舞台「喜劇 老後の資金がありません」(8月13〜26日・新橋演舞場 9月1〜15日・大阪松竹座)で、優柔不断な主婦の役を演じる渡辺えりさん。40年以上、劇団に関わってきた渡辺さんが、作家・林真理子さんとの対談に登場。お金がかかっても芝居をする意義を語りました。

【40年劇団に関わってきた渡辺えり「時代に合わなくなってきた」】より続く



*  *  *
林:えりさんはこんなに映画やお芝居やテレビに出ているのに、いつも「お金がない」とおっしゃってるでしょう。以前私が「えりさん一人だけでやったら、いくらでもお金持ちになれるのに」と言ったら、「そういうのは絶対にイヤ」とおっしゃって。すごい人だなと思いましたよ。

渡辺:芝居をやっているとお金が出ていくんですよ。赤字が800万とか1千万とか出て、それを自分が補填(ほてん)しなきゃいけない。「それならやらなきゃいいでしょう。老後のために貯金したほうがいい」って言う人がいるんだけど、なんでそういうことを言うのかわかんない。お子さんがいる人だったらそうかもしれないけど、自分が豊かになるって、自分が楽しいだけじゃないですか。でも、私はお客さまの笑顔がほしいし、仲間の笑顔もほしい。私はものをつくって喜んでもらうのが好きだからやってるわけですよ。偽善的なことじゃなくて。

林:ええ、わかります。

渡辺:わかりやすい芝居だったらお客さんもいっぱい入って儲かりやすいけど、私のはシュールな作品だから、一般の人にはなかなか受け入れてもらいがたい。「だったら、わかりやすいのをやればいいじゃないか」って言われるけど、ピカソだってマグリットだって、わかりにくい絵を描いても、好きな人は好きじゃないですか。文学もいろんなものがあるからおもしろいんであって、林真理子さんのようなおもしろくわかりやすい小説もあり、上田岳弘さんのような難解なものもあり、いろいろあっていいわけでしょう。

林:はい、そうですね。

渡辺:演劇も、三谷幸喜さんみたいにわかりやすい芝居を書く人もいれば、別役実さんとか清水邦夫さんみたいにシュールでテーマが濃いものを書く人もいれば、いろいろあるのが健康な世界だと思うんです。私も自分の好きな世界を自分の料理の仕方で書きたい。それを提示したときに「おもしろくない」と言う人がいてもいいし、「いやー感動した」と言って泣いてくれる人がいてもいい。コツコツ自分の好きなことをやっていきたいんですよ。

林:なるほど。

渡辺:いまは幸いなことに、私が書いた芝居に「出たい」という役者さんも多くおられるけど、「見たい」と言う人が3人まで減ったとしても、そういう人がいてくれればやりたい。誰もいなくなったら、自己満足にすぎないからやらないかもしれないですけどね。あと10年。今66歳だから、76歳を目指してまた一から再スタートという感じですね。

林:素晴らしいです! 私も今の言葉に勇気づけられちゃった。私もあと10年は頑張らないと。

渡辺:でもさ、うちの親、78からちょっと認知症が入ってきちゃったの。もし遺伝だとなると、私は78までしか芝居ができないんだなと思って……。

林:いやいや、大丈夫ですよ。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

渡辺えり(わたなべ・えり)/1955年、山形県出身。78年に劇団2○○(その後劇団3○○に改名)を結成、20年間主宰。83年「ゲゲゲのげ〜逢魔が時に揺れるブランコ」で岸田國士戯曲賞、87年「瞼の女―まだ見ぬ海からの手紙」で紀伊國屋演劇賞個人賞。作、演出、出演すべてをこなし、多くの舞台にかかわる。テレビドラマや映画でも活躍。日本劇作家協会会長。舞台「喜劇 老後の資金がありません」(8月13〜26日・新橋演舞場、9月1〜15日・大阪松竹座)への出演を控える。

※週刊朝日  2021年8月20‐27日号より抜粋