2004年以来大切に演じ継がれてきた、ジャニーズ伝統の舞台「DREAM BOYS」。今秋、ボクシングに打ち込む主人公をSexy Zoneの菊池風磨さんが、そのライバルで親友のチャンプをSixTONESの田中樹さんが演じる。「何者でもなかったガキの頃からのツレ」である二人が、少年の夢と友情を描く作品にこめる思いとは?



*  *  *
──ジャニーズ同期入所の仲良しコンビ「ふまじゅり」で、主演とチャンプ役を射止めましたね。

菊池:5度聞きくらいしました。だって、ジャニー(喜多川)さんから「不良」って言われてたコンビですよ? 問題児二人を同じクラスに入れるようなもの。奇跡ですよ。ジャニーさん、天国で腰を抜かしてると思います。

田中:だから、ジャニーさんが止めに来る前にささっとやりたいです(笑)。

 僕にとって、チャンプはいつか演じたいと憧れていた役。小学生の時、滝沢(秀明)くん主演のDREAM BOYSを客席で見た時からの夢でした。

──滝沢さんに始まり、亀梨和也さん、玉森裕太さん、岸優太さんとそうそうたる面々が主演を務めてきた舞台です。

菊池:やっと俺も王道ジャニーズとして認められたなって感慨深いですね。

田中:無理だろ!

菊池:いや、無理じゃねーだろ! まあでも、感慨深さは強く感じます。オーディションで初めてジャニーズJr.になった時、僕ら二人何者でもなかった。その時の思いって全然抜けないんですけど、そんな自分たちが帝国劇場で主役を張るなんて信じられないですよね。まさに、リアルドリームボーイズです。

田中:僕は10年前、チャンプの弟役としてDREAM BOYSに出たんです。まだ高校生でお芝居なんて右も左もわからない状態で。主演の亀梨くんが倒れる直前まで自分を追い込んで、命を懸けて演じる姿を見て、プロ意識というものを目の当たりにしました。自分も帝国劇場に見合う人間にならなきゃいけないなと、今改めて思います。

菊池:僕は6年前、チャンプを演じました。「ロン毛で、試合の時だけ髪を結ぶ」っていう自分なりの役のイメージがあったので髪を伸ばしたんですよ。でもその髪でSexy Zoneの中に戻ると、完全に浮いてしまって……。菊池風磨ロン毛時代という黒歴史が生まれました。アイドルとして、バランスをわきまえることも大事なんだって学びましたね。

──今回演じる役について、どんな思いを抱いていますか?

田中:僕、皆さんがご存じの通り、舞台の真ん中で手を広げて胸張って歌えるようなアイドルじゃないんです。映画を見れば悪役に憧れるし、ドラゴンボールはベジータが好き。だから、チャンプは自分としてはしっくりくる役です。

菊池:たしかに樹は見た目もイメージもチャンプにぴったりだよね。心の中にアツいものを持ってるし、人の気持ちに寄り添える男なので、チャンプという役がより深いものになる期待があります。

 オラついているチャンプに対して、僕の役は内気な部分があるイメージです。

田中:風磨も、普段のキャラクター的にはチャンプ寄りに見られがちだと思う。でも、実はみんなが思ってるよりずっと繊細なんですよ。すげー頭いいし、いろいろ考えちゃうタイプ。その繊細さは、主人公とリンクしてると思うな。

──お互いのことを本当によく理解しあっているんですね。

田中:Jr.時代から10年来のつきあいなので。僕ら、青春はジャニーズにしかないんです。みんなが学校の友達と遊んでる時にリハーサルとかをして、合間に仲間と話すのが楽しい時間だった。風磨とはプライベートでもよく一緒に遊んでて、ガキの頃からのツレっていう感覚です。

 入所は同期だけど、風磨が先にデビューしたんですよね。でも、ライバルよりは仲間っていう感覚なのであまり気にしなかった。Sexy Zoneや風磨のソロライブのバックに何度も出て、仕事への取り組み方や情熱もよく理解している。風磨とならいいものを作る上で話が早いなと思っているので、不安はないです。

菊池:僕にとっても、田中樹とやれるっていうのは、大きな意味があることです。お互いくすぶってた時期もわかってるし、この二人で、ここで一発頑張りたいなって思いはありますね。

──演出を務める堂本光一さんからは、どんな指導を受けましたか?

田中:前回の舞台を見てどう思ったか、自分と風磨はどうしたいのかなど、すごく僕たちの意見を聞いてくれて。

菊池:あと、僕も樹も、言葉で伝えなくても光一くんが言わんとすることがわかる時があるんです。それは、ジャニーさんの元で育って、おこがましいですけど「同じ血が流れている」からこその感覚。特別な絆を感じました。

──「DREAM BOYS」というタイトルにかけまして。お二人の夢はなんですか?

田中:長生きすることです。できるだけ寿命に抗って、「あの人すごい長生きしてるね」って言われるくらい長生きしたい。まあ、無理そうなんで夢見てる感じです。小さい頃は、金持ちになりたいって思ってました。

菊池:僕は大きい家に住むことです。家族ができた時のために。ちなみに子どもの頃の夢は、長生きでした(笑)。

(構成/本誌・大谷百合絵)

>>【関連記事/堂本光一、菊池風磨&田中樹に「ものにならなかったら、スターじゃない(笑)」】はこちら

※週刊朝日  2021年7月23日号