新型コロナウイルスに感染し、入院した女優の綾瀬はるかさん(36)に対し、ネット上では憶測に基づいた中傷コメントがあふれた。何の根拠もないのに、なぜ入院中の当事者を叩いてしまうのか――。精神科医は、中傷を続けてしまう「依存症」に陥っている可能性を指摘し、「最終的には叩いた側も不幸になる」と警鐘を鳴らす。



*  *  *
 綾瀬さんの入院は8月31日、事務所が発表した。発熱の症状が出た綾瀬さんは3回、抗原検査やPCR検査を受けたがいずれも陰性。発熱が続いたため26日に4回目の検査を受けたところ陽性判定が出た。当初は自宅療養だったが、その後、肺炎の症状が出たため入院となった。重症か中等症かなど、具体的な程度は明らかにされていない。

 入院の一報や、これらの経緯がネットニュースで報じられると、記事のコメント欄には「上級国民だから入院できた」「ホリプロがあらゆるコネやお金や頼み倒して、いくつもの病院にお願いした結果ではないでしょうか(原文ママ)」「裏の力が働いたのかな」などと憶測に基づいたコメントや、入院する必要がないと一方的に決めつけて批判するコメントが殺到した。

 何の根拠もなく、今まさに入院中の人をなぜここまで叩いてしまうのか。コメントの中には事実かのように断定して書いたものもある。ネット中傷に詳しい弁護士によれば「名誉毀損に当たる可能性がある」と、AERA dot.では9月4日に詳報した。

■ネット中傷に「仮面効果」

 想像するのは自由だとしても、なぜわざわざ書き込んでしまうのか。精神科医で心理学者の、ゆうきゆう医師(ゆうメンタルクリニック理事長)は、こう言う。

「ネットの中傷には、仮面効果というものが関与しています。仮面効果とは、『人間は仮面をかぶると、人に対して悪意的な対応や残酷な対応をしやすい』という心理学的な傾向を言います。ネットだと匿名で顔が見えないことにより、攻撃的な面がより出やすくなります」

 ゆうき医師によると、誰かの中傷やバッシングをすると、脳内に「ドーパミン」という快感をもたらすホルモンが放出されるという。

 綾瀬さんを中傷した「コメ主」の他の投稿をみると、様々なニュースに噛みついている人も少なくなかった。ならば彼らは快感を得続けているのかと思いきや、話はそう単純ではない。

 ゆうき医師は、「あくまで一時的に気分がよくなるに過ぎません」とくぎを刺す。中傷によってドーパミンが放出され、快感を得られたとしても、中傷を繰り返していくうちにドーパミンの量が減っていってしまうのだ。

「同じ快感を得るためには、より強く、行為の回数も多くしなければならなくなります。そのため、何度も中傷をしてネットから離れられなくなるという繰り返しになります。私は個人的に『誹謗中傷依存症』と呼んでいますが、ネットの中傷には依存症的な傾向があると考えています」(ゆうき医師)

 この状態は、アルコール依存症と似ているという。アルコールは脳に快感をもたらすが、飲み続けているうちに脳に耐性ができてしまい、どんどん量が増えていく。「やめたくてもやめられなくなる」のがアルコール依存症だ。

■高まる「叩きたい」欲求

 終わりの見えないコロナ禍で、誰もがストレスは増している。ゆうき医師は、そうしたストレスを外にぶつけようと、中傷をしてしまう人が増えているのではないかと推察したうえで、こう警鐘を鳴らす。

「中傷を続けた人は、最終的には不幸になります」

 ストレスは、中傷では解消できない。一瞬、楽になったように感じても、また新たなストレスをため込んでいるだけなのだという。

「逆に、『依存している対象に飢えてしまう』というストレスにもさらされます。アルコール依存症の人は、お酒を飲むことが我慢できない、早く飲みたいという『飢え』が生じますが、実はこれもストレスを感じている状態なのです。誹謗中傷も同じで、また叩きたいという欲求が高まり、それに囚われ続けることでストレスにさらされます。さらに、そうした『依存症』の人は日常のちょっとした幸せへの感度が鈍くなり、依存対象でしか幸せを感じられなくなってしまう。結局は、自分が不幸になるだけなのです」(同)

 家でも外でも、スマホを見続ける人は多いだろう。ゆうき医師は、ヤフコメなどについて、「依存症的な人に何度も書き込んでもらい、アクセス数を増やしている側面もあるのではないか」と指摘し、ネットニュースなどを一切見ない「ネット断食」の日を設けることを勧める。

 やる前は不安に思うかもしれないが、「実際にやってみると困らないことに気付きます。ネットの情報の多くは、人の劣等感を刺激したり攻撃したり、また煽ろうとして書かれています。それを読んで気持ちが揺らぐというリスクを考えると、見ないでいただいた方が精神的にも良いと思います」(ゆうき医師)

 中傷やバッシングを続けてしまう人は、まずは試しに一日ネットを遮断し、「誰も叩かない日」を作った方が良さそうだ。意外と、気分が晴れるかもしれない。

(AERA dot.編集部・國府田英之)