漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「彼女はキレイだった」(フジテレビ系 火曜21:00〜)をウォッチした。



*  *  *
 キュンドラマのイケメンはたいていツンデレだ。ヒロインに過剰に強く当たり、ここぞという時にデレる。その時発生するのが、いわゆるキュン。ひとり「北風と太陽」にして、キュン発生装置。それがツンデレイケメン。

 このドラマでは長谷部宗介(中島健人)がその立ち位置だ。ヒロイン・佐藤愛(小芝風花)は、クラスの人気者の美少女だったが、いまや無職で髪ボサボサの残念女子。

 引っ越し先のNYから帰国した宗介と久々の再会の時。太っちょでいじめられっ子、いつも愛に助けられていた宗介は、昔の面影ゼロなイケメンエリートに成長していた。

 すっかりさえない女になった愛は、彼に会う勇気が出ず、美人の親友・梨沙(佐久間由衣)に身代わりを頼む。もう宗介とは二度と会うこともない。そう思っていた矢先、愛の新たな職場・ファッション誌「ザ・モスト」編集部に、新副編集長として宗介が現れる。てな夢物語な恋物語。

 とにかく宗介が愛の正体に気づかない滑り出し。めちゃめちゃツンが強い。慣れない仕事にあたふたする愛に対して氷のまなざし。重要な案件のため、二人でタクシーで空港に向かうのに羽田と成田を間違えてしまう。

「こんな簡単なこともできないのか!」

 いや、愛は何度も行き先聞いてたからね。お前が人の話スルーしたんだからね。なんだ、その態度。太れ、もう一度太れ。

 ツンに対して適量のデレが配合されないと、ただ腹が立つという事案。ツンデレ配分は繊細だ。

 そして本作は、韓国のヒットドラマのリメイク版。さらっと韓国版も見てみたけれど、総じてコメディー部分のパンチが効いている。例えば、のちにヒロインに好意を抱く同僚との出会いの場面。

 日本版は、さわやかイケメン・樋口(赤楚衛二)の服のボタンに、愛の髪がからまって……という少女漫画的場面。韓国版は、同僚(マッチョ系)とぶつかったヒロインがドーッと地面に顔面激突。

 目の前に転がる白いカケラ。やばい、前歯を折った? と思いきや、それは同僚が落としたガム(クロレッツみたいな)。彼は拾ったガムを豪快な笑顔でかみしめる。

 なんかね、もはや新鮮でした。不二夫(赤塚)的なパンチのあるシークエンス。ツンデレやキュンもいいけど、日本版にも「シェー!」がほしい。

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

※週刊朝日  2021年8月6日号