芸能人、YouTuber、インスタグラマー、TikToker、ブロガー…多くの分野でインフルエンサーは存在します。身近に感じたことがない方でも、YouTubeの動画を見て商品を購入したり、ブログを読んで旅行の行き先を決めたり、TikTokを見て楽曲を購入したことはあるのではないでしょうか。



 規模の大小を問わなければ、ご近所のママ友の口コミで習い事やスーパーで買うものを決めたことがある場合、そのママ友も局地的なインフルエンサーと呼ぶことができます。この「影響力」はインターネット社会で特に大きな意味合いを持つようになりました。ツイッターでの人々の意見が拡散し、大きな動きとなり、世論とみなされる事例も増えました。YouTuberやインスタグラマーをはじめとして、個人の影響力というチカラは今後も拡大すると思われます。

 先日、メンタリストのDaiGoさんのホームレスの方々に対する発言が物議をかもしました。登録243万人のYouTubeチャンネルの動画の中での発言でした。現在、動画は削除されていますが、非常に大きな問題となりました。彼の個人的な思想だとしても、多くの人々が視聴する動画での発言としてふさわしくはありませんでした。

 問題は発言の内容よりも、影響力の無自覚さだと思います。ホームレスの命や猫の命について、どう思っていてもそれ自体は罪にはなりません。ただ、差別的な発言や排他的な思想を扇動する行為は問題です。YouTubeも動画の影響力を自覚しているために、ここ数年でガイドラインや規制は厳しくなりました。命を軽視するとも受け取られる発信は、ふさわしくないとみなされてもおかしくありません。

 炎上や世論の反応の大きさから、彼は謝罪動画等の対応をしました。彼自身の思想や考え方はさておき、インフルエンサーとしての自覚のなさが発言の原因の一端です。「自分には影響力がある」という事実を、「他の人々の思想を自分の思い通りにできる」と解釈するのは正しくありません。受け手の立場は様々です。影響力が大きくなればなるほど、受け手の範囲も広がるために、多くの人々を想定して発言しなければなりません。自分の発信を聞いて、人々はどう思うか、を考えて行動するのが、インフルエンサーには不可欠です。

 YouTubeにおけるインフルエンサーの頂点とも呼べるのが、ヒカキンさんです。彼は登録者数や再生回数、動画のクオリティーや活動年数など多くの点でYouTubeの王者とも呼べる地位を築きましたが、特に素晴らしいのはインフルエンサーとしての自覚です。多くのYouTuberが、人気になる過程で炎上やスキャンダルや問題発言などのトラブルを起こします。一方、ヒカキン氏は炎上しません。おそらく彼は自分の影響力を理解し、影響力に責任を持つインフルエンサーとしての自覚があるからです。「視聴者がどう思うのか」を、「自分がどう思うのか」よりも優先できる人は、どのジャンルでも結果を出します。どんなに人気が出ても、その優先順位を崩さないことは、長く活躍する上で非常に大切です。

 ヒカキンさんは、チャンネル登録者数1000万人間近の段階で、以前から計画していた動画1本に1000万円をかけるお祝い計画を中止し、その1000万円をコロナ禍で奮闘する医療従事者の方々へ寄付することを発表しました。ヒカキンさんとDaiGoさんとの大きな違いは、自分の言動が人々にどう思われるかを最優先にして発信したかどうかです。インフルエンサーとして正しいのは紛れもなくヒカキンさんです。

 影響力には責任が伴います。インフルエンサーは、表に出て発信する際は、これを自覚して行動すべきです。自分の発信は、良くも悪くも受け手の思想や行動に影響を与えます。間違った情報を拡散すると多大な迷惑がかかりますし、場合によっては命の危険も起こります。できる限り良い影響を世の中に与えようとする姿勢は大切です。