アイドルグループ・乃木坂46が新たなメンバーを募るオーディションを開催する。新メンバーのオーディションは18年7月以来3年ぶり。特設サイトが開設され、今月19日から8月10日午後5時までウェブで応募を受け付ける。審査を重ねて12月に新メンバーが合格発表の予定だ。



 今年8月で結成10周年を迎えるアイドルグループ「乃木坂46」は過渡期を迎えている。昨年10月に絶対的エースとしてグループを牽引してきた1期生の白石麻衣が卒業、今年に入っても2期生の堀未央奈、1期生の松村沙友里ら中心メンバーを含む5人が次々にグループを離れた。また、3期生・大園桃子が9月4日の3期生加入5周年記念日を区切りに、乃木坂を卒業し、芸能活動から引退することを発表した。

「結成10周年というのは1つの節目になります。1、2期生から今後も卒業ラッシュが続くことが予想されます。今後は3、4期生を中心に売り出していくでしょう。心配なのは新メンバーの加入で大所帯になることで、グループの輪郭がぼやけてしまうことです。白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥は最初からセンターだったわけではありません。スターになった子たちも辛抱強く育てて急激に輝く時期が来る。乃木坂の4期生は16人いるが、そのうちの5人は昨年2月に加入しています。アイドルとして面白い素材が多いのですが、まだ活動時期が短い。その中で新たなメンバーの加入により、埋もれてしまう恐れがある」(スポーツ紙の芸能担当記者)

SNS、ネット上では、「これ以上メンバーを増やして行くとAKBと同じ道を歩む事になる様な気がする。当然、5期メンバーが入ったと同時期に1、2期メンバーの卒業ラッシュが始まる。それが3期にも波及して主要メンバーが抜けて一気に弱体化しそう(原文ママ」、「新メンバーオーディションを繰り返すうちに、AKB48系列のように、名前も顔も分からないような子ばかりになってしまい、尻すぼみ状態になっていくことは見え見え。それよりも、2期3期4期で、才能があっても目が出ていない子たちを、もっと売り出す努力をしていったほうがいいんじゃないか(原文ママ)」など懸念の声が多く見られる。

 乃木坂はシングル曲で選抜制のシステムを取り入れている。グループ内で選抜入りを目指して高いレベルでの競争が繰り広げられる一方、選抜常連組と、選抜に入れないメンバーで人気が「二極化」されてしまう傾向がある。選抜に入る基準も明確ではないので、ファンの間では選抜メンバーが発表されるたびに賛否両論の声が起こる。

 選抜に入っていなくても活躍しているメンバーはいる。2期生の山崎怜奈が乃木坂のシングル曲の選抜メンバーに入ったことが一度もないが、クイズ番組やMCを務めるラジオ番組が好評で、外仕事の「看板メンバー」として活躍している。ただ、選抜に入れるか否かで、メディアへの露出は大幅に変わってくる。メンバーの増員は、選抜から漏れるメンバーが増えることを意味するだけに、必ずしもプラスに働くとは限らないのは事実だ。

 乃木坂はトップアイドルグループとして、これからも突っ走れるか。新メンバーがグループに起こす化学反応が注目される。(牧忠則)