歌手、女優としてこれまで順調にキャリアを重ねてきた篠原涼子(47)が、初めての“危機”を迎えている。



 7月24日、東京五輪の開幕に紛れ込ませるような形で俳優の市村正親(72)との離婚を発表した篠原。だがタイミング悪く報じられたのが8月5日発売の『週刊文春』の不倫疑惑だった。韓国の男性アイドルグループ「SUPERNOVA(元・超新星)」のグァンス(34)と離婚前から親密な関係にあったのではないかと報じられ、19日発売の同誌では「束縛不倫」と「手つなぎLINE」と続報が重ねられた。

 篠原は今回の不倫騒動の前から夜に出歩く姿などが目撃されており、女性誌や写真誌のカメラマンからマークされていたといわれる。だが、張り込んでも決定的瞬間は撮らせないことから“密会の達人”との異名までつけられていようだ。

「はっきりと表沙汰になったのは、5年前に『女性セブン』が報じた江口洋介との密会が最初です。ドラマでの共演後に篠原がなじみの個室焼き肉屋にこもって、江口と2人で数時間を過ごしたと報じられました。個室内にソファがある店で、深夜にもかかわらず身を寄せ合いながら食事を楽しんでいた様子などが書かれました。この件で江口と妻の森高千里は一時、夫婦関係が険悪になったと言われています」(芸能プロ関係者)

 この報道に懲りたのだろうか。以降、篠原は派手に飲み歩くことはせず、ママ友が主催する飲み会にのみ参加するようになったという。

「そのママ友との食事会にもイケメン男性が同席していたことがあり、恋バナで盛り上がったりしていたようです」(女性誌記者)

 表立っては派手な行動は控えていた篠原だったが、大きな動きがあったのは昨年3月ごろ。仕事部屋と称して、自宅から車で10分ほどのところに高級マンションを借りていたことが女性誌で報じられたのだ。

「この記事が出た昨年8月以降は、篠原のマンションに男性が出入りしているとうわさになり、飲食店経営者との交際疑惑も飛び出しました。しかし、セキュリティーがしっかりしているマンションなので裏が取れない。一部女性誌は、不倫情報に自信を持ち、期間限定で社員が賃貸契約を結ぶ準備までしていました」(スポーツ紙芸能デスク)

 そんな経緯があったなかで、火を噴いたのが一連の「文春砲」だった。篠原とグァンスの“蜜愛”を2週にわたって詳報したのだ。

「グァンスが日本で住んでいるマンションには篠原が住んでいたとされていますが、同じマンションの別の部屋に住めばマスコミには写真を撮られにくい。これは最近の芸能人カップルの常套手法です。だが、それゆえ文春も2人のツーショットは押さえられなかったのか、決定的な写真は掲載されていません」(同)

 文春の報道に対して、篠原サイドは不倫疑惑を否定。その後も沈黙を貫いている。ツーショット写真がないこともあり、他の主要な芸能マスコミも“後追い”はしていない。

「テレビのワイドショーやスポーツ紙などは完全スルーでした。篠原サイドは広告代理店関係者に“完全ノーダメージ”と宣言するなど自信を持っていたようですし、時が過ぎて沈静化するのをひたすら待っていたのでしょう」(前出・女性誌記者)

 だが、次第に篠原には想定外の“逆風”が吹き始めた。2週にわたる文春の不倫疑惑報道が出た後は、篠原が2人の子どもの親権を市村に譲ったことなどに対して、SNSを中心に疑問の声が上がるようになる。

「グァンスとの恋愛を全うするために、子どもの親権を市村に譲ったと世間は感じたようです。さらに、2回りも年上の老夫だった市村を“捨てた”という印象もついてしまった。篠原が母親や妻ではなく“女”として自由に振る舞う姿に、子育て世代の女性からの好感度は大きく下がってしまいました」(前出・芸能プロ関係者)

 こうしたマイナスイメージは、女優業にも少しずつ影響が出始めているという。

「年老いた夫に子どもを残して親権を手放した妻、というイメージはかなりよくない。CMはほぼ全てが見直しになるでしょう。さらに不倫疑惑についても、いつ決定的瞬間を押さえられるかわからない。クライアントはどこもそんなリスクは背負いたくない」(広告代理店関係者)

 名女優・篠原涼子は、このピンチをどう切り抜けるのか。(AERA dot.編集部)