいたときは、フランクにお話する時間がなかったので、三谷さんが私の芝居をどう思っていらっしゃるかわからなかったんです。その後「日本の歴史」の初演の稽古が始まって2週間ぐらいたったときに、私、地下鉄で稽古場に行ってたんですが、乗り換えの駅の中にある小さいスーパーに夜ごはんを買いに入ったことがあったんですよ。そのとき、私のすぐうしろ、すごく近い距離に人の存在を感じて、横目で足元を確認したら、男の人らしい雰囲気だったんです。ちょっと気持ち悪いなと思ってチラッと振り返ったら、それが三谷さんだったんです(笑)。

林:まあ!

宮澤:利用している路線が同じだったんですね。三谷さんからキャストの携帯にショートメールでダメ出しが行くんですけど、私にそれが来たとき、返信で「気持ち悪いオジサンが近づいてきたと思ったら、三谷さんだったのでホッとしました」みたいなメッセージを書いたんです。それがきっかけで、よくお話するようになった気がします。三谷さんに無礼な感じで接する若手の俳優を、たぶんおもしろがってくださったんじゃないかと思います(笑)。

林:エマさんはアメリカの大学を出たあと、イギリスのケンブリッジ大学で演劇の勉強をしてらっしゃったの?

宮澤:私、アメリカの大学の3年生のときにイギリスに1年留学したんです。アメリカの大学では宗教学を専攻しまして。

林:あ、宗教学だったんだ。私、最近、渡辺謙さんの、インカ帝国が舞台の「ピサロ」を見て、当時のキリスト教がどれほど残虐な行為をしていたかということに衝撃を受けて、世界の歴史における宗教に関する本をあらためて読み直してたんですよ。とはいえ、宗教について私は幼稚園レベルの知識ですけど、エマさんはすごいことを勉強してらしたんでしょうね。

宮澤:私が中学生ぐらいのときに9.11が起きたんですけど、私は宗教についてまったく知らないというコンプレックスをずっと抱えてきたので、アメリカの大学では、人間の歴史の中で宗教はどういう役割を果たしてきたかということを勉強したんです。日本人は無宗教っていいますけど、決してそうではないし、文学にとっても、芝居をする上でのキャラクターにとっても、宗教ってほんとに大きいものなので、そういうことを大学で勉強してよかったと、いま俳優をやっていて感じています。

林:そんなバイリンガルのエマさんが、実は日本の歌謡曲が大好きなんですよね。「歌謡曲の詞がいい」ってどこかでおっしゃってたけど、バイリンガルのエマさんの心を、日本の歌謡曲の詞が刺したということですか。

宮澤:はい。歌謡曲の中で歌われる日本語の美しさにひかれるんだと思います。プロの作詞家、作曲家がいらっしゃって、その方たちが中心になったチームがつくり上げたものを、歌手の歌唱力によって一つの世界をつくるというところが、お芝居にちょっと通ずるところがあるなって思うんです。

林:おー、なるほど。

宮澤:ミュージカルをやっているとすごく感じるんですけど、英語のためにつくられたメロディーに翻訳した日本語を無理やりのせると、日本語の言葉の美しさを表現できないことがあるんですね。でも、歌謡曲っていうのは洋楽の美しさと日本語で歌うことの美しさが無理なく融合している感じがして、歌い手として歌いやすいなと思うし、聴いてる側も、スッと心に届くんじゃないかなって思います。

林:バイリンガルのエマさんだから、よけいそう感じるんでしょうね。このあいだNHKの「うたコン」でちあきなおみさんの歌を歌ってましたね。

宮澤:「夜間飛行」を歌わせていただきました。

林:よくこんな難しい歌をこの若さで歌えるなと思って感心しました。相当難しい歌ですよね。

宮澤:難しいです。練習しながら、ちあきなおみさんのすごさをあらためて実感しました。

林:ちあきなおみさんの「夜へ急ぐ人」っていう歌があるじゃないですか。あの中に「心の深い闇の中からおいでおいでおいでをする人」って歌詞があるでしょ。今月号の「銀座百点」でミッツ・マングローブさんと元NHKアナウンサーの山川静夫さんがそれについて対談をしていて、「ほんとに気味が悪い歌ですね」って(笑)。あの歌、相当コワいですよね。

宮澤:ほんとにおっそろしい歌ですね。あの歌をNHKの「紅白」で歌おうと思われる発想、それを歌い上げる歌唱力、それによって見ている人が引いてしまうほどの世界観を、わずか2分30秒なり3分間でつくり上げる歌手って、ちあきなおみさん以外にいらっしゃらないと思うんです。私なんか歌いたくても歌えないなと思いますね。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

宮澤エマ(みやざわ・えま)/東京都生まれ。米オクシデンタル大卒、在学中に英ケンブリッジ大へも留学した。宮澤喜一元首相は祖父。2012年にデビューし、演出家・宮本亞門氏の勧めでオーディションを受け、13年に舞台「メリリー・ウィー・ロール・アロング〜それでも僕らは前へ進む〜」に出演。その後、「女の一生」「ウェイトレス」など舞台を中心に活躍。7月に三谷幸喜が手掛ける舞台「日本の歴史」(7月6〜18日新国立劇場中劇場 23〜30日梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)への出演を控える。22年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」出演も決定している。

>>【後編/宮澤エマ「家族の中では劣等生で」 姉はハーバード、母は慶應とコロンビア大MBA】へ続く

※週刊朝日  2021年7月9日号より抜粋