1978年に劇団2○○(その後劇団3○○に改名)を結成して以来、40年以上、劇団に関わってきた渡辺えりさん。作家・林真理子さんとの対談では、演劇について語り合いました。



*  *  *
林:私、渡辺えりさんとはデビューが同じころで、勝手に同期の桜だと思っているんです。

渡辺:「an・an」で対談したのが初対面だったんですよ。

林:そう。30年以上前ですよね。私、すごい親近感持っちゃって。地方出身同士ですし。

渡辺:林さんは山梨で、私は山形。あのとき、私は着の身着のままで、「紺のTシャツとジーンズだけしか持ってないんです」と言ったら同情してくださって。買ったばっかりで新品のスカートとか、たくさん私にくださったんです。それを今も持ってますよ。

林:そんなことを覚えてくださっていてうれしいです。そのあと、どんどんすごい女優さん、演出家になって、今度のお芝居(「喜劇老後の資金がありません」8月13〜26日・新橋演舞場 9月1〜15日・大阪松竹座)も楽しみです。高畑淳子さんとの共演ですね。

渡辺:高畑さんとは、1回も舞台で共演したことがないんです。

林:えっ、ほんとに?

渡辺:30年前から一緒にやりたいと思ってたんですけど、ほんとに機会がなくて。

林:一度も共演の機会がなかったって不思議ですね。

渡辺:同年代で、高畑さんは青年座で、私は小劇場で、「へえー、こういう人がいるんだ」と思いながら、彼女がどんどんうまくなっていくのを見てきたんですけど。

林:そうなんですか。これ、すごくおもしろそうなお芝居ですね。

渡辺:34万部売れた文庫本の小説が原作なのですが、音楽劇で、歌って踊って、ラップまであって、笑えるんです。50代で300万円しか貯金がない人の話を、夫婦や親子の関係を交えながら、おもしろおかしく2時間の芝居におさめて、(脚色・演出の)マギーさんが小説のいいところを凝縮して構成していると思うんです。

林:こういうお芝居のセリフって、すぐ覚えられるんですか。

渡辺:今回は大変でした。長ゼリフでまとまったセリフのほうが覚えやすいんですが、全部会話調なので、なかなか入ってこなくて。

林:高畑さんとのかけあい、楽しみです。二人のキャッチボールが。

渡辺:それが本当に楽しみです。高畑さん、キャッチボールが得意でしょうから。私はパートで働く優柔不断な主婦の役なんですけど、高畑さんは、ものすごく倹約家のパン屋のおかみさんを演じるんです。その対比もおもしろいし、高畑さんのセリフも、本当に老後の参考になりますよ。たとえば親の葬儀なんか、向こうは23万円ですませるんだけど、こっちはみえを張って夫の父親の葬式に300万円使っちゃって。さらに娘の結婚式に600万円かかったから、老後の資金が300万しかないんです。

林:300万じゃつらいですね。

渡辺:話が進むにつれ、徐々に泣ける話にもなっていきますが、そこまでの過程は、老後の資金をめぐって、おもしろおかしく描かれています。お客さんも、共感を持って見ることができるんじゃないかなと。

林:へ〜え、おもしろそう。新橋演舞場の渡辺えりファンがすごく喜びそうなお芝居ですね。

渡辺:そうなってほしいですね。

林:これはちゃんとお客さんを入れるんでしょう?

渡辺:でも、最大でも60%ほどしか入れないそうなんです。

林:不要不急って何のことを言うんだろう。私、お芝居を見に行ったりしないと精神がおかしくなっちゃうんですけど。

渡辺:私も、劇場に行って芝居を見て気持ちが浮上するんですよ。それやってないと、病気になっちゃいそうです。

林:私、このあいだオペラを見に行ったんです。そうしたら、たまたま芝居好きの友達とお茶したら、その人、「劇場の座席に座って、場内が暗くなってワクワクするだけですごく幸せ」って。

渡辺:最近は閉塞(へいそく)感がありますからね。わかります、気持ちが。

林:私、先日、久しぶりに野田(秀樹)さんのお芝居(「フェイクスピア」)を見たんですよ。野田さんのお芝居ってほんとに難しくて、今回もやっぱり、よくわからなくて……。

渡辺:ほんと? 野田さんは同世代なんです。

林:あのころ演劇界にニューウェーブがあって、もちろん渡辺さんもそうですし、野田秀樹さん、如月小春さん……如月さんは亡くなってしまったけど、その前につかこうへいさんがいて。

渡辺:つかさんはもう少し上の世代で、小劇団の第2世代なんですよ。第1世代が唐(十郎)さんとか寺山(修司)さんでね。私たちが2.5世代で、私たちより下の第3世代が鴻上尚史さんとか川村毅さんなんです。

林:演劇の黄金期ですよね。

渡辺:小劇場のファンが多くて、昔はテリトリーがあったので、一緒にやるなんてことは考えもせず、みんな「自分のところが一番」と思っていたんですよね。でも、しばらくたってからシャッフルされるようになってボーダーが消えたんです。つかさんや野田さんのところにもいろんな人が出るようになったり、(中村)勘三郎さんが歌舞伎に笹野高史さんを入れたり、歌舞伎も新劇もアンダーグラウンドも全部ボーダーレスになったのが20年ぐらい前かな。

林:このあいだの野田さんのお芝居に、前田のアッちゃん(前田敦子)が出てましたよ。満席でスタンディングオベーションでした。

渡辺:野田さんはイギリスに留学してましたから自然にあの感じでできるんですよね。同世代があんなに頑張ってくれているのは嬉しいし、毎年新作を発表してくれるのも嬉しい。それと、2カ月公演できるってすごいですよ。

林:えりさんのオフィス3○○はどうですか。

渡辺:3○○は2カ月もできませんね。残念ですが。今年の4月に渡辺えり事務所を立ち上げ、一人で頑張っています。年に2本は自分の作品を作りたいと思って。また舞台だけではなく、映画も作りたいと思って。お金にならないことばかり考えているので独立してやっていこうと。元々劇団の芝居は個人NGでやっていましたので、他の仕事もその延長になった感じですね。前から私一人でプロデューサー、作・演出をやって、そのつど自分で制作などのスタッフも呼び、役者もオーディションしたり、私の作品を好きだと言ってくれるスタッフや役者さんに依頼して作っていたんですが、劇団員も塾生も参加せず、本当に一人でゼロからというのは2年前の「私の恋人」という芝居からです。

林:そのほうがやりやすいですか。

渡辺:うーん、自分でやるやらないにかかわらず、昔ながらの劇団というスタイルでやること自体が難しい時代になってきていますね。劇団を40年やってきましたが、時代に合わなくなってきたと感じています。昔はみんな演出家の言うことを聞くのがあたりまえで、演出方針に従ってやる一つのチームだったんですよ。でも、今は演出家が「ダメだ!」なんてちょっと強く言ったらパワハラになっちゃうし、人を長く拘束することも違法な感じになってきちゃって。

林:そうなんですね。

渡辺:劇団というのはお金がないので、劇団員にギャラを払うためにはみんなで仕事をしなくちゃいけないんですよ。劇団員以外のスタッフを雇うためのお金がないから、自ら小道具をつくったり衣装を縫ったり、終わったら洗濯してアイロンかけたりね。それをあたりまえのようにやることで、お金を節約して予算を回してきたんだけど、今は「なんでそこまでやらなくちゃいけないんですか」と言う人が多いんですよ。みんな芝居だけして帰りたいわけ。私たちにとってあたりまえだったことが、あたりまえじゃなくなっちゃってるんです。役者も、ひとつの劇団に縛られるんじゃなくて、いろんなところに出て活躍したいという感覚の人が増えてきたし。

林:なるほど。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

渡辺えり(わたなべ・えり)/1955年、山形県出身。78年に劇団2○○(その後劇団3○○に改名)を結成、20年間主宰。83年「ゲゲゲのげ〜逢魔が時に揺れるブランコ」で岸田國士戯曲賞、87年「瞼の女―まだ見ぬ海からの手紙」で紀伊國屋演劇賞個人賞。作、演出、出演すべてをこなし、多くの舞台にかかわる。テレビドラマや映画でも活躍。日本劇作家協会会長。舞台「喜劇 老後の資金がありません」(8月13〜26日・新橋演舞場、9月1〜15日・大阪松竹座)への出演を控える。

>>【芝居の「赤字1千万」も補填 渡辺えりの老後貯金より大事な豊かさ】へ続く

※週刊朝日  2021年8月20‐27日号より抜粋