「news23」(TBS系)に8月30日から新たに国山ハセンアナウンサーがサブキャスターとして加わることが発表された。国山は“ポスト安住紳一郎”とも報じられ、同局が期待している男性アナだ。メインキャスターの小川彩佳アナ(36)だけではもはや、低視聴率からの脱却は望めないと判断したのかもしれない。



 実業家の夫・豊田剛一郎氏との離婚が成立した小川だが、独立後の活躍は限定的で、最近にいたっては業界内から「過剰に持ち上げられた」という声も聞こえる。

テレビ朝日から独立し、2019年に「news23」キャスターへと大抜擢。他局にいたアナがライバル番組のメインキャスターを務めることは大きな波紋を呼んだ。アナとして“優等生”というイメージも強く、TBS内では他局出身アナが看板報道番組を担当することで吹く逆風に耐えるため、テレ朝時代以上に「完璧じゃないといけない」という扱われ方をされてきたという。

「女性アナがなかなかキャスターとして活躍できていない中で、各局もジェンダーギャップを意識して、女性をメーンにしようとする動きを見せています。そんな中で抜擢された小川さんは、帰国子女の才女というイメージがありますよね。真面目でそつない人物と思われていますが、実際は結構気さくでスタッフともよく話をしてくれます。音楽にもかなり詳しくて、コロナ前はスケジュールの都合さえあえばフジロックなどのフェスに参戦しちゃうようなキャラだった。なので、いかにも頭が硬そうなエリート才女というイメージは、局や制作会社によって作り上げられたもの。ちょっと可哀想なところもあるんです」(民放報道制作スタッフ)

 もちろん、アナウンスの技術などにも定評があり、信頼も置かれている様子。

「テレ朝在籍時は報道番組の顔も務める大先輩の田原総一朗さん、古舘伊知郎さんのもとで鍛えられて、それなりに苦労もあった。とくに入社してすぐの若手時代に担当した『サンデープロジェクト』では、田原さんに突然話や感想を振られて精神的にもかなり追い詰められたそうです。とはいえ、そうした経験が今のキャスター業に活かされているのでしょう。自分の言葉でしっかり意見が言えるアナウンサーがなかなかいない中で、彼女は自分で取材もしていますし、ジャーナリズムに関してもしっかりとビジョンを持っています。そういえば、通常は局アナが読むTBSのストレートニュースを小川さんが読んでいたのを見たことがあります。イレギュラーな仕事だったのかもしれませんが、スタッフからアナウンス技術が信用されているからこそ任されたんでしょう」(同)

■男を見る目はなかった

 一方、プライベートでは独立と同時期に結婚。翌年に第1子を出産。しかし、今年に入って夫の不倫が「週刊文春」スクープで発覚。第1子出産から復帰してからさほど日も経たぬうちの騒動にも関わらず、気丈に仕事をこなす姿に同情の声もあがっていた。小川アナといえば、結婚前はジャニーズのアイドルグループ・嵐のメンバーである櫻井翔(39)との恋愛関係が長らく週刊誌等で取り沙汰されてきたが、結果的に破局したと報じられた。その後、時間をおかず豊田氏と結婚したこともあり、関係者からは“恋愛下手”という声もあがっているようだ。

「小川さんはかなり生真面目な性格で、仕事に関しても融通が効かないこともあったようです。自分でもテーマを持って取材をこなす人なので、彼女の理想がスタッフに伝わらず悩んでいたこともあった。恋愛という部分でもこうしたなところが逆に裏目に出たのかもしれません。櫻井さんとの交際・破局、そして豊田氏との結婚。その後、独立してすぐ他局のメインキャスターになりプレッシャーのかかる最中に妊娠しましたからね。公私ともに多忙を極めるなか、うまく感情や自らの行動をハンドリングできなかったのでは。豊田氏と不倫相手との関係は、結婚前から続いていたと報じられていますが、そういう関係の人がいるにも関わらず結婚してしまったのは、やはり見る目がなかったと言えそうですね」(TBS関係者)

 男女関係での生真面目さは、離婚にいたる彼女の行動にも現れている。芸能評論家の三杉武氏は言う。

「小川アナは出産後に出演したトーク番組で、仕事と家事・育児の両立について、ハードな日常を過ごしつつも『夫は日中仕事に出ていて、私は(夜の報道番組のキャスターとして)夕方から仕事がはじまっていくので、いい具合にバトンタッチができている』と話していました。言葉通り受け取れば、小川アナにとって当時の豊田氏は家事や育児にも協力的な理想的な夫だったのかもしれない。だとしたら、一連の報道にあるような“裏切り”は相当ショックだったんでしょう。不倫報道後、1ヵ月ほどで別居し、その後に双方が代理人を立て、慰謝料や財産分与を巡って話し合いを続けて6月末に離婚が成立しました。一部では『子どもがまだ小さいため離婚しないのでは?』といった見方もありましたが、実際には当初から離婚の意思は固かったようです。お子さんの養育費を一括請求したのも話題になりましたが、それも 『もう2度と顔も見たくない』という不貞夫に対する強い憤り、不信感を感じさせられます」

「優等生キャスター」という役を背負ったおかげで、真面目なエリート才女というイメージが定着してしまった小川アナ。離婚騒動や世間からの評価に負けず、キャスターとして今後も活躍していってほしいものだ。(黒崎さとし)