人気商売の芸能人にとって「離婚」にまつわる話題は、大きなダメージになりかねない。



 18日、タレントの小倉優子(37)は「サンデー・ジャポン」(TBS系)で一部で報道された夫との別居報道について「7割うそ、3割本当」と告白。そのうえで、別居疑惑に関して「そうなんです。別居してるんですよね」と認めた。離婚については「そこ(離婚)を考えちゃうと私も結構悩んで、どーんて(落ちた)時期も過ごしたので、そこにとらわれず、元気に子どもたちと楽しく過ごそうと。そこを見て今は過ごそうと思っている」と自らの気持ちを明かした。この話題には沈黙を守ってきた小倉にとって、イメージ挽回を狙った上での告白だったのだろう。

 16日に石橋貴明(59)と熟年離婚を発表したのは、鈴木保奈美(54)。離婚発表は異例のYouTubeでされ、静止画の2ショットを披露。今後もビジネス上はパートナーであると強調したことが功を奏したのか、ネガティブに伝えるメディアはほとんどなかった。

「今年になってから、鈴木が億ションを購入するなど一部で離婚準備に入ったのではと報じられていたので、あまり驚きはありませんでした。2人とも不倫やDVなどのスキャンダルもなく、3人の娘たちも2人は独立、三女も昨春に高校を卒業していますから、親権や養育費などの問題もない。全くイメージダウンにはなりませんでした」(スポーツ紙記者) 

 今年1月に事務所を独立し、4月に勝地涼(34)と離婚した前田敦子(30)は、今やドラマや舞台、映画など引っ張りだこだという。

「わがままな一面もあると言われていた前田ですが、離婚後はどんな仕事でも引き受けたいというスタンスになり、オファーが絶えないそうです。イベントなどでも『ママチャリデビューしました』と明るく話し、完全にたくましいママのイメージチェンジに成功。ファンからもたくさんのエールが送られています」(芸能ジャーナリスト)

 7月1日に離婚が成立した「NEWS23」(TBS系)メインキャスターの小川彩佳アナ(36)も、その潔さに同性から応援する声があがっている。

「夫が結婚前から付き合っていた愛人と、そのまま子どもが生まれてから続いていたわけですから、三くだり半を突き付けて当然でしょう。そのクールな決断にカッコよさを感じる女性は多いです」(同前)

 その一方で、離婚がイメージダウンとなったのは卓球の五輪メダリスト・福原愛(32)だろう。3月に「女性セブン」が福原と年下の商社マンとの不倫疑惑を報じると、「台湾に幼い子どもを置いて不倫するなんてあり得ない」など批判の声が上がった。

「あの“天才卓球少女愛ちゃん”が不倫なんて、という驚きが大きかった。結婚後は仲むつまじい姿をみせてきた夫婦だったのに、福原はまだ小さい子ども2人と実母を台湾に残した状態での不倫報道だったので、衝撃的でした。日本での活動のために設立した会社も開店休業状態になり、進行中の仕事も頓挫したといいます」(女性誌記者)

 7月9日には夫婦連名で離婚を発表、子どもたちの親権は共同親権という形で決着した。

「子どもたちのために離婚の判断も早めたのかもしれません。もし長引いて裁判まで進んだ場合、福原の不倫や夫のモラハラ疑惑などがこれまで以上に追及されかねません。福原は東京五輪のテレビ解説も決まったといわれていますから、早めに決着をつけたかったのかもしれません」(スポーツ紙記者)

 福原と同様に離婚騒動で窮地に追い込まれているのが熊田曜子(39)だ。5月に熊田は夫からDVを受けたとして、警察に通報し夫は逮捕された(2日後に釈放)。その後、夫と離婚することを決意し、弁護士をたてて離婚手続きをしていることを発表した。

「当初は夫のDVで同情を集めましたが、複数の週刊誌で熊田の不倫疑惑が報じられ、夫が逮捕当日に録音した音声テープの内容が公表されると状況が一変しました。あまりにも生々しい内容に熊田は猛バッシングを受け、離婚後も3児のママタレとしてグラビアでも活躍していくという目算は完全に外れてしまいました」(同前)

 同じ離婚という話題でも、応援される人と自業自得とバッシングされる人で明暗が分かれる。

「いずれも第1報の報じられ方が大きい。有名人の離婚や破局は情報の出し方次第で印象が変わる部分もありますから、そこを間違えるとその後の活動にも影響が出てくると思います」(テレビ局関係者)

 芸能人ともなると、別れる時にも「情報戦略」が必要ということか。(宮本エミ)