宮澤喜一元首相を祖父に持つ俳優の宮澤エマさん。実は作家の林マリコさんは、エマさんが幼少期を過ごした宮澤元首相宅のご近所さんだったとか。対談で思わぬ思い出話や宮澤一族のことで花が咲きました。

【前編/宮澤エマ、三谷幸喜への“無礼メール”明かす「気持ち悪いオジサンが…」】より続く



*  *  *
林:エマさんのおじいさまは宮澤喜一元首相でいらっしゃるんですよね。私、実は宮澤家と少しご縁があったんですよ。といっても、自分で勝手にそう言ってるだけなんですけど、原宿にお宅があったでしょう?

宮澤:はい、ありました。

林:宮澤喜一邸の裏口の前の小さなマンションが私の家だったんです。そのうちにネコが出入りしてたんですが、そのことをエッセーで書いたら、おじいさまからおはがきをいただいて、「うちのネコです。そちらでも禄をはんでいるようで」って。

宮澤:ハハハハ。その話、私、母から聞きました。

林:私、お返事を差し上げなきゃと思いながらも、どういうことを書けばいいんだろうと考えているうちに歳月がたってしまい……。あのころ、前のビルがジャニーズの合宿所だったんです。

宮澤:はい、はい。

林:いつも女の子がいっぱいたむろしてて、ある人が「宮澤喜一さんってすごいね。こんな若い人にも人気があって」って言ったんですよ。

宮澤:アハハハ。

林:原宿のあの界隈、宮澤一族がお住まいになっていて、ご親戚の岸田家(衆議院議員・岸田文雄氏など)のすごい洋館があったりしたんです。今はマンションになってしまいましたが、大きなお屋敷があって、とてもいい雰囲気だったんです。

宮澤:原宿が原宿になる前、あの一帯が何もないころに広島の福山からみんな出てきて、母もあそこで育って、「今のこんな状態になるとは誰も思ってなかった」と言ってますね。

林:エマさんもあのおじいさまのおうちにしばらく住んでらしたんですよね。

宮澤:はい。もうあのおうちはなくなってしまいましたけど、幼少期はそこで過ごしていたので、思い出深いところです。私にとって祖父と暮らした時間がいちばん濃かったので、その思い出深い家がなくなってしまうのはすごく悲しかったです。私は父(アメリカ首席駐日公使などを務めた外交官クリストファー・ラフルアー氏)の仕事の関係でいろいろなところに住んだので、実家と呼べるところがなかったんですけど、祖父の家はいつも変わらずあそこにあるという感じだったので。

林:いつもSPがついてるおじいちゃんを見て、「おじいちゃん、やっぱりすごい人なんだ」と思ってました?

宮澤:祖父は公私をはっきり分けたがった人でした。うちは1週間に一度、日曜日の夜に家族でごはんを食べるのがルールで、そのときの祖父の姿はよく覚えてるんですけど、仕事をしている姿を見ることは非常に少なかったです。秘書さんとかSPさんの存在は常に感じながらも、家族が住むエリアと秘書さんたちがいらっしゃるエリアは、屋敷の中で明確に分けられていて、子どもの私が仕事場のエリアに入ることはなかったですね。聖域といいますか。

林:そうなんですか。宮澤喜一さんは戦後最も頭のいい総理と言われていたし、奥さまもすごい方で、戦前、日米学生会議出席のときに出会われたんでしょう?

宮澤:そうなんです。船の中で出会って、当時としてはめずらしい恋愛結婚をして。

林:エマさんのお母さまも、たしかルフトハンザ航空かどこかにお勤めで、めちゃくちゃカッコよいキャリアウーマンのうえに、美しい方でした。私など本当に憧れたものです。

宮澤:そんなふうに言っていただけたら、母はほんとに喜びます。

林:エマさんも天下のケンブリッジに留学するし、やっぱりすごいですね、宮澤家のお嬢さまは。

宮澤:ハハハ、とんでもないです。たしかに、私の周りは秀才だらけで、姉はハーバードに行きましたし、母も慶応とコロンビア大のMBAを出たりして、みんな勉強が大好きな中で育ったんですけど、私は家族の中ではほんとに劣等生で、こうまで勉強ができない子はめずらしいというか、「この子は将来どうなるんだろう」ってみんな漠然と不安に思ってたんじゃないでしょうか。私の父のラフルアー家のほうは芸術を愛する人が多くて、私はそっちの流れを受け継いでいるんじゃないかと思いますね。

林:でも、宮澤一族として当然、期待は大きいわけでしょう。エマさん、「政治家になりませんか」って言われなかったですか。「広島から立候補しませんか」って。

宮澤:とんでもない! ないですないです! 向こうもお断りだと思いますよ(笑)。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

宮澤エマ(みやざわ・えま)/東京都生まれ。米オクシデンタル大卒、在学中に英ケンブリッジ大へも留学した。宮澤喜一元首相は祖父。2012年にデビューし、演出家・宮本亞門氏の勧めでオーディションを受け、13年に舞台「メリリー・ウィー・ロール・アロング〜それでも僕らは前へ進む〜」に出演。その後、「女の一生」「ウェイトレス」など舞台を中心に活躍。7月に三谷幸喜が手掛ける舞台「日本の歴史」(7月6〜18日新国立劇場中劇場 23〜30日梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)への出演を控える。22年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」出演も決定している。

※週刊朝日  2021年7月9日号より抜粋