ベテラン俳優として、今も活躍する渡辺えりさん。長年の友人である作家・林真理子さんとは演劇のことから、結婚披露宴のことまで語り合いました。

【芝居の「赤字1千万」も補填 渡辺えりの老後貯金より大事な豊かさ】より続く



*  *  *
林:えりさんは昔からご自分のシュールな小劇場の世界と、商業演劇とを行ったり来たりしてらっしゃるけど、商業演劇はえりさんにとってどうなんですか。

渡辺:「渡辺えりは商業演劇に出る役者だ」というファンの方が、今、増えているんですよ。

林:たくさんついてると思う。

渡辺:私、最初、八千草薫さんのお芝居に出演を頼まれて、一度断ったことがあるんです。そうしたら杉田成道さんという「北の国から」の演出家にバーで接待されて、「渡辺さんじゃないとできないから頼むよ」って言ってもらって、それで引き受けたのが商業演劇に出始めたきっかけだったんです。

林:何というお芝居ですか。

渡辺:北杜夫の「楡家の人びと」です。八千草薫さんが長女で、次女が酒井和歌子さんで、三女が桜田淳子ちゃんで、私はその3人を育てる乳母の役だったんです。八千草さんは私の母と同い年なんですが、その八千草さんの30歳年上の役を私がやったんですよ。そしたら評判がよくて。そのあと森光子さんのお芝居にも頼まれて、それでどんどん出るようになって。

林:今や新橋演舞場なんかに欠かせない俳優さんになっちゃっていますもんね。そういうところで、いろんな俳優さんとガシッと組んでお芝居するって、楽しいんじゃないですか。

渡辺:そう。八千草薫さん、森光子さん、勘三郎さん、藤山直美さん、波乃久里子さん、皆さん素晴らしいんですよ。三国連太郎さんの奥さんの役もやらせていただいて、ほんとに演技の勉強になったなと思って、今すごく感謝してます。それを今度は若い人たちに返さなきゃいけないんだけど、そこまでの技量がないの、私には。

林:いやいやえりさん、山形で演劇塾を開いてるんじゃなかった?

渡辺:60歳から演劇塾を開こうと思って、古い家をローンで買ったんですよ。やっとそのローンが終わって、さあ始めようと思ったんだけど、いざ60歳になったときには東京の仕事が忙しくてできなかったんです。そして今度はコロナになっちゃって、またできない。事務所をやめたきっかけは、離婚をしたということもあったんですけど、独立した理由の一つは「毎月山形で演劇塾を開く」ということだったんですけどね。

林:そうでしたか。私、その昔、結婚披露宴に伺いましたよね。勘三郎さんが仲人で。

渡辺:あれ、300万の赤字だったんですよ。

林:そんなにご祝儀が集まらなかったんだ。

渡辺:演劇人って、ご祝儀が1万円っていう暗黙のルールがあるんですよ。それで会費制にして、1万円に設定したわけ。結婚コンサルタントの人に、事情を話して、あんまりハデ婚にして無駄遣いしたくないって言ったら、「そうは言ってもみんな3万円ぐらい持ってきますよ」って言うから、そのつもりでやったら、みんなきっちり1万円しか持ってこなかったの(笑)。それで300万の赤字。ただ、ラサール石井さんだけは10万円持ってきてくれました。

林:ちゃんと覚えてるんだ(笑)。

渡辺:覚えてますよ。すごい助かったもん。今でもラサールさんを見ると「10万円ありがとう」って思っちゃう(笑)。このあいだ山形に帰ったら、そのときの写真がたくさん出てきたんですよ。どこにも使えない写真がこんなにあるんだ、離婚しなきゃよかったなあって、ちょっと後悔しちゃった。

林:私、まだどうにか続いてますよ。今年で31年。

渡辺:私は23年で離婚しました。同業者だし、私のほうが年上で、私のほうが忙しかったりして、向こうは大変な思いをしてたと思う。今になってみれば。

林:これからまた誰かあらわれますよ。籍は入れなくても。

渡辺:そう思って探してるんですけど、なかなかいないですね。私と一緒に暮らせそうな人は。

林:でも、旅行に行ったり、楽しいときだけ一緒という人がいたらいいんじゃない?

渡辺:いたらいいけど、そういう人って見つかります?

林:いますよ、ファンの人とか。

渡辺:私のファンって、男の人はあんまりいないんですよね。

林:そういえば、さっきお金の話されてたけど、えりさん、会社社長で大金持ちの奥谷(禮子)さんと仲良しなんでしょ? 「私、渡辺えりさんと仲良し。このあいだもごはん食べたの」とおっしゃってましたよ。うちの隣に空き地があったんだけど、彼女、そこに大豪邸を建てて引っ越してきたの。

渡辺:ほんとですか。遊びに行っちゃダメですかね。それでちょっとお金の相談を(笑)。計算してみたら、演劇塾は絶対に儲からないとわかったんです。新幹線代だけでも往復2万5千円かかるでしょ。でも、山形で習い事の相場は月謝2千円ぐらい。何百人も生徒を集めるわけじゃないから、やればやるほど赤字なんです。

林:「私は林さんみたいにムダなお金の使い方はしない。でも、心を豊かにするものには惜しみなく使う」っておっしゃってるもん。

渡辺:でも、どう相談したらいいんだろう。私、そういうの苦手だからな。家の掃除するとか?(笑)

林:今度、彼女とえりさんと私と3人でごはん食べましょうよ。

渡辺:あ、そうしましょう。ぜひ!(笑)

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

渡辺えり(わたなべ・えり)/1955年、山形県出身。78年に劇団2○○(その後劇団3○○に改名)を結成、20年間主宰。83年「ゲゲゲのげ〜逢魔が時に揺れるブランコ」で岸田國士戯曲賞、87年「瞼の女―まだ見ぬ海からの手紙」で紀伊國屋演劇賞個人賞。作、演出、出演すべてをこなし、多くの舞台にかかわる。テレビドラマや映画でも活躍。日本劇作家協会会長。舞台「喜劇 老後の資金がありません」(8月13〜26日・新橋演舞場、9月1〜15日・大阪松竹座)への出演を控える。

※週刊朝日  2021年8月20‐27日号より抜粋