映画、ドラマ、CMと八面六臂(ろっぴ)の活躍をみせる女優の永野芽郁(21)。現在オンエア中の連続ドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」では戸田恵梨香とW主演を務める一方、5月に公開され、バカリズムが脚本を務めたことでも話題となった映画「地獄の花園」でも主演を果たした。



 さらに今年は「キネマの神様」「そして、バトンは渡された」と2本の映画が控えているなど、まさに大ブレーク中だ。映画誌の編集者は彼女のブレークをこう分析する。

「たしかな演技力と透明感は同世代の女優の中でも群を抜いています。映画に関してはヒロイン役で主人公をもり立てるのがとてもうまい。いわゆる“引きの演技”がとにかく秀逸なので、いろんな監督がキャスティングしたがるのもうなずけます。これまで主演した映画『ひるなかの流星』や『君は月夜に光り輝く』はともに興行収入10億円を超えているので、しっかり数字を持っている貴重な女優さんです。10月公開予定の主演映画『そして、バトンは渡された』は原作が本屋大賞を受賞した瀬尾まいこ氏の人気作。おそらくコロナも落ち着いているころだと思うので、永野芽郁さんの代表作になると思います」

「地獄の花園」はコロナ禍で集客が苦しかったにもかかわらず、最終的には興行収入は7億円を突破しそう。また、現在放送中の「ハコヅメ」も初回視聴率が11.3%と好調なすべり出しをみせ、永野の女優として安定した人気を感じさせる。

 永野はもともと子役として芝居を始め、ティーン誌のファッションモデルなどを経て、本格的な女優の道に。女優として頭角を現したのが、参加者2366人のオーディションを見事勝ち抜き、朝ドラのヒロイン役をつかんだ朝の連続テレビ小説「半分、青い。」(2018年)だ。

「永野さんは当時18歳。左耳が聴こえないヒロインを好演し、脚本を手掛けた北川悦吏子さんから“第2の大竹しのぶ”とまで絶賛されました。実際、役に没頭するがあまり『本当に耳が聞こえなくなった』ということを自身のブログで明かしており、それは『白血病患者役を演じていたら役に憑依しすぎて実際に吐血した』というエピソードを持つ大竹しのぶさんそのもの。実際、ドラマの視聴率もよく、今の永野さんの快進撃につながりました。同世代で言うと広瀬すずさんや橋本環奈さんと比べられることも多いのですが、女優のキャリアとしても遜色ありません。また、永野さんはこの2人に比べると若い女性からの人気が非常に高い。『ポスト新垣結衣』と言われるのも納得の存在です」(テレビ情報誌の編集者)

■あと10年は第一線で活躍できる

 先日発表された「高校生が選ぶ今一番好きな女優」ランキング(アイ・エヌ・ジー調べ)では2位を獲得。若者世代からも圧倒的な支持を得ている。一方、所属事務所も永野をなんとしても大女優に育てあげたいという思いがあるだろう。

「永野さんは昔から数多くの人気女優が名を連ねるスターダストの所属です。ただし、近年は柴咲コウさんが独立するなど、昔ほど女優陣の勢いはなくなり、最近では山崎賢人さん、横浜流星さん、仲野太賀さんなど男性俳優陣のほうが存在感があります。その点、21歳の永野さんがさらなるブレークをみせれば、やはり“人気女優が育つ事務所”という評価にもつながります。スターダストは俳優のマネジメント力には定評がありますし、永野さんにはあと10年でも第一線で活躍できる若さがある。今後のエンタメ界を担う逸材だと思います」(同)

 TVウオッチャーの中村裕一氏は、永野芽郁の今後をこう分析する。

「『半分、青い。』での熱演は言うまでもなく、天性の華を持つ俳優です。先日ドラマの番宣で、多い時は1日5食しっかり食べるというエピソードを披露していました。あの細い体のどこにそんな量の食べ物が入るか不思議ですが、それが彼女のパワーの源であると同時に、そんな飾らなさが多くの人の心を捉えて離さないのでしょう。また、ピュアで屈託のない笑顔も魅力。カルピスウォーターやUQモバイルといった好感度の高いCMに5年に渡って起用されていることからも、お茶の間からの根強い人気ぶり、浸透ぶりがうかがえます。次代を担う女優として、さらなるブレークを迎えることも時間の問題でしょう」

 誰もが太鼓判を押す女優・永野芽郁の圧倒的なポテンシャル。ピュアな魅力でガッキーのような国民的女優となるか、憑依型の演技で大竹しのぶのような実力派女優となるか、この先が楽しみだ。(藤原三星)