緊急事態宣言下で不要不急の外出自粛が求められる中、愛知県常滑市で8月29日に開催された野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」の光景は目を疑うものだった。拡散された動画を見ると、約8000人の観客が密集して大声で盛り上がり、マスクをしないで声を張り上げていた客も目立った。



「参加したアーティストのスタンスもそれぞれでした。コロナ禍のルールを守ってほしいと呼びかけた歌手がいる一方で、むしろ観客に大声で叫ぶように煽ったり、観客が手を伸ばせば届く近さまで駆け寄って熱唱したラッパーもいた。その中で、真木蔵人さんが怒気を含んだ声で『マスクの着用』を呼び掛けた時は、その迫力に沈黙が流れました。盛り上がっている場でああいった行動はなかなかできないですよ」(スポーツ紙記者)

 SNS上で拡散されている動画によると、MCの真木がステージ上から観客に訴えた。「マスクはつけてくんねえ?オマエたちがオマエたちの手でオマエたちのイベントぶっ壊してどうすんだよ」。会場が静まる。「なんで(マスクを)しねえんだよ。調子に乗ってんじゃねえぞ。オレがすぐこのイベント中止にできるんだぜ?」と語気を強めると、「オマエ騒ぎてえんだろ?楽しみてえんだろ?最低限のルールは守れよ。それが普通じゃねえか。(会場には)いろんなゴロツキがいっぱいいるんだよ。不良もいっぱいいるんだよ。その中でみんなで(マスクの着用は)唯一できることじゃねえか。オレたちは感染を広げるためにこのイベントやってんじゃねえんだよ」とせまった。

 SNS、ネット上では、「若い頃からザ・アウトローだったけど、これぞ本当のアウトロー。後で参加すべきじゃなかったとか謝罪する奴らに比べたらよほどカッコいいよ、真木蔵人(原文ママ)」、「勇気がいる行動だと思う。出演者の多くがコロナ禍では非常識な行動を取る中、まともなこと言うのは。こういうイベントって空気感も大事だと思うから、まともなこと言って白けさせたくなくて言えない人もいると思うし。雰囲気に呑まれず、きちんと言うべきことを言えるのは、かっこいい(原文ママ)」と称賛のコメントであふれた。

 一方、株を落としたのがラッパーのZeebraだった。イベント終了後にいち早く自身のツイッターで、「国民の皆さんに多大なご心配とご迷惑をお掛けした事、ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」、「自分の事務所スタッフは消毒液を配布しながら会場を回り、自分のステージでも注意を促しましたが、そもそも出演すべきでは無かったという意見もごもっともだと思います」、「昨日のNAMIMONOGATARI、県のルールに則ってると聞いていたので出演しましたが、開けてみたら危険な状況でした。会場に向かう最中SNSで会場の写真を見て、すぐにスタッフに連絡をし、司会からマスクの着用を徹底させる様に伝えました」と連続投稿した。

 反省の意を示したが、「後でならどうでも言える。あんたが真木さんと同じぐらいステージ上から呼びかけないとダメだろ」、「自己保身と言い訳ばかり。若手じゃないんだからもう少ししっかりしてくれよ」など批判の声が殺到した。

「そもそもあの野外音楽フェスを開催することに疑問の声が多かった。真木さんはその空気を察していたでしょう。マスクを着用するように観客に怒ったのは危機感の表れだったと思います。Zeebraさんも責任を感じていると思います。ただ、後で謝罪してもクラスターの発生は抑えられない。そこはもう少し敏感になるべきだったかなと感じました」(前出のスポーツ紙記者)

 コロナ禍で集団がルールを逸脱した行為をすれば瞬く間に感染拡大する。謝罪することは大事なことだが、問題になった今回の野外音楽フェスで主催者、出演したアーティストが果たして危機感を共有できていたのだろうか。(牧忠則)