「役者ならできるかな」と役者の道を歩み始めた寺脇康文さん。しかし、三宅裕司さん主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」の公演で衝撃を受け、さらにそこでは岸谷五朗さんと出会うことに。寺脇さんが、若手時代を振り返る。

【前編/漫画家志望だった寺脇康文 運命を変えた“何枚かの1万円札”】より続く

*  *  *
 盟友との出会いはあったが、役者の才能を開花させるのはまだ先になる。当時、若手がステージに立つには、踊りか、バク転か、アクションか、そのどれかに秀でていないと無理だった。22歳の寺脇さんは、そのとき初めてマット運動とダンス、アクション、タップ、バレエのレッスンを受けて、バク転をマスター。デビューは、新宿コマ劇場だった。

「大勢が揉み合いになるアクションシーンで、バク転して捌(は)けるだけの役。でも、『剣はペンより三銃士』という舞台で、兵士Hの役をもらって、たった一言ですがセリフがあったんです! 仲間の兵士が倒れている横に木の棒が落ちていて、普通ならこの棒で殴られたと考えるのが、兵士Hは、『そうか、この棒につまずいて転んだんだ』と勘違いする。それだけのセリフですが、立ち稽古の後、三宅さんが僕にダメ出しをした。『(三宅さんの口調をまねて)え〜寺脇、熱気がない』ってたった一言(苦笑)」

 次の日も、その次の日も。ずっと「熱気がない」と言われ続けて、気づいたら1週間が経っていた。悩みに悩んだ寺脇さんは、近所の電車の高架下で、とにかく大きな声を出そうと思い、自主練を繰り返した。するとある日「熱気がない」とは言われなくなった。

「ダメ出しをされていたときは、自分ではなぜダメなのかわからなかったけど、下手ってそういうことなんですよ。自分ではできていると思っているのに、できてない。4本目ぐらいに主役をもらった頃になると、さすがに、『努力しないと芝居はうまくならないんだ』と悟りました」

 稽古後のアルバイトを辞められたのは28歳のときだった。それまでは劇団からいくばくかのギャラが出ていたが、晴れてアミューズ所属となった頃に、憧れの水谷豊さん主演のドラマ「刑事貴族」のレギュラーが決まった。

「『いつか共演したい』と思っていたのが、思っていたよりも早く夢がかなってしまった。現場は楽しくて嬉しくてしょうがなかったけれど、浮かれはしなかったです。三宅さんの下でアクションや芝居を鍛えられたことで、俳優として多少なりとも根拠のある自信が持てるようになったから(笑)。それを人は下積みと呼ぶんでしょうけど、自分では下積みだと思ってないです」

 売れないときでも平気だったのは、「いつか売れる」という自信があったからだ。寺脇さんが考える才能とは、「その夢のためにどこまで頑張れるか」ということ。俳優として独り立ちするためなら、どんな苦労も、どんな努力も、どんな修業も厭わない。そんな自信があった。

「よくね、『役者になってすごいですね』と言われるんですが、でも俺、他のことではこんなに頑張れない。好きなことなら頑張れる人って、大勢いると思う。一つの仕事を続けられている人は、それぞれが自分の才能を生かせる場所を見つけたということじゃないでしょうか」

 もう一つ、俳優・寺脇康文さんの無名時代を支えたもの。それは人との出会いである。

「ライバルとしても仲間としても、いつも近くに五朗ちゃんがいたから頑張れた。彼がいなかったらどうなっていたか、とは思う。舞台で大切なことは三宅さんから、映像で大切なことは水谷さんから教わって、一緒に作っていくのは五朗ちゃん。この三つの出会いが、今の自分を作ってきた。自分の中でのビッグ3です」

 この夏は、秋元康さんが原作を担当する舞台「スタンディングオベーション」に出演する。

「秋元さんらしい仕掛けに富んだコメディーですが、コメディーというのは悪ふざけをしてはダメで、その人物を真面目に演じることが重要なんです。人が困っているのを見てお客さんが笑う。真剣に悩んで頑張っている姿が、面白さにつながる。舞台は、作品ごとに違う役を演じるので、慣れることがないし、飽きることもない。常に、新しいことに挑戦するつもりで、適度に緊張しながら、ガッツリ楽しみたいです」

(菊地陽子 構成/長沢明)

寺脇康文(てらわき・やすふみ)/1962年生まれ。84年に三宅裕司主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」(SET)へ入団。94年、岸谷五朗とともにSETを退団し、演劇ユニット「地球ゴージャス」を結成。96年4月の放送開始からTBS系「王様のブランチ」の総合司会を10年間務める。2008年「相棒」での演技が評価され、水谷豊とともに第16回橋田賞受賞、09年第32回日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。

※週刊朝日  2021年7月30日号より抜粋